福岡大学研究者情報

■ 工学部  資源循環・環境グループ  准教授 

武下 俊宏  (タケシタ トシヒロ)

 

[ 研究分野 ]
  • リサイクル工学
  • 環境技術・環境材料
  • 環境関連化学

プロフィール詳細

データ更新日  :  2019年11月12日

学歴
[出身学校]
1988年3月   福岡大学   工学部   化学工学科     卒業
[出身大学院]
1994年3月   九州大学   農学研究科   食糧化学工学専攻(微生物工学)   博士後期   修了
学位
  • 博士(農学)  (   食糧化学工学(微生物工学)   九州大学   1994年3月   課程   )
経歴
  • 1994年4月  -  1998年3月   九州産業大学工学部工業化学科生物工学コース・助手    
  • 1998年4月  -  2000年3月   福岡大学工学部化学工学科・専任講師(福岡大学資源循環・環境制御システム研究所出向)    
  • 2000年4月  -  2005年3月   福岡大学大学院工学研究科 資源循環・環境工学専攻・専任講師    
  • 2005年4月  -  2007年3月   福岡大学大学院工学研究科 資源循環・環境工学専攻・助教授    
  • 2007年4月  -    福岡大学大学院工学研究科 資源循環・環境工学専攻・准教授    
  • 2009年4月  -    福岡大学資源循環・環境制御システム研究所・研究開発室長    
所属学協会
  1. 廃棄物学会
    • ( 1999年4月 - )
研究分野
  1. リサイクル工学
  2. 環境技術・環境材料
  3. 環境関連化学
研究キーワード 廃棄物、埋立、リサイクル、硫化水素、石膏ボード、バイオマス、植物油、廃食油、無害化、資源化、環境、工学、化学、農学
研究テーマ
  1. 廃石膏ボードの埋立処分による硫化水素発生の原因解明
    • キーワード/ 石膏ボード,硫化水素,埋立,硫酸還元菌
    • 研究分野/ 環境技術・環境負荷低減, グリーン・環境化学
    • 研究期間/ 2000年4月 -
  2. リサイクル石膏を含む土木資材の硫化水素発生安全性評価
    • キーワード/ リサイクル,石膏,硫化水素,固化剤,凝集剤,汚泥,
    • 研究分野/ 環境材料・リサイクル, 環境技術・環境負荷低減
    • 研究期間/ 2009年2月 -
  3. 廃棄物由来のアルカリ塩を用いた廃食油からのバイオディーゼル燃料の製造と副生するグリセリン廃液の資源化技術開発
    • キーワード/ 廃棄物,アルカリ,廃食油,BDF,グリセリン,資源化
    • 研究分野/ 触媒・資源化学プロセス, 環境材料・リサイクル, 環境材料・リサイクル
    • 研究期間/ 2008年6月 -
  4. 湿式酸化法による有機塩素化合物汚染土壌の浄化
    • キーワード/ 湿式酸化法,有機塩素,汚染土壌,
    • 研究分野/ 環境技術・環境負荷低減, 反応工学・プロセスシステム
    • 研究期間/ 2003年4月 - 2005年3月
研究業績業績一覧(著書・発表論文・学会発表・その他業績)
競争的資金等の研究課題
  1. PCB・ダイオキシン類汚染土壌等の低コスト型無害化システムの開発(平成15年度北九州市環境未来技術開発助成採択)
    • 研究期間/ 2003年 - 2005年
    • 資金の種類/ その他
    • 代表区分/ 分担
    • 連携研究者/ 鈴木和義,大川清和,武下俊宏
  2. 強制的好気性工法による生活環境修復早期安定化システムの研究開発(平成17年度北九州市環境未来技術開発助成採択)
    • 研究期間/ 2005年 - 2007年
    • 資金の種類/ その他
    • 代表区分/ 分担
  3. 酸素富化水・キレート剤(重金属不溶化剤)等複合システムによる埋立地廃止促進技術の実用化研究(平成17年度北九州市環境未来技術開発助成採択)
    • 研究期間/ 2005年 - 2007年
    • 資金の種類/ その他
    • 代表区分/ 分担
  4. 再生アルカリ塩を利用したバイオディーゼル燃料(BDF)の製造とグリセリン廃液の資源化技術開発(平成20年度福岡県リサイクル総合研究センター研究会研究助成採択)
    • 研究期間/ 2008年6月 -
    • 資金の種類/ その他
    • 代表区分/ 代表
  5. 廃石膏ボードのリサイクル技術の統合化に関する研究(平成21年度環境省循環型社会形成推進科学研究費補助金採択)
    • 研究期間/ 2009年4月 -
    • 資金の種類/ 学内特定研究
    • 代表区分/ 分担
    • 連携研究者/ 佐藤研一,押方利郎,武下俊宏
  6. サルフコントロール(SC-381)を用いた硫化水素の発生抑制効果の検討
    • 研究期間/ 2006年4月 - 2007年3月
    • 資金の種類/ その他
    • 代表区分/ 代表
    • 連携研究者/ 川崎化成工業㈱
  7. 廃石膏ボードから製造した半水石膏製品の汚泥凝集性能評価および汚泥改質物質の硫化水素発生安全性評価(平成21年度北九州市環境未来技術開発助成採択)
    • 研究期間/ 2009年8月 -
    • 資金の種類/ その他
    • 代表区分/ 分担
    • 代表研究者/ 酒田雅央
    • 連携研究者/ 押方利郎,武下俊宏
連絡先等研究室名/ 福岡大学 資源循環・環境制御システム研究所

ページの先頭に戻る