福岡大学研究者情報

■ 理学部  物理科学科  教授 

山本 大輔  (ヤマモト ダイスケ)

 

[ 研究分野 ]
  • 生物物理学

プロフィール詳細

データ更新日  :  2021年9月22日

学歴
[出身学校]
1998年   名古屋大学   理学部   物理学     卒業
[出身大学院]
2003年   名古屋大学   理学研究科   物質理学専攻   博士   修了
学位
  • 博士(理学)  (   生物物理学   名古屋大学   2003年   課程   )
経歴
  • 2003年4月  -  2004年3月   名古屋大学 産学官連携研究員    
  • 2004年4月  -  2005年3月   名古屋大学 研究員(COE)    
  • 2005年4月  -  2011年3月   金沢大学 研究員    
  • 2011年4月  -  2018年3月   福岡大学 准教授    
  • 2018年4月  -    福岡大学 教授    
所属学協会
  1. 日本物理学会
  2. 日本生物物理学会
  3. 日本蛋白質科学会
研究分野
  1. 生物物理学
研究キーワード 原子間力顕微鏡、生体膜、タンパク質、生物物理学、高速原子間力顕微鏡
研究テーマ
  1. 高速AFMによるタンパク質分子のナノ構造・ダイナミクス計測
    • キーワード/ 高速原子間力顕微鏡
    • 研究分野/ 生物物理学
    • 研究期間/ 2005年 -
研究業績業績一覧(著書・発表論文・学会発表・その他業績)
教育活動
  1. 担当授業科目
    • 力学Ⅱ
    • 力学演習Ⅱ
    • 現代物理学入門
    • 原子物理学
    • ナノサイエンス入門
    • 物理学A
    • 物理学D
    • 物理学実験
  2. 担当経験のある科目
    • 物理学実験
    • 力学C
    • 力学B
    • 物理学D
    • 物理学A
    • ナノサイエンス入門
    • 原子物理学
    • 現代物理学入門
    • 力学演習Ⅱ
    • 力学Ⅱ
競争的資金等の研究課題
  1. かぎりなくタンパク質に優しい高速原子間力顕微鏡の開発
    • 研究期間/ 2017年4月 - 2020年3月
    • 資金の種類/ 科学研究費
    • 代表区分/ 代表
  2. NPQに伴うチラコイド膜タンパク質構造動態変化の高速AFMによる測定
    • 研究期間/ 2017年4月 - 2019年3月
    • 資金の種類/ 科学研究費
    • 代表区分/ 代表
  3. プロトン駆動力制御に伴う光合成タンパク質構造動態変化の高速AFMによる解析
    • 研究期間/ 2019年4月 - 2021年3月
    • 資金の種類/ 科学研究費
    • 代表区分/ 代表
  4. 熱ゆらぎ高速AFMによる構造物性可視化技術の開発
    • 研究期間/ 2021年8月 - 2024年3月
    • 資金の種類/ 科学研究費
    • 代表区分/ 代表
海外研究活動歴、使用する外国語
  • 使用する外国語
    • 国際的な学会等での研究成果の発表に主に用いる言語     英語
    • 国際的な学術雑誌等に発表する論文の執筆に主に用いる言語     英語
連絡先等メールアドレス/ メールアドレス

ページの先頭に戻る