福岡大学研究者情報

■ 理学部  化学科  教授 

林田 修  (ハヤシダ オサム)

1965年9月19日  男

[ 研究分野 ]
  • ホストゲスト化学
  • 生命分子化学
  • 機能物質化学

プロフィール

データ更新日  :  2020年4月30日

学位
  • 博士(工学)(1994年 九州大学)
プロフィール
  • 1988年 3月 九州大学工学部合成化学科卒業
  • 1990年 3月 九州大学大学院工学研究科合成化学専攻修士課程修了
  • 1990年10月 九州大学大学院工学研究科合成化学専攻博士課程退学
  • 1990年11月 九州大学助手 (工学部合成化学科)採用
  • 1996年 4月 九州大学助教授(有機化学基礎研究センター分子システム化学部門)昇任
  • 2003年 4月 九州大学助教授(先導物質化学研究所分子集積化学部門生命分子化学分野)
  • 2007年 4月 九州大学准教授(先導物質化学研究所分子集積化学部門生命分子化学分野)
  • この間、
  • 2001年 3月~ 2002年 3月
  • 文部省在外研究員 米国Scripps 研究所(Prof. Julius Rebek Jr)
  • 2004年10月~ 2008年 3月
  • 科学技術振興機構 戦略的創造研究事業 個人研究型(さきがけタイプ)
  • 研究代表者(兼任)
  • 2009年4月~ 現在
  •    福岡大学理学部教授
研究テーマ
  • 薬剤の放出を蛍光で追跡するための多環状ホストの開発
  • ゲストの捕捉および放出を制御できる刺激応答性シクロファン型ホスト多量体の開発
  • クラスター効果に基づくシクロファン多量体の合成と標的ゲストの捕捉
  • 超分子化学に基づく修飾タンパク質の蛍光分析法の開発
  • 大環状分子を基盤とした超分子集合体の創製と機能
研究業績業績一覧(著書・発表論文・学会発表・その他業績)
所属学協会
  • アメリカ化学会
  • ホスト-ゲスト•超分子研究会
  • 日本化学会
  • 有機合成化学協会
関連情報福岡大学図書館蔵書検索
ホームページhttp://www.sci.fukuoka-u.ac.jp/nano/laboratory.html#list07

ページの先頭に戻る