福岡大学研究者情報

    ■ 工学部  資源循環・環境グループ  教授 

    山本 俊浩  (ヤマモト トシヒロ)

     

    [ 研究分野 ]
    • 複合材料・物性
    • リサイクル工学

    研究シーズ

    データ更新日  :  2019年11月12日

    詳細な研究シーズ 詳細な研究シーズ ( 85kb )
    研究テーマ
    1. 高分子系複合材料(FRP)切欠材の強度評価
      • 応用分野
      • FRP製品の設計等
    2. 非破壊損傷評価システム
      • 応用分野
      • この方法は,可視光を使用するため取り扱いが簡単で,CCDカメラが比較的安価,小型化になったことから,半透明の材料であればかなり広い範囲で使用できると考えられる.
    3. 高分子系複合材料(FRP)リサイクル材の強度評価
      • 応用分野
      • FRPのリサイクル分野及びFRPの射出成形分野
    研究分野
    • 高分子系複合材料(FRP)の力学特性
    研究概要
    •  高分子系複合材料(FRP)は比強度,比剛性に優れた材料として,小型化,軽量化による省エネルギーに貢献し,多くの分野で使用されている.複合材料は機能に合わせて材料設計ができるほど,マトリックス材料と強化材料の組み合わせは無数に存在する.用途によっては,成形することに主眼がおかれ,その強度や使用寿命についてはよく把握されていない.
    • 用途に合わせた材料設計をするため,FRPの力学的特性を把握することを目的に,FRPの力学特性,静荷重および繰返し荷重に及ぼす種々の因子,例えば切欠形状,繊維含有率,繊維配向,繊維長さ,繊維およびマトリックスの種類,成形方法等の影響について,実験・検討している.
    キーワード
    • FRP,強度,破壊,損傷,非破壊評価,切欠き,疲労
    共同研究可能なテーマ
    • 高分子および高分子系複合材料(FRP)の強度評価に関するテーマ

    ページの先頭に戻る