福岡大学研究者情報

■ スポーツ科学部    教授 

下園 博信  (シモゾノ ヒロノブ)

  男

[ 研究分野 ]
  • スポーツ科学

プロフィール詳細

データ更新日  :  2022年5月12日

学歴
[出身学校]
1993年3月   福岡大学   体育学部   体育学科     卒業
[出身大学院]
1995年3月   福岡大学   体育学研究科   体育学専攻     修了
2012年3月   九州工業大学   生命体工学科   脳情報専攻     単位取得満期退学
学位
  • 学術博士  (   スポーツ心理学スポーツ方法学   九州工業大学   2014年3月   課程   「 状況判断に関わる認知的トレーニング法の構築~ラグビーフットボールを対象として~ 」   )
経歴
  • 1995年4月  -  1997年3月   福岡大学   体育学部(現スポーツ科学部)   助手
  • 1997年4月  -  2003年3月   長崎県立大学     非常勤講師
  • 1997年4月  -  2014年3月   福岡大学体育学部(現スポーツ科学部)     非常勤講師
  • 2003年3月  -  2009年3月   コカ・コーラウエストレッドスパークス(現コカ・コーラレッドスパークス)   ラグビー部   テクニカルディレクター(有給コーチ)
  • 2006年4月  -  2010年3月   九州共立大学   スポーツ学部   講師
  • 2010年4月  -  2014年3月   九州共立大学   スポーツ学部   准教授
  • 2011年4月  -  2016年3月   佐賀大学   文化教育学部   非常勤講師
  • 2014年4月  -  2015年3月   九州共立大学   スポーツ学部   教授
委員歴
  • 2017/04/01- 福岡県平成29年度福岡県タレント発掘事業能力・開発育成プロジェクト委員
  • 2014/04/01-2015/03/31 北九州市北九州市スタジアム建設イメージ検討会委員
免許・資格
  • 免許   中学校教諭専修免許状(保健体育)   1995年3月   平6中専第0060号
  • 免許   高等学校教諭専修免許状(保健体育)   1995年3月   平7高専第0326号
受賞
  • 優秀賞(研究発表) ( 2011年9月 国内 日本体育学会 体育方法専門分科会 )
  • 優秀論文賞 ( 2014年6月 国内 日本運動・スポーツ科学学会 )
所属学協会
  1. 九州スポーツ心理学会会員
    • 国名/ 日本
    • 役職名(担当年度) :理事 ( 1993年4月 - )
  2. 九州体育・スポーツ学会
    • 国名/ 日本
    • 役職名(担当年度) :理事 ( 1993年7月 - )
  3. 日本スポーツ心理学会
    • 国名/ 日本
    • ( 1994年4月 - )
  4. 日本フットボール学会
    • 国名/ 日本
    • 役職名(担当年度) :理事 ( 2009年4月 - )
  5. 日本体育学会
    • 国名/ 日本
    • ( 1999年4月 - )
  6. 日本運動・スポーツ科学会
    • 国名/ 日本
    • ( 2013年2月 - )
研究分野
  1. スポーツ科学
研究キーワード スポーツ心理学,スポーツ方法学,ラグビーフットボール
研究業績業績一覧(著書・発表論文・学会発表・その他業績)
教育活動
  1. 担当授業科目
    • メンタルマネジメント
    • メンタルマネジメント特論
    • 生涯スポーツ論
    • スポーツ心理学実験実習
    • キャンプ実習
    • スポーツ心理学
    • ラグビーⅠ
    • ラグビーⅡ
    • スケート実習
    • スキー実習
    • 卒業研究論文
    • スポーツ科学演習
  2. 担当経験のある科目
    • ウェルネス応用
    • スポーツゲーム分析演習
    • コーチングシステム論
    • コーチング演習
社会貢献活動
スポーツ競技団体の役員
  1. 九州ラグビーフットボール協会 
    • 活動期間/ 2015年4月 -
    • 役割/ 大学委員会副委員長/コーチ委員会委員
  2. 日本ラグビーフットボール協会 技術委員会情報科学部門
    • 活動期間/ 2017年12月 -
    • 役割/ 部門長
競争的資金等の研究課題
  1. ボールゲームの状況判断についての研究
    • 研究期間/ 2012年4月 - 2014年3月
    • 資金の種類/ 科学研究費
    • 代表区分/ 代表
    • 提供機関/ 日本学術振興会
  2. ボールゲームプレーヤーの知覚・認知能力トレーニングの開発および検討
    • 研究期間/ 2016年4月 - 2019年3月
    • 資金の種類/ 科学研究費
    • 代表区分/ 代表
    • 提供機関/ 日本学術振興会
海外研究活動歴、使用する外国語
  • 海外活動状況 ( 2017 年 - )
  • 海外での国際会議、学会への出席回数
  • 所要経費の主たる負担者出席回数発表回数
    1. 主催者 0回0回
    2. 外国機関 0回0回
    3. 文部科学省・日本学術振興会0回2回
    4. 3以外の政府関係機関 0回0回
    5. 所属機関 0回0回
    6. 財団等(寄付金・委任経理金を含む) 0回0回
    7. 自費0回0回
    0回2回

ページの先頭に戻る