福岡大学研究者情報

■ 人文学部  ドイツ語学科  教授 

金山 正道  (カナヤマ マサミチ)

 

[ 研究分野 ]
  • 独語・独文学

プロフィール

データ更新日  :  2019年11月12日

研究者からのメッセージ
  • 福岡市だけで3代百年、教育・研究に従事。
  • 祖父(故)直晴:東京帝国大学文学部で英文学を専攻。旧制五校教授、戦後、西南学院大学教授(英語・英文学担当)。
  • 父(故)靖夫:九州帝国大学工学部で電気工学を専攻(卒業時新制)。修猷館高等学校教諭(数学担当)。日本数学会会員。G・ポリア『数学の問題の発見的解き方 1 』(みすず書房 共訳)ほか。
  • 本人正道:九州大学助手(文部教官・独文学講座勤務)を経て、現在、福岡大学人文学部教授(ドイツ語・ドイツ文学担当 )、昭和30年生れ。
  • 大学評議員。
学位
  • 文学修士(九州大学)
研究テーマ
  • 16世紀から現代に至るファウスト文学の研究
  • ファウスト文学とドン・ファン文学に関する比較研究
研究業績業績一覧(著書・発表論文・学会発表・その他業績)
研究室名
  • 文系センター棟601号室
所属学協会
  • 日本独文学会
  • 九州大学独文学会
  • 日本ゲーテ協会
関連情報福岡大学図書館蔵書検索

ページの先頭に戻る