福岡大学研究者情報

論文

種別 原著論文
標題 The antipsychotic trifluoperazine reduces marble-burying behavior in mice via D2 and 5-HT2A receptors: Implications for obsessive-compulsive disorder.
DOI 10.1016/j.pbb.2017.12.006
掲載誌名 Pharmacology, Biochemistry, and Behavior
巻号頁 165/,9-13
出版年月 2018年2月
査読区分
言語種別 英語
執筆形態共同(その他)
全著者名 Nobuaki Egashira, Naoki Kubota, Yu Goto, Takuya Watanabe, Kaori Kubota, Shutaro Katsurabayashi, Katsunori Iwasaki
国内外別 国外

ページの先頭に戻る