福岡大学研究者情報

■ 薬学部    教授 

岩崎 克典  (イワサキ カツノリ)

 

[ 研究分野 ]
  • 応用薬理学・医療系薬学
  • 薬理学一般
  • 薬理系薬学

件数 : 888

研究業績

著書 ( 14件)
  1. 臨床薬学テキストシリーズ[薬理・病態・薬物治療]
    神経・筋・精神/麻酔・鎮痛
    • 乾賢一監修 赤池昭紀編集
      岩崎克典
         , 
      中山書店  ,  血管性認知症  ,  2019年8月
  2. パートナー機能形態学 改訂第3版
    • 岩崎克典、原 英彰、三島健一編集   ,  南江堂  ,  56-93,265-270  ,  2018年12月
  3. 新しい疾患薬理学
    • 岩崎克典、徳山尚吾   ,  南江堂  ,  87-180  ,  2018年3月
  4. 医療薬学 I 薬の作用と体の変化および薬理・病態・薬物治療(1)
    • 日本薬学会編   ,  東京化学同人  ,  261-268  ,  2015年10月
  5. パートナー機能形態学 改訂第2版
    • 藤原道弘監修、岩崎克典、高野行夫、原 英彰編集   ,  南江堂  ,  56-93,265-270  ,  2012年10月
  6. 薬学を学ぶためのやさしい生物学
    • 高野行夫、岩崎克典 編   ,  南江堂  ,  2010年4月
  7. 生体の科学ー伝達物質と受容体ー
    • 医学書院  ,  406-407  ,  2009年10月
  8. パートナー機能形態学
    • 藤原道弘監修、岩崎克典、高野行夫、原 英彰編集   ,  南江堂  ,  56-93,265-270  ,  2008年8月
  9. 脳虚血とβ-アミロイド投与による新しいアルツハイマー病モデル動物の作成とニルバジピンの有効性
    • 岩崎克典, 江頭伸昭, 秋吉祐樹, 高垣祐紀, 新井 隆, 三島健一, 藤原道弘   ,  Pharma Medica  ,  23, 143-155  ,  2005年4月
  10. 繰り返し脳虚血による空間認知障害の発症機序・脳血管性痴呆症の動物モデルとしての応用
    • 岩崎克典,三島健一,江頭伸昭,藤原道弘   ,  ガイア出版会  ,  239-246  ,  2002年
  11. 脳機能の解明 繰り返し脳虚血による空間記憶障害の発症機序:脳血管性痴呆症の動物モデルとしての応用
    • 岩崎克典,三島健一,江頭伸昭,藤原道弘   ,  九州大学出版会  ,  239-246  ,  2002年
  12. 動物の学習・記憶試験ーその実際と問題点
    • 栗原 久、平手謙二編、岩崎克典,松本禎明,藤原道弘   ,  群馬大学医学部附属行動医学研究施設行動分析学部門  ,  13-34  ,  1990年
  13. 医薬品の開発 9, 医薬品の探索 I 中枢神経作用の探索 抗躁うつ病薬
    • 斎藤 洋、野村靖幸編、藤原道弘,岩崎克典   ,  廣川書店、東京  ,  177-200  ,  1990年
  14. 続「脳の生体警告系 不安・不快・痛みの機構」 うつ病と脳内アミンーラットのmuricideについての研究
    • 植木昭和,藤原道弘,山本経之,柴田重信,岩崎克典   ,  東京大学出版、東京  ,  115-128  ,  1987年
論文 ( 289件)
  1. Behavioral profile in a Dctn1G71A knock-in mouse model of Perry disease
    • Deshimaru M, Mishima T, Watanabe T, Kubota K, Hosoi M, Kinoshita-Kawada M, Yuasa-Kawada J, Ikeda M, Mori M, Murata Y, Abe T, Enjoji M, Kiyonari H, Kodama S, Fujioka S, Iwasaki K, Tsuboi Y  Neuroscience Letters  ,  764/,136234  ,  2021年9月
  2. Sansoninto attenuates aggressive behavior and increases levels of homovanillic acid, a dopamine metabolite, in social isolation-reared mice
    • Watanabe T, Iba H, Moriyama H, Kubota K, Katsurabayashi S, Iwasaki K  J Traditional and Complementary Medicine  ,  2021年8月
  3. Effects of two kinds of Kampo-hozai, ninjinyoeito and kamikihito, on mental disorder-like behaviors in senescence-accelerated mouse prone 8 mice
    • Hirata M, Taniguchi C, Watanabe T, Horikawa T, Akizuki Y, Kubota K, Katsurabayashi S, Iwasaki K  Traditional & Kampo Medicine  ,  8/2,176-180  ,  2021年6月
  4. Ibudilast suppresses oxaliplatin-induced mechanical allodynia and neurodegeneration in rats
    • Egashira N., Goto Y., Takahashi R., Iba H., Yamamoto S., Watanabe T., Kubota K., Kawashiri T., Tanibuchi C., Katsurabayashi S., Iwasaki k.  J.Pharmacol. Sci.  ,  147/,114-117  ,  2021年6月
  5. The novel mitochondria activator, 10-ethyl-3-methylpyrimido[4,5-b]quinoline-2,4(3H,10H)-dione (TND1128), promotes the development of hippocampal neuronal morphology.
    • Shutaro Katsurabayashi, Kohei Oyabu, Kaori Kubota, Takuya Watanabe, Tomohisa Nagamatsu, Norio Akaike, Katsunori Iwasaki  Biochemical and Biophysical Research Communications  ,  560/,146-151  ,  2021年6月
  6. Inhibitory synaptic transmission is impaired at higher extracellular Ca2+ concentrations in Scn1a+/- mouse model of Dravet syndrome
    • Uchino K, Kawano H, Tanaka Y, Adaniya Y, Asahara A, Deshimaru M, Kubota K, Watanabe T, Katsurabayashi S, Iwasaki K, Hirose S  Scientific Reports  ,  11/,10634  ,  2021年5月
  7. DCTN1 Binds to TDP-43 and Regulates TDP-43 Aggregation
    • Deshimaru M, Kinoshita-Kawada M, Kubota K, Watanabe T, Tanaka Y, Hirano S, Ishidate F, Hiramoto M, Ishikawa M, Uehara Y, Okano H, Hirose S, Fujioka S, Iwasaki K, Yuasa-Kawada J, Mishima T, Tsuboi Y  International Journal of Molecular Sciences  ,  22/8,3985  ,  2021年4月
  8. A Japanese herbal medicine attenuates anxiety-like behavior through GABAA receptor and brain-derived neurotrophic factor expression in a rat model of premenstrual syndrome
    • Iba H, Watanabe T, Motomura S, Harada K, Uesugi H, Shibahara T, Kubota K, Katsurabayashi S, Iwasaki K  J Pharmacological Sciences  ,  145/1,140-149  ,  2021年1月
  9. Valproic acid-exposed astrocytes impair inhibitory synapse formation and function
    • Takeda K, Watanabe T, Oyabu K, Tsukamoto S, Oba Y, Nakano T, Kubota K, Katsurabayashi S, Iwasaki K  Scientific Reports  ,  11/1,1-12  ,  2021年1月
  10. Presynaptically silent synapses are modulated by the density of surrounding astrocytes
    • Oyabu K, Takeda K, Kawano H, Kubota K, Watanabe T, Harata NC, Katsurabayashi S, Iwasaki K.  Journal of Pharmacological Sciences  ,  144/2,76-82  ,  2020年12月
  11. 補腎剤による認知症の治療
    • 岩崎克典  漢方と最新治療  ,  29/1,31-37  ,  2020年2月
  12. Pharmacological effects of yokukansan on behavioral and psychological symptoms of dementia
    • Egashira N. and Iwasaki K.  Traditional & Kampo Medicine  ,  6/3,115-125  ,  2019年
  13. Effect of Yokukansan and Yokukansankachimpihange on Aggressive Behavior, 5-HT Receptors and Arginine Vasopressin Expression in Social Isolation-Reared Mice
    • Iba H, Watanabe T, Matsuzawa K, Saimiya M, Tanaka M, Nagao M, Moriyama H, Kubota K, Katsurabayashi S, Iwasaki K.  Biol Pharm Bull.  ,  42/12,2009-2015  ,  2019年12月
  14. Effect of Lactobacillus paracasei A221‐fermented ginseng on impaired spatial memory in a rat model with cerebral ischemia and β‐amyloid injection.
    • Nagao M, Yamano S, Imagawa N, Igami K, Miyazaki T, Io H, Watanabe T, Kubota K, Katsurabayashi S, Iwasaki K.  Traditional & Kampo Medicine.  ,  6/2,96-104  ,  2019年8月
  15. Hippocampal neurons in direct contact with astrocytes exposed to amyloid β25-35 exhibit reduced excitatory synaptic transmission.
    • Oyabu K, Kiyota H, Kubota K, Watanabe T, Katsurabayashi S, Iwasaki K.  IBRO Rep.  ,  7/,34-41  ,  2019年7月
  16. ブロナンセリン錠「ニプロ」のマウスを用いた抗精神病効果の検討
    • 射場日佳里、長尾昌紀、弟子丸眞美、荒巻千佳、後藤 優、本村早麗、岩崎克典  新薬と臨床  ,  68/6,18(742)-24(748)  ,  2019年6月
  17. Extract of Yokukansan improves anxiety-like behavior and increases
    serum brain-derived neurotrophic factor in rats with cerebral
    ischemia combined with amyloid-β42 peptide
    • Ai Nogami-Hara, Kaori Kubota, Kotaro Takasaki, Takuya Watanabe, Nobuaki Egahira, Hikari Iba, Risako Fujikawa,Shutaro Katsurabayashi, Funda Bolukbasi Hatip, Izzettin Hatip-Al-Khatib, Katsunori Iwasaki  Journal of Traditional Chinese Medicine  ,  39/1,50-58  ,  2019年2月
  18. Pioneer factor NeuroD1 rearranges transcriptional and epigenetic profiles to execute
    microglia-neuron conversion
    • Matsuda T, Irie T, Katsurabayashi S, Hayashi Y, Nagai T, Hamazaki N, Adefuin AMD, Miura F, Ito T, Kimura H, Shirahige K, Takeda T, Iwasaki K, Imamura T, Nakashima K.  Neuron  ,  101/3,472-485  ,  2019年2月
  19. 不眠に処方される漢方薬の作用機序
    • 岩崎克典、長尾昌紀、森山博史、渡辺拓也  Progress in Medicine  ,  38/10,13-19  ,  2018年10月
  20. 東洋医学と西洋医学の橋渡しー配合の妙のサイエンスまでー
    • 岩崎克典  漢方研究  ,  8/,41-41  ,  2018年8月
  21. Tokishakuyakusan ameliorates spatial memory deficits induced by ovariectomy combined with β-amyloid in rats,
    • Nobuaki Egashira, Yuki Akiyoshi, Hikari Iba, Takashi Arai, Izzettin Hatip-Al-Khatib,Kenichi Mishima, Katsunori Iwasaki,  J.Pharmacol.Sc  ,  2018年1月
  22. 認知症の漢方治療を支える薬理学的エビデンスー抑肝散は本当に効くのか?ー
    • 岩崎克典  薬事日報  ,  /,14-16  ,  2018年1月
  23. Ameliorative effect of sansoninto on sleep disturbance and spatial memory impairment in an Alzheimer's disease rat model
    • Moriyama H, Watanabe T, Takasaki K, Nagao M, Kubota K, Katsurabayashi S, Egashira N, Iwasaki K.  Traditional & Kampo Medicine  ,  4/,38-45  ,  2017年
  24. Effect of hachimijiogan on memory impairment induced by beta-amyloid combined with cerebral ischemia in rats
    • Moriyama H, Mishima T, Kainuma M, Watanabe T, Nagao M, Takasaki K, Kubota K, Katsurabayashi K, Tsuboi Y, Iwasaki K.  Traditional & Kampo Medicine  ,  41/1,38-42  ,  2017年
  25. Behavioral defects in a DCTN1G71A transgenic mouse model of Perry syndrome.
    • Mishima T, Deshimaru M, Watanabe T, Kubota K, Kinoshita-Kawada M, Yuasa-Kawada J, Takasaki K, Uehara Y, Jinno S, Iwasaki K, Tsuboi Y.  Neurosci Lett.  ,  666/,98-103  ,  2017年12月
  26. The Japanese Angelica acutiloba root and yokukansan increase hippocampal acetylcholine level, prevent apoptosis and improve memory in a rat model of repeated cerebral ischemia.
    • Nogami-Hara A, Nagao M, Takasaki K, Egashira N, Fujikawa R, Kubota K, Watanabe T, Katsurabayashi S, Hatip FB, Hatip-Al-Khatib I, Iwasaki K.  J Ethnopharmacol.  ,  214/,190-196  ,  2017年12月
  27. The antipsychotic trifluoperazine reduces marble-burying behavior in mice via D2 and 5-HT2A receptors: Implications for obsessive-compulsive disorder.
    • Egashira N, Kubota N, Goto Y, Watanabe T, Kubota K, Katsurabayashi S, Iwasaki K.  Pharmacol Biochem Behav.  ,  165/,9-13  ,  2017年12月
  28. The Traditional Japanese Herbal Medicine Hachimijiogan Elicits Neurite Outgrowth Effects in PC12 Cells and Improves Cognitive in AD Model Rats via Phosphorylation of CREB.
    • Kubota K, Fukue H, Sato H, Hashimoto K, Fujikane A, Moriyama H, Watanabe T, Katsurabayashi S, Kainuma M, Iwasaki K.  Front Pharmacol.  ,  8/850  ,  2017年11月
  29. Astrocytes with previous chronic exposure to amyloid β-peptide fragment 1–40 suppress excitatory synaptic transmission.
    • Kawano H, Oyabu K, Yamamoto H, Eto K, Adaniya Y, Kubota K, Watanabe T, Hirano-Iwata A, Nabekura J, Katsurabayasi S, Iwasaki K.  J Neurochemistry  ,  2017年10月
  30. Role of vasopressin V1a receptor in delta9-tetrahydrocannabinol-induced cataleptic immobilization in mice
    • Egashira N, Koushi E, Myose T, Tanoue A, Mishima K, Tsuchihashi R, Kinjo J, Tanaka H, Morimoto S, Iwasaki K.  Psychopharmacology(Berl)  ,  2017年9月
  31. アリピプラゾール錠・OD錠・散・内服液「ニプロ」のマウスを用いた抗精神病効果の検討
    • 長尾昌紀、森山博史、大藪康平、安谷屋友菜、胸元 芳、渡辺拓也、岩崎克典  新薬と臨床  ,  66/5,611-620  ,  2017年6月
  32. BPSDに対する抑肝散加陳皮半夏の基礎と臨床応用
    • 岩崎克典  漢方医学  ,  41/1,38-42  ,  2017年4月
  33. Kamishoyosan reduces conditioned fear-induced freezing behavior in socially isolated ovariwctomized rats.
    • Nobiaki Egashira, Hikari Iba, Haruna Kawano, Rikako Kawanaka, Masaki Nagao, Hiroshi Moriyama, Takuya Watanabe, Kaori Kubota, Shutaro Katsurabayashi, Katsunori Iwasaki  Journal of Pharmacological Sciences  ,  131/,279-283  ,  2016年7月
  34. Overexpression of Swedish mutant APP in aged astrocytes attenuates excitatory synaptic transmission
    • 4Katsurabayashi S, Kawano H, Ii M, Nakano S, Tatsumi T, Kubota K, Takasaki K, Mishima K, Fujiwara M, Iwasaki K.  Physiological Reports  ,  4/1  ,  2016年1月
  35. Effect of Gargling Loperamide Liquid for Oral Mucositis Caused by Cancer Chemotherapy
    • Tomohiro Kaneko, Maki Nagamatsu, Ryuichi Inoue, Kenichi Mishima, Katsunori Iwasaki, Hidetoshi Kamimura  Jpn. Pharmacol. Ther.  ,  22/1,69-77  ,  2015年
  36. 抑肝散のセロトニン神経系とグルタミン酸神経系を介した作用
    • 岩崎 克典  漢方医薬学雑誌  ,  23/3,13-14  ,  2015年12月
  37. 鼎談 漢方の臨床と薬理 精神神経科領域における漢方薬の臨床と薬理
    • 岩崎 克典  漢方医薬学雑誌  ,  23/3,4-12  ,  2015年12月
  38. 漢方薬の薬理作用ー抑肝散加陳皮半夏ー
    • 岩﨑克典、長尾昌紀、森山博史  脳21  ,  18/4,77-84  ,  2015年11月
  39. Rheb activation disrupts spine synapse formation through accumulation of syntenin in tuberous sclerosis complex
    • Sugiura H, Yasuda S, Katsurabayashi S, Kawano H, Endo K, Takasaki K, Iwasaki K, Ichikawa M, Kobayashi T, Hino O, and Yamagata K.  Nature Communications  ,  6/,6842  ,  2015年4月
  40. Ganglioside GM3 is essential for the structural integrity and function of cochlear hair cells
    • Yoshikawa M, Go S, Suzuki SI, Suzuki A, Katori Y, Morlet T, Gottlieb SM, Fujuwara M, Iwasaki K, Strauss KA, Inokuchi JI.  Hum Mol Genet.  ,  120/,315-320  ,  2015年2月
  41. Mouse model of subarachnoid hemorrhage: technical note on the filament perforation model.
    • Muroi C, Fujioka M, Marbacher S, Fandino J, Keller E, Iwasaki K, Mishima K.  Acta Neurochir Suppl.  ,  120/,315-320  ,  2015年1月
  42. グラム陽性球菌感染症に対するDaptomycinの有効性・安全性の評価
    • 中野貴文,宮崎元康,戸川 温,高田 徹,三島健一,岩崎克典,二神幸次郎  医療薬学  ,  40/3  ,  2014年
  43. Effect of Yokukansan on sleep disturbance in a rat model of cerebrovascular dementia
    • Nagao M,Takasaki K, Nogami A, Hirai Y, Moriyama H, Uchida H, Kubota K, Katsurabayashi S, Mishima K, Nishimura R and Iwasaki K  Traditional & Kampo Medicine  ,  1/2,19-26  ,  2014年12月
  44. 八味地黄丸の空間記憶障害に対する改善作用
    • 高崎浩太郎、窪田 香織、岩崎克典  Research  ,  19/4,27-28  ,  2014年12月
  45. Clinical effects of gargling loperamide liquid for oral mucositis caused by cancer chemotherapy
    • Kaneko T, Inoue R, Mishima K, Iwasaki K, Kamimura H  Jpn Pharmacol There  ,  42/11,851-855  ,  2014年11月
  46. アルツハイマー病新規治療戦略を指向した異常老化アストロサイトに関する研究
    • 河野洋幸、桂林秀太郎、窪田香織、高崎浩太郎、三島健一、藤原道弘、岩崎克典  臨床と研究  ,  91/11,126-127  ,  2014年11月
  47. 脳由来神経栄養因子の発現誘導作用を介した抑肝散のアルツハイマー病モデル動物の不安様行動に対する効果
    • 高尾優那, 野上 愛、高崎浩太郎、窪田香織、山下 拓、山本香織、松原友里香、内田直樹、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘、西村良二、岩崎克典  臨床と研究  ,  91/11,128-128  ,  2014年11月
  48. 脳血管性障害に対する血液凝固制御因子ADAMTS13の脳保護効果
    • 中野貴文、入江圭一、三島健一、二神幸次郎、岩崎克典  臨床と研究  ,  91/11,127-127  ,  2014年11月
  49. 脳高次機能と漢方
    • 岩崎克典  脳21  ,  17/4,97-104  ,  2014年10月
  50. Activation of Rheb, but not of mTORC1, impairs spine synapse morphogenesis in tuberous sclerosis complex.
    • Yasuda S, Sugiura H, Katsurabayashi S, Shimada T, Tanaka H, Takasaki K, Iwasaki K, Kobayashi T, Hino O, Yamagata K.  Sci Rep.  ,  4/,5155  ,  2014年6月
  51. Filament perforation model for mouse subarachnoid hemorrhage: surgical-technical considerations.
    • Muroi C, Fujioka M, Okuchi K, Fandino J, Keller E, Sakamoto Y, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M.  Br J Neurosurg.  ,  19/,1-11  ,  2014年5月
  52. 抑肝散の認知症症状に対する薬理学的検討
    • 窪田香織、野上 愛、高崎浩太郎、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘、岩崎克典  日本薬理学雑誌  ,  143/3,110-115  ,  2014年3月
  53. Effect of ADAMTS13 on Cerebrovascular Microthrombosis and Neuronal Injury after Experimental Subarachnoid Hemorrhage.
    • Muroi C, Fujioka M, Mishima K, Irie K, Fujimura Y, Nakano T, Fandino J, Keller E, Iwasaki K, Fujiwara M.  J Thromb Haemost.  ,  2014年1月
  54. Effect of Yokukansan on memory disturbance in an animal model of cerebrovascular dementia
    • Nogami A, Takasaki K, Kubota K, Yamaguchi K, Kawasaki C, Nakamura K, Fujikawa R, Uchida N, Katsurabayashi S, Mishima K, Nishimura R, Fujiwara M, Iwasaki K  J. Trad. Med  ,  30/  ,  2013年12月
  55. Allogeneic Transplantation of Fetal Membrane-Derived Mesenchymal Stem Cell Sheets Increases Neovascularization and Improves Cardiac Function after Myocardial Infarction in Rats.,
    • Ishikane S, Hosoda H, Yamahara K, Akitake Y, Kyoungsook J, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M, Miyazato M, Kangawa K, Ikeda T  Transplantation  ,  96/8,697-706  ,  2013年10月
  56. Injection of specific amyloid-beta oligomers (beta1-40:beta1-42=10:1) into rat medial septum impairs memory retention without inducing hippocampal apoptosis.
    • Ozdemir MB, Erdogan C, Iwasaki K, Watanabe T, Ishikane S, Fujiwara M.  Neurol Res.  ,  38/8,798-803  ,  2013年10月
  57. 白金錯体系抗悪性腫瘍剤のオキサリプラチンによる末梢神経障害に対する加工ブシの軽減効果
    • 松尾宏一、入江圭一、林稔展、市丸優希、白川敦規、長谷川恭子、大津加也、原暦、倉成沙織、山下郁太、三島健一、岩崎克典、藤原道弘  漢方と最新治療  ,  22/3,243-250  ,  2013年8月
  58. Yokukansan, a traditional Japanese herbal medicine, promotes neurite out grought in PC12 cells through the activation of extracellular signal regulated kinase 1/2 and phosphatidylinositol 3-kinase/Akt.
    • Kubota K, Sano K, Shiraishi A, Beppu N, Uchida N, Takasaki K, Katsurabayashi S, Mishima K, Nishimura R, Fujiwara M, Iwasaki K.  J Trad. Med.  ,  30/,102-113  ,  2013年8月
  59. Cholinergic Involvement and Synaptic Dynamin 1 Expression in Yokukansan-mediated Improvement of Spatial Memory in a Rat Model of Early Alzheimer's Disease.
    • Uchida N, Takasaki K, Sakata Y, Nogami A, Oishi H, Watanabe T, Shindo T, Egashira N, Kubota K, Katsurabayashi S, Mishima K, Fujiwara M, Nishimura R, Iwasaki K.  Phytother Res.  ,  27/7,966-972  ,  2013年7月
  60. 認知症の予防・治療に応用可能な漢方薬・抑肝散の薬理学的検討
    • 窪田香織、高崎浩太郎、野上愛、岩崎克典  福岡大学研究推進部ニュース&レポートReserch,  ,  18/02,19-22  ,  2013年6月
  61. Effects of mood stabilizers on marble-burying behavior in mice
    • Egashira N, Abe M, Shirakawa A, Niki T, Mishima K, Iwasaki K, Oishi R, fujiwara M.  Psychopharmacology  ,  226/2,295-35  ,  2013年3月
  62. Facilitation of memory impairment and cholinergic disturbance in a mouse model of Alzheimer's disease by mild ischemic burden
    • Takuya Watanabe, Kotaro Takasaki, Norito Yamagata, Michihiro Fujiwara, Katsunori Iwasaki  Neuroscience Letters  ,  536/,74-79  ,  2013年3月
  63. Facilitation of memory impairment and cholinergic disturbance in a mouse model of Alzheimer's disease by mild ischemic burden.
    • Watanabe T, Takasaki K, Yamagata N, Fujiwara M, Iwasaki K.  Neurosci Lett.  ,  536/,74-79  ,  2013年3月
  64. クエチアピンフマル酸塩錠(クエチアピン錠「NP」およびセロクエル錠)の実験的統合失調症モデルマウスにおける行動薬理作用の比較
    • 野上 愛、高崎浩太郎、長尾昌紀、坂元佑哉、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、岩崎克典  新薬と臨床  ,  62/1,13-20  ,  2013年1月
  65. Ameliorative effects of telmisartan on the inflammatory response and impaired spatial memory in a rat model of Alzheimer's disease incorporating additional cerebrovascular disease factors.
    • Shindo T, Takasaki K, Uchida K, Onimura R, Kubota K, Uchida N, Irie K, Katsurabayashi S, Mishima K, Nishimura R, Fujiwara M, Iwasaki K.  Biol Pharm Bull.  ,  35/12,2141-2147  ,  2012年12月
  66. Preferential involvement of Na+/Ca2+ exchanger type-1 in the brain damage caused by transient focal cerebral ischemia in mice
    • Morimoton, Kita S, Shimazawa M, Namimatsu H, Tsuruma K, Hayakawa K, Mishima K, Egashira N, Iyoda T, Horie I, Gotoh Y, Iwasaki K, Fujiwara M, Matsuda T, Baba A, Komuro I, Horie K, Takeda J, Iwamoto T, Hara H  Biochemical and Biophysical Research Communications.  ,  14/429(3-4),186-190  ,  2012年11月
  67. Long-Term Culture of Astrocytes Attenuates the Readily Releasable Pool of Synaptic Vesicles.
    • 1. Kawano H, Katsurabayashi S, Kakazu Y, Yamashita Y, Kubo N, Kubo M, Okuda H, Takasaki K, Kubota K, Mishima K, Fujiwara M, Harata NC and Iwasaki K.  PLoS One  ,  7/11,e48034  ,  2012年10月
  68. 抑肝散の認知症に対する治療効果の行動薬理学的実証
    • 岩崎克典、高崎浩太郎、野上 愛、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘  日本薬理学雑誌  ,  140/2,66-70  ,  2012年8月
  69. Pharmacological studies for the ameliorative effects of yokukansan on memory deficits and abnormal behavior in an animal model of dementia
    • Iwasaki K, Takasaki K, Nogami A, Kubota K, Katsurabayashi S, Mishima K, Fujiwara M  Nihon Yakurigaku Zasshi.  ,  140/2,66-70  ,  2012年8月
  70. Hypothalamic 2-arachidonoylglycerol regulates multistage process of high-fat diet preferences.
    • Higuchi S, Irie K, Yamaguchi R, Katsuki M, Araki M, Ohji M, Hayakawa K, Mishima S, Akitake Y, Matsuyama K, Mishima K, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M.  PLos One  ,  7/6,e38609  ,  2012年6月
  71. N-Acetyl-L-Cysteine inhibits Marble-burying behavior in mice
    • Egashira N, Shirakawa A, Abe M, Niki T, Mishima K, Iwasaki K, Oishi R, Fujiwara M.  J Pharmacol Sci  ,  119/1,97-101  ,  2012年5月
  72. 脳虚血による空間記憶障害に対するPPARγ部分アゴニストとしてのテルミサルタンの作用
    • 岩崎克典、高崎浩太郎、原口珠実、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘  Therapeutic Research  ,  33/5,685-693  ,  2012年5月
  73. Influence of Telmisartan as a PPARγ Partial Agonist on Neuronal Cell-death and Memory Impairment Induced by Cerebral Ischemia in Rats.
    • Iwasaki K, Takasaki K, Haraguchi T, Kubota K, Katsurabayashi S, Mishima K, and Fujiwara M.  Therapeutic Res.  ,  33/,685-693  ,  2012年5月
  74. ドネペジル塩酸塩OD錠「NP」のアルツハイマー病モデルラットの空間記憶障害に対する改善作用
    •   J New Remedies & Clinics「新薬と臨床」  ,  61/3,55-61  ,  2012年3月
  75. CD4 and CD8 Tcells require different membrane ganglioside for activation
    • Nagafuku M, Okuyama K, Onimaru Y, Suzuki A, Odagiri Y, Yamashita T, Iwasaki K, Fujiwara M, Takayanagi M, Ohno I, Inokuchi J  Proc Natl Acad Sci USA  ,  109/6,336-342  ,  2012年2月
  76. Involvement of opioid system in cognitive deficits induced by ∆(9)-tetrahydrocannabinol in rats.
    • Egashira N, Manome N, Mishima K, Iwasaki K, Oishi R, Fujiwara M.  Psychopharmacology (Berl)  ,  219/4,1111-1118  ,  2012年2月
  77. Role of 5-hydroxytryptamine2C receptors in marble-burying behavior in mice
    • Egashira N, Okuno R, Shirakawa A, Nagao M, Mishima K, Iwasaki K, Ohishi R, Fujiwara M  Biol.Pharm.Bull.  ,  35/3,376-379  ,  2012年2月
  78. ADAMTS13 gene deletion enhances plasma high-mobility group box1 elevation and neuroinflammation in brain ischemia-reperfusion injury.
    • Fujioka M, Nakano T, Hayakawa K, Irie K, Akitake Y, Sakamoto Y, Mishima K, Muroi C, Yonekawa Y, Banno F, Kokame K, Miyata T, Nishio K, Okuchi K, Iwasaki K, Fujiwara M, Siesjö BK.  Neurol Sci  ,  33/5,1107-1115  ,  2012年1月
  79. Long-Term Culture of Astrocytes Attenuates the Readily Releasable Pool of Synaptic Vesicles
    • 河野 洋幸、桂林 秀太郎、高崎 浩太郎、窪田 香織、三島 健一、岩崎 克典  PLos ONE  ,  2011年10月
  80. ヤマブシタケ子実体」食品によるマウスの脳梗塞改善作用
    • 片岡愛子、櫨川 舞、入江圭一、秋武義治、中野貴文、早川和秀、三島健一、三島健司、吉田 都、藤岡稔大、内田享弘、小松靖弘、岩崎克典、藤原道弘  機能性食品と薬理栄養  ,  5/6,281-287  ,  2011年7月
  81. Yokukansan Enhances Pentobarbital-Induced Sleep in Socially Isolated Mice: Possible Involvement of GABA(A) - Benzodiazepine Receptor Complex.
    • Egashira N, Nogami A, Iwasaki K, Ishibashi A, Uchida N, Takasaki K, Mishima K, Nishimura R, Oishi R, Fujiwara M.  J Pharmacol Sci.  ,  116/3,316-320  ,  2011年6月
  82. Neuroprotective Effects of Citidine-5-diphosphocholine on Impaired Spatial Memory in a Rat Model of Cerebrovascular Dementia.
    • Takasaki K, Uchida K, Fujikawa R, Nogami A, Nakamura K, Kawasaki C, Yamaguchi K, Morita M, Morishita K, Kubota K, Katsurabayashi S, Mishima K, Fujiwara M, Iwasaki K.  J Pharmacol Sci.  ,  116/2,232-237  ,  2011年5月
  83. Effects of yokukansan on anxiety-like behavior in a rat model of cerebrovascular dementia.
    • Nogami A, Sakata Y, Uchida N, Yamaguchi K, Kawasaki C, Shindo T, Kubota K, Katsurabayashi S, Takasaki K, Mishima K, Nishimura R, Fujiwara M, Iwasaki K.  J Nat Med  ,  65/2,275-281  ,  2011年4月
  84. Role of endocannabinoid and glutamatergic systems in DOI-induced head-twitch response in mice
    • Nobuaki Egashira, Atsunori Shirakawa, Ryoko Okuno, Kenichi Mishima, Katsunori Iwasaki, Ryozo Oishi, Michihiro Fujiwara  Pharmacology, Biochemistry and Behavior  ,  99/,52-58  ,  2011年4月
  85. Increment of hypothalamic 2-arachidonoylglycerol induces the preference for a high-fat diet via activation of cannabinoid 1 receptors.
    • Higuchi S, Ohji M, Araki M, Furuta R, Katsuki M, Yamaguchi R, Akitake Y, Matsuyama K, Irie K, Mishima K, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M.  Behav Brain Res  ,  216/1,477-480  ,  2011年1月
  86. Allogeneic administration of fetal membrane-derived mesenchymal stem cells attenuates acute myocarditis in rats.
    • Ishikane S, Yamahara K, Sada M, Harada K, Kodama M, Ishibashi-Ueda H, Hayakawa K, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M, Kangawa K, Ikeda T.  J Mol Cell Cardiol.  ,  49/5,753-761  ,  2010年
  87. Ameliorating effects of Kangen-karyu on neuronal damage in rats subjected to repeated cerebral ischemia.
    • Pu F, Kaneko T, Enoki M, Irie K, Okamoto T, Sei Y, Egashira N, Oishi R, Mishima K, Kamimura H, Iwasaki K, Fujiwara M.  J Nat Med.  ,  64/2,167-174  ,  2010年
  88. Analysis of a case of oxaliplatin - induced persistence sensory neuropathy
    • Matsuo K, Higuchi M, Sasaki Y, Iwatsubo S, Wada Y, Hasegawa K, Shirakawa A, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M, Nishino H.  Jpn J Cancer and Chemotherapy  ,  37/3,551-554  ,  2010年
  89. Dynamin 1 depletion and memory deficits in rats treated with A-beta and cerebral ischemia
    • Watanabe T, Iwasaki K, Takasaki K, Yamagata N, Fujino M, Nogami A, Ii M, Katsurabayashi S, Mishima K, Fujiwara M  J.Neurosci.Res.  ,  88/9,1908-1917  ,  2010年
  90. Dysfunction of muscarinic acetylcholine receptors as a substantial basis for progressive neurological deterioration in GM3-only mice.
    • Tajima O, Egashira N, Ohmi Y, Fukue Y, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M, Sugiura Y, Furukawa K, Furukawa K.  Behav Brain Res  ,  206/1,101-108  ,  2010年
  91. The Cannabinoid 1-Receptor Silent Antagonist O-2050 Attenuates Preference for High-Fat Diet and Activated Astrocytes in Mice.
    • Higuchi S, Irie K, Mishima S, Araki M, Ohji M, Shirakawa A, Akitake Y, Matsuyama K, Mishima K, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M.  J Pharmacol Sci.  ,  112/3,369-372  ,  2010年
  92. 大麻の乱用防止教育と高等学校教諭の意識に関する研究
    • 松本禎明、江頭伸昭、坂井留美、岩崎克典、三島健一、藤原道弘  九州女子大学紀要  ,  46/2,131-150  ,  2010年
  93. マウスを用いた駆瘀血丹参製剤の脳虚血に対する予防効果
    • 榎木麻希子、金子朋博、入江圭一、秋武義治、早川和秀、長戸麻実、三島健一、三島健司、岡本拓也、神村英利、岩崎克典、藤原道弘  漢方と最新治療  ,  9/3,251-258  ,  2010年10月
  94. Reducing Acyl Migration during Purification of 2-Arachidonoylglycerol from Biological Samples before Gas Chromatography Mass Spectrometry Analysis.
    • Higuchi S, Irie K, Nakano T, Sakamoto Y, Akitake Y, Araki M, Ohji M, Furuta R, Katsuki M, Yamaguchi R, Matsuyama K, Mishima K, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M.  Anal Sci.  ,  26/11,1199-1202  ,  2010年10月
  95. マウスを用いた駆瘀血丹参製剤の脳虚血性疾患に対する予防効果
    • 榎木麻希子、金子朋博、入江圭一、秋武義治、早川和秀、長戸麻実、三島健一、三島健司、岡本拓也、神村英利、岩崎克典、藤原道弘  漢方と最新治療  ,  19/3,251-258  ,  2010年8月
  96. Telmisartan, a partial agonist of peroxisome proliferator-activated receptor gamma, improves impairment of spatial memory and hippocampal apoptosis in rats treated with repeated cerebral ischemia.
    • Haraguchi T, Iwasaki K, Takasaki K, Uchida K, Naito T, Nogami A, Kubota K, Shindo T, Uchida N, Katsurabayashi S, Mishima K, Nishimura R, Fujiwara M.  Brain Research  ,  1353/,125-132  ,  2010年7月
  97. Depression-like behavior and reduced plasma testosterone levels in the senescence-accelerated mouse.
    • Egashira N, Koushi E, Okuno R, Shirakawa A, Mishima K, Iwasaki K, Oishi R, Fujiwara M.  Behav Brain Res.  ,  209/1,142-147  ,  2010年5月
  98. Inhibition of reactive astrocytes with fluorocitrate retards neurovascular remodeling and recovery after focal cerebral ischemia in mice.
    • Hayakawa K, Nakano T, Irie K, Higuchi S, Fujioka M, Orito K, Iwasaki K, Jin G, Lo EH, Mishima K, Fujiwara M.  J Cereb Blood Flow Metab.  ,  30/4,871-882  ,  2010年4月
  99. Neuroprotective effect of repeated treatment with Hericium Erinaceum in mice subjected to middle cerebral artery occlusion
    • Hazekawa M, Kataoka A, Hayakawa K, Uchimasu T, Furuta R, Irie K, Akitake Y, Yoshida M, Fujioka T, Egashira N, Oishi R, Mishima K, Mishima K, Uchida T, Iwasaki K, Fujiwara M  J Health Sciences  ,  56/3,296-303  ,  2010年3月
  100. 抑肝散のセロトニン2A受容体を介した作用
    • 野上 愛、高崎浩太郎、岩崎克典、藤原道弘  脳21  ,  12/4,30-34  ,  2009年
  101. Cerebroprotective action of telmisartan by inhibition of macrophages/microglia expressing HMGB1 via a peroxisome proliferator-activated receptor gamma-dependent mechanism.
    • Haraguchi T, Takasaki K, Naito T, Hayakawa K, Katsurabayashi S, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M.  Neurosci Lett.  ,  464/3,151-155  ,  2009年
  102. Decreased acetylcholine release is correlated to memory impairment in the Tg2576 transgenic mouse model of Alzheimer’s disease
    • Watanabe T, Yamagata N, Takasaki K, Naitou T, Katsurabayashi,S K, Egashira N, Mishima K, Iwasaki K,Fujiwara M  Brain Res  ,  16/1249,222-228  ,  2009年
  103. Delta(9)-tetrahydrocannabinol enhances an increase of plasma corticosterone levels induced by forced swim-stress.
    • Sano K, Koushi E, Irie K, Higuchi S, Tsuchihashi R, Kinjo J, Egashira N, Oishi R, Uchida N, Nagai H, Nishimura R, Tanaka H, Morimoto S, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M.  Biol Pharm Bull.  ,  32/12,2065-2067  ,  2009年
  104. Mice lacking ganglioside GM3 synthase exhibit complete hearing loss due to selective degeneration of the organ of Corti.
    • Yoshikawa M, Go S, Takasaki K, Kakazu Y, Ohashi M, Nagafuku M, Kabayama K, Sekimoto J, Suzuki S, Takaiwa K, Kimitsuki T, Matsumoto N, Komune S, Kamei D, Saito M, Fujiwara M, Iwasaki K, Inokuchi J.  Proc Natl Acad Sci U S A  ,  106/23,9433-9438  ,  2009年
  105. Neuroprotective effects of Kangen-karyu on spatial memory impairment in an 8-arm radial maze and neuronal death in the hippocampal CA1 region induced by repeated cerebral ischemia in rats.
    • Pu F, Motohashi K, Kaneko T, Tanaka Y, Manome N, Irie K, Takata J, Egashira N, Oishi R, Okamoto T, Sei Y, Yokozawa T, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M  J Pharmacol Sci.  ,  109/3,424-430  ,  2009年
  106. New topics in vasopressin receptors and approach to novel drugs: role of the vasopressin receptor in psychological and cognitive functions
    • Egashira N, Mishima K, Iwasaki K, Oishi R, Fujiwara M  J Pharmacol Sci.  ,  109/1,44-49  ,  2009年
  107. Reduced motor and sensory functions and emotional response in GM3-only mice: emergence from early stage of life and exacerbation with aging
    • Tajima O, Egashira N, Ohmi Y, Fukue Y, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M, Inokuchi J, Sugiura Y, Furukawa K, Furukawa K.  Brain Research  ,  198/1,74-82  ,  2009年
  108. Role of vasopressin receptor in psychological and cognitive functions
    • Egashira N, Mishima K, Iwasaki K, Nakanishi H, Oishi R, Fujiwara M  日本薬理学雑誌  ,  134/1,3-7  ,  2009年
  109. Yokukansan inhibits social isolation-induced aggression and methamphetamine-induced hyperlocomotion in rodents
    • Uchida N, Egashira N, Iwasaki K, Ishibashi A, Tashiro R, Nogami A, Manome N, Abe M, Takasaki K, Mishima K, Takata J, Oishi R, Nishimura R, Fujiwara M.  Biol Pharm Bull.  ,  32/3,372-375  ,  2009年
  110. Therapeutic time window of cannabidiol treatment on delayed ischemic damage via high-mobility group box1-inhibiting mechanism.
    • Hayakawa K, Irie K, Sano K, Watanabe T, Higuchi S, Enoki M, Nakano T, Harada K, Ishikane S, Ikeda T, Fujioka M, Orito K, Iwasaki K, Mishima K, Fujiwara M.  Biol Pharm Bull  ,  32/9,1538-1544  ,  2009年9月
  111. Allogeneic Injection of Fetal Membrane-Derived Mesenchymal Stem Cells Induces Therapeutic Angiogenesis in a Rat Model of Hindlimb Ischemia.
    • Ishikane S, Ohnishi S, Yamahara K, Sada M, Harada K, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M, Kitamura S, Nagaya N, Ikeda T.  Stem Cells  ,  26/10,2625-2633  ,  2008年
  112. Aripiprazole inhibits marble-burying behavior via 5-hydroxytryptamine (5-HT)1A receptor-independent mechanisms.
    • Egashira N, Okuno R, Matsushita M, Abe M, Mishima K, Iwasaki K, Nishimura R, Oishi R, Fujiwara M.  Eur J Pharmacol  ,  592/1-3,103-108  ,  2008年
  113. Calcium-channel antagonists inhibit marble-burying behavior in mice.
    • Egashira N, Okuno R, Abe M, Matsushita M, Mishima K, Iwasaki K, Oishi R, Nishimura R, Matsumoto Y, Fujiwara M.  J Pharmacol Sci  ,  108/1,140-143  ,  2008年
  114. Cannabidiol prevents a post-ischemic injury progressively induced by cerebral ischemia via a high-mobility group box1-inhibiting mechanism.
    • Hayakawa K, Mishima K, Irie K, Hazekawa M, Mishima S, Fujioka M, Orito K, Egashira N, Katsurabayashi S, Takasaki K, Iwasaki K, Fujiwara M.  Neuropharmacology  ,  55/8,103-108  ,  2008年
  115. Delayed treatment with minocycline ameliorates neurologic impairment through activated microglia expressing a high-mobility group box1-inhibiting mechanism.
    • Hayakawa K, Mishima K, Nozako M, Hazekawa M, Mishima S, Fujioka M, Orito K, Egashira N, Iwasaki K, Fujiwara M.  Stroke  ,  39/3,951-958  ,  2008年
  116. Delta(9)-tetrahydrocannabinol prolongs the immobility time in the mouse forced swim test: involvement of cannabinoid CB(1) receptor and serotonergic system.
    • Egashira N, Matsuda T, Koushi E, Higashihara F, Mishima K, Chidori S, Hasebe N, Iwasaki K, Nishimura R, Oishi R, Fujiwara M.  Eur J Pharmacol  ,  589/1-3,117-121  ,  2008年
  117. Effects of glutamate-related drugs on marble-burying behavior in mice: implications for obsessive-compulsive disorder.
    • Egashira N, Okuno R, Harada S, Matsushita M, Mishima K, Iwasaki K, Nishimura R, Oishi R, Fujiwara M.  Eur J Pharmacol  ,  586/1-3,164-170  ,  2008年
  118. Repeated administration of Yokukansan inhibits DOI-induced head-twitch response and decreases expression of 5-hydroxytryptamine (5-HT)2A receptors in the prefrontal cortex.
    • Egashira N, Iwasaki K, Ishibashi A, Hayakawa K, Okuno R, Abe M, Uchida N, Mishima K, Takasaki K, Nishimura R, Oishi R, Fujiwara M.  Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry  ,  32/6,1516-1520  ,  2008年
  119. Schizandrin reverses memory impairment in rats.
    • Egashira N, Kurauchi K, Iwasaki K, Mishima K, Orito K, Oishi R, Fujiwara M.  Phytother Res.  ,  22/1,49-52  ,  2008年
  120. Spatial memory impairment without apoptosis induced by the combination of beta-amyloid oligomers and cerebral ischemia is related to decreased acetylcholine release in rats.
    • Watanabe T, Iwasaki K, Ishikane S, Naitou T, Yoshimitsu Y, Yamagata N, Ozdemir MB, Takasaki K, Egashira N, Mishima K, Fujiwara M  J Pharmacol Sci.  ,  106/1,84-91  ,  2008年
  121. Theanine prevents memory impairment induced by repeated cerebral ischemia in rats.
    • Egashira N, Ishigami N, Pu F, Mishima K, Iwasaki K, Orito K, Oishi R, Fujiwara M.  Phytother Res.  ,  22/1,65-68  ,  2008年
  122. 2,5-Dimethoxy-4-iodoamphetamine (DOI) inhibits Delta9-tetrahydrocannabinol-induced catalepsy-like immobilization in mice.
    • Egashira N, Koushi E, Mishima K, Iwasaki K, Oishi R, Fujiwara M.  J Pharmacol Sci.  ,  105/4,361-366  ,  2007年
  123. Cannabidiol potentiates pharmacological effects of Delta(9)-tetrahydrocannabinol via CB(1) receptor-dependent mechanism.
    • Hayakawa K, Mishima K, Hazekawa M, Sano K, Irie K, Orito K, Egawa T, Kitamura Y, Uchida N, Nishimura R, Egashira N, Iwasaki K, Fujiwara M.  Brain Res.  ,  1188/,157-164  ,  2007年
  124. Comparison of Single- and Repeated-Ischemia-Induced Changes in Expression of Flip and Flop Splice Variants of AMPA Receptor Subtypes GluR1 and GluR2 in the Rats Hippocampus CA1 Subregion.
    • Hatip-Al-Khatib I, Iwasaki K, Egashira N, Ishibashi D, Mishima K, Fujiwara M.  J Pharmacol Sci.  ,  103/1,83-91  ,  2007年
  125. Delayed treatment with cannabidiol has a cerebroprotective action via a cannabinoid receptor-independent myeloperoxidase-inhibiting mechanism.
    • Hayakawa K, Mishima K, Nozako M, Hazekawa M, Irie K, Fujioka M, Orito K, Abe K, Hasebe N, Egashira N, Iwasaki K, Fujiwara M.  J Neurochem.  ,  102/5,1488-1496  ,  2007年
  126. Delta(9)-tetrahydrocannabinol (Delta(9)-THC) prevents cerebral infarction via hypothalamic-independent hypothermia.
    • Hayakawa K, Mishima K, Nozako M, Hazekawa M, Ogata A, Fujioka M, Harada K, Mishima S, Orito K, Egashira N, Iwasaki K, Fujiwara M.  Life Sci.  ,  80/,1466-1471  ,  2007年
  127. Delta9-Tetrahydrocannabinol-induced cognitive deficits are reversed by olanzapine but not haloperidol in rats.
    • Egashira N, Ishigami N, Mishima K, Iwasaki K, Oishi R, Fujiwara M.  Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry.  ,  32/2,499-506  ,  2007年
  128. Effect of Toki-Shakuyaku-San on acetylcholine level and blood flow in dorsal hippocampus of intact and twice-repeated ischemic rats.
    • Hatip-Al-Khatib I, Hatip FB, Yoshimitsu Y, Iwasaki K, Egashira N, Liu AX, Mishima K, Fujiwara M.  Phytother Res.  ,  21/3,291-294  ,  2007年
  129. Effect of Toki-shakuyaku-san on acetylcholine level and blood flow in dorsal hippocampus of intact and twice-repeated ischemic rats.
    • Hatip-Al-Khatib I, Hatip FB, Yoshimitsu Y, Iwasaki K, Egashira N, Liu AX, Mishima K, Fujiwara M.  Phytother Res.  ,  21/3,291-294  ,  2007年
  130. High-cholesterol feeding aggravates cerebral infarction via decreasing the CB(1) receptor.
    • Hayakawa K, Mishima K, Nozako M, Hazekawa M, Aoyama Y, Ogata A, Harada K, Fujioka M, Abe K, Egashira N, Iwasaki K, Fujiwara M.  Neurosci Lett.  ,  414/,183-187  ,  2007年
  131. Impaired social interaction and reduced anxiety-related behavior in vasopressin V1a receptor knockout mice.
    • Egashira N, Tanoue A, Matsuda T, Koushi E, Harada S, Takano Y, Tsujimoto G, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M.  Behav Brain Res.  ,  78/,123-127  ,  2007年
  132. Involvement of GABA(A) receptors in the neuroprotective effect of theanine on focal cerebral ischemia in mice.
    • Egashira N, Hayakawa K, Osajima M, Mishima K, Iwasaki K, Oishi R, Fujiwara M.  J Pharmacol Sci.  ,  105/2,211-214  ,  2007年
  133. Involvement of the sigma-1 receptor in inhibiting activity of fluvoxamine on marble-burying behavior: Comparison with paroxetine.
    • Egashira N, Harada S, Okuno R, Matsushita M, Nishimura R, Mishima K, Iwasaki K, Orito K, Fujiwara M.  Eur J Pharmacol.  ,  563/1-3,149-154  ,  2007年
  134. Kamikihi-to, a Kampo medicine, Ameliorates impairment of spatial memory in rats.
    • Egashira N, Manome N, Kurauchi K, Matsumoto Y, Iwasaki K, Mishima K, Shoyama Y, Fujiwara M.  Phytother Res.  ,  21/,126-129  ,  2007年
  135. Neuroprotective Effects of Quercetin and Rutin on Spatial Memory Impairment in an 8-Arm Radial Maze Task and Neuronal Death Induced by Repeated Cerebral Ischemia in Rats.
    • Pu F, Mishima K, Irie K, Motohashi K, Tanaka Y, Orito K, Egawa T, Kitamura Y, Egashira N, Iwasaki K, Fujiwara M.  J Pharmacol Sci.  ,  104/4,329-334  ,  2007年
  136. Nilvadipine prevents the impairment of spatial memory induced by cerebral ischemia combined with be-ta-anyloid in rats
    • Iwasaki,K., Egashira,N., Takagaki,Y., Yoshimitsu,Y., Hatip-Al-Khatib,I., Mishima,K., Fujiwara,M.  Biol.Pharm.Bull.  ,  30/4,698-701  ,  2007年
  137. Protective effects of carotenoids from saffron on neuronal injury in vitro and in vivo.
    • Ochiai T, Shimeno H, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M, Tanaka H, Shoyama Y, Toda A, Eyanagi R, Soeda S.  Biochim Biophys Acta.  ,  1770/4,578-584  ,  2007年
  138. Repeated treatment with cannabidiol but not Delta(9)-tetrahydrocannabinol has a neuroprotective effect without the development of tolerance.
    • Hayakawa K, Mishima K, Nozako M, Ogata A, Hazekawa M, Liu AX, Fujioka M, Abe K, Hasebe N, Egashira N, Iwasaki K, Fujiwara M.  Neuropharmacology  ,  52/4,1079-1087  ,  2007年
  139. バソプレッシン受容体欠損マウスの精神疾患モデルとしての解析
    • 江頭伸昭,田上昭人,辻本豪三,三島健一,高野行夫,岩崎克典,藤原道弘  日本神経精神薬理学雑誌  ,  26/,101-105  ,  2006年
  140. バソプレッシン受容体欠損マウスの統合失調症モデルとしての可能性
    • 江頭伸昭,田上昭人,辻本豪三,高野行夫,三島健一,岩崎克典,西村良二,藤原道弘  脳と精神の医学  ,  17/2,163-168  ,  2006年
  141. 強制水泳試験における大麻成分THCの不動時間延長作用に関する研究:カンナビノイドCB1受容体の関与
    • 千鳥正三,江頭伸昭,松田智美,合志英美,永井宏,松下満彦,内田直樹,三島健一,岩崎克典,藤原道弘,西村良二  福岡大学医学紀要  ,  33/3,197-201  ,  2006年
  142. 強迫性障害の動物モデルであるMarble-burying行動の基礎的研究
    • 松下満彦, 江頭伸昭,原田聡子,奥野良子,永井宏,千鳥正三,三島健一,岩崎克典,藤原道弘,西村良二.  福岡大学医学紀  ,  32/4,159-165  ,  2006年
  143. 自然発症2型糖尿病モデルラットに対するココナッツ酵素製剤の抗糖尿病作用
    • 江頭伸昭,淵上裕子,高垣裕紀,西田 翔,吉田 都,藤岡稔大,三島健一,岩崎克典,中村陽介,持田 肇,藤原道弘  機能性食品と薬理栄養  ,  3/,285-290  ,  2006年
  144. 若齢期における大麻成分慢性投与による情報処理障害の発現 —若齢マウスを用いたPrepulse inhibitionの検討—
    • 永井宏,江頭伸昭,佐野和憲,緒方 歩,水木 愛,三島健一,岩崎克典,藤原道弘,西村良二  福岡大学医学紀要  ,  33/1,53-61  ,  2006年
  145. 若齢期における大麻成分慢性投与による情報処理障害の発現-若齢マウスを用いたPrepulse inhibitionの検討-
    • 永井宏,江頭伸昭,佐野和憲,緒方 歩,水木 愛,三島健一,岩崎克典,藤原道弘,西村良二  福岡大学医学紀要  ,  33/,53-61  ,  2006年
  146. Antagonistic effects of methanolic extract of a telephioides on morphine responses in mice.
    • Egashira N, Li JC, Mizuki A, Yamauchi K, Matsuda T, Osajima M, Matsushita M, Mishima K, Iwasaki K, Hara S, Ono N, Nishimura R, Nohara T, Fujiwara M.  J Ethnopharmacol.  ,  104/1-2,193-198  ,  2006年
  147. Antipsychotics improve Delta(9)-tetrahydrocannabinol-induced impairment of the prepulse inhibition of the startle reflex in mice.
    • Nagai H, Egashira N, Sano K, Ogata A, Mizuki A, Mishima K, Iwasaki K, Shoyama Y, Nishimura R, Fujiwara M.  Pharmacol Biochem Behav.  ,  83/,330-336  ,  2006年
  148. Cerebral ischemia combined with beta-amyloid impairs spatial memory in the eight-arm radial maze task in rats.
    • Iwasaki K, Egashira N, Hatip-Al-Khatib I, Akiyoshi Y, Arai T, Takagaki Y, Watanabe T, Mishima K, Fujiwara M.  Brain Res.  ,  1097/1,216-223  ,  2006年
  149. Cortical Neuronal and Glial Pathology in TgTauP301L Transgenic Mice: Neuronal Degeneration, Memory Disturbance, and Phenotypic Variation
    • Murakami T, Paitel E, Kawarabayashi T, Ikeda M, Chishti MA, Janus C, Matsubara E, Sasaki A, Kawarai T, Phinney AL, Harigaya Y, Horne P, Egashira N, Mishima K, Hanna A, Yang J, Iwasaki K, Takahashi M, Fujiwara M, Ishiguro K, Bergeron C, Carlson GA, Abe K, Westaway D, George-Hyslop P, Shoji M.  Am J Pathol  ,  169/4,1365-1375  ,  2006年
  150. Differential effects of buckwheat and kudingcha extract on neuronal damage in cultured hippocampal neurons and spatial memory impairment induced by scopolamine in an eight-arm radial maze.
    • Fengling Pu, Kenichi Mishima, Keiichi Irie, Nobuaki Egashira, Daisuku Ishibashi, Yoshiaki Matsumoto, Tomoaki Ikeda, Katsunori Iwasaki, Hajime Fujii, Kenichi Kosuna, Michihiro Fujiwara  J Health Science  ,  51/,636-644  ,  2006年
  151. Effects of mood stabilizers on the disruption of prepulse inhibition induced by apomorphine or dizocilpine in mice.
    • Umeda K, Suemaru K, Todo N, Egashira N, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M, Araki H.  Eur J Pharmacol.  ,  553/1-3,157-162  ,  2006年
  152. Elevated anxiety-like and depressive behavior in Desert hedgehog knockout male mice.
    • Umehara F, Mishima K, Egashira N, Ogata A, Iwasaki K, Fujiwara M.  Behav Brain Res.  ,  174/1,167-173  ,  2006年
  153. Investigation of mechanisms mediating 8-OH-DPAT-induced impairment of spatial memory: Involvement of 5-HT(1A) receptors in the dorsal hippocampus in rats.
    • Egashira,N., Yano,A., Ishigami,N., Mishima,K., Iwasaki,K., Matsushita,M., Nishimura,R., Fujiwara,M.  Brain Res.  ,  1069/1,54-62  ,  2006年
  154. Involvement of 5-HT1A Receptor in Marble-Burying Behavior as an Animal Model of Obsessive-Compulsive Disorder
    • 松下満彦 江頭伸昭 原田聡子 奥野良子 永井宏 千鳥正三 内田直樹 三島健一 岩崎克典 藤原道弘 西村良二  福岡大学医学紀要  ,  33/3,191-195  ,  2006年
  155. Involvement of 5-hydroxytryptamine1A receptors in Delta9-tetrahydrocannabinol-induced catalepsy-like immobilization in mice.
    • Egashira N, Matsuda T, Koushi E, Mishima K, Iwasaki K, Shoyama Y, Fujiwara M.  Eur J Pharmacol.  ,  550/1-3,117-122  ,  2006年
  156. Low dose citalopram reverses memory impairment and electroconvulsive shock-induced immobilization.
    • Egashira N, Matsumoto Y, Mishima K, Iwasaki K, Fujioka M, Matsushita M, Shoyama Y, Nishimura R, Fujiwara M.  Pharmacol Biochem Behav.  ,  83/1,161-167  ,  2006年
  157. Rehabilitative training tasks improve spatial learning impairment in the water maze following hypoxic-ischemic insult in neonatal rats.
    • Ikeda,T., Mishima,K., Aoo,N., Harada,K., Liu,AX.,Egashira,N., Iwasaki,K., Fujiwara,M., Ikenoue,T.  Pediatr Res.  ,  59/1,61-65  ,  2006年
  158. 自然発症2型糖尿病モデルラットに対するココナッツ酵素製剤の抗糖尿病作用
    • 江頭伸昭, 溝上裕子, 高垣祐紀, 西田翔, 吉田都, 藤岡稔大, 三島健一, 岩崎克典, 中村陽介, 持田肇, 藤原道弘.  機能性食品と薬理栄養  ,  3/4,285-290  ,  2006年6月
  159. バソプレッシン受容体欠損マウスの統合失調症モデルとしての可能性
    • 江頭伸昭,三島健一,岩崎克典,西村良二,藤原道弘  脳と精神の医学  ,  17/2,163-168  ,  2006年6月
  160. 強迫性障害の動物モデルであるMarble-burying行動の基礎的研究
    • 松下満彦,江頭伸昭,原田聡子,奥野良子,永井宏,千鳥正三,三島健一,岩崎克典,藤原道弘,西村良二  福岡大学医学紀要  ,  32/4,159-165  ,  2005年
  161. 脳虚血とβ-アミロイド投与による新しいアルツハイマー病モデル動物の作成とニルバジピンの有効性
    • 岩崎克典, 江頭伸昭, 秋吉祐樹, 高垣祐紀, 新井 隆, 三島健一, 藤原道弘  Pharma Medica  ,  23/,143-155  ,  2005年
  162. Altered depression-related behavior and neurochemical changes in serotonergic neurons in mutant R406W human tau transgenic mice
    • Nobuaki EGASHIRA, Katsunori IWASAKI, Akihiko TAKASHIMA, Takuya WATANABE, Hideyuki KAWABE, Tomomi MATSUDA, Kenichi MISHIMA, Shozo CHIDORI, Ryoji NISHIMURA, Michihiro FUJIWARA  Brain Res.  ,  1059/,7-12  ,  2005年
  163. Cannabidiol prevents cerebral infarction via a serotonergic 5-hydroxytryptamine1A receptor-dependent mechanism
    • Kenichi MISHIMA, Kazuhide HAYAKAWA, Kouji ABE, Tomoaki IKEDA, Nobuaki EGASHIRA, Katsunori IWASAKI, Michihiro FUJIWARA  Stroke  ,  36/,1071-1076  ,  2005年
  164. Dexamethasone prevents long-lasting learning impairment following a combination of lipopolysaccharide and hypoxia-ischemia in neonatal rats
    • Tomoaki IKEDA, Kenichi MISHIMA, Naoya AOO, AX LIU, Nobuaki EGASHIRA, Katsunori IWASAKI, Michihiro FUJIWARA, Tsuyomu IKENOUE  Am. J. Obstet. Gynecol.  ,  192/,719-726  ,  2005年
  165. Disruption of the prepulse inhibition of the startle reflex in vasopressin V1b receptor knockout mice: reversal by antipsychotic drugs
    • Nobuaki EGASHIRA, Akito TANOUE, Fuminori HIGASHIHARA, Hiroko FUCHIGAMI, Kazunori SANO, Kenichi MISHIMA, Yoshihiko FUKUE, Hiroshi NAGAI, Yukio TAKANO, Gozoh TSUJIMOTO, Jeanne STEMMELIN, Guy GRIEBEL, Katsunori IWASAKI, Tomoaki IKEDA, Ryoji NISHIMURA, Michihiro FUJIWARA  Neuropsychopharmacology  ,  30/,1996-2005  ,  2005年
  166. Effect of oral administration of zanapezil (TAK-147) for 21 days on acetylcholine and monoamines levels in the ventral hippocampus of freely moving rats
    • Izzettin HATIP-AL-KHATIB, Katsunori IWASAKI, Yoshimitsu YOSHITAKA, Takashi ARAI, Nobuaki EGASHIRA, Kenichi MISHIMA, Tomoaki IKEDA, Michihiro FUJIWARA  Br. J. Pharmacol.  ,  145/,1035-1044  ,  2005年
  167. Hypoxia-ischemic insult in neonatal rats induced slowly progressive brain damage related to memory impairment
    • Kenichi MISHIMA, Tomoaki IKEDA, Naoya AOO, Nobuhiko TAKAI, Sentaro TAKAHASHI, Nobuaki EGASHIRA, Tsuyomu IKENOUE, Katsunori IWASAKI, Michihiro FUJIWARA  Neurosci. Lett.  ,  376/,194-199  ,  2005年
  168. Implantation of encapsulated glial cell line-derived neurotrophic factor-secreting cells prevents long-lasting learning impairment following neonatal hypoxic-ischemic brain insult in rats
    • Shinji KATSURAGI, Tomoaki IKEDA, Isao DATE, Tetsuro SHINGO, Takao YASUHARA, Kenichi MISHIMA, Naoya AOO, Kazuhiko HARADA, Nobuaki EGASHIRA, Katsunori IWASAKI, Michihiro FUJIWARA, Tsuyomu IKENOUE  Am. J. Obstet. Gynecol.  ,  192/,1028-1037  ,  2005年
  169. Perospirone, a novel antipsychotic drug, inhibits marble-burying behavior via 5-HT1A receptor in mice: implications for obsessive-compulsive disorder
    • Michihiko MATSUSHITA, Nobuaki EGASHIRA, Satoko HARADA, Ryoko OKUNO, Kenichi MISHIMA, Katsunori IWASAKI, Ryoji NISHIMURA, Michihiro FUJIWARA  J. Pharmacol. Sci.  ,  99/,154-159  ,  2005年
  170. Post-ischemic treatment with Toki-shakuyaku-san (Tang-Gui-Shao-Yao-San) prevents the impairment of spatial memory induced by repeated cerebral ischemia in rats
    • Fengling PU, Kenichi MISHIMA, Nobuaki EGASHIRA, Yuki AKIYOSHI, An-Xin LIU, Kazunori SANO, Keiichi IRIE, Daisuke ISHIBASHI, Izzettin HATIP-AL-KHATIB, Kiyo IWASAKI, Kouji KURAUCHI, Katsunori IWASAKI, Michihiro FUJIWARA  Am. J. Chin. Med.  ,  33/,475-489  ,  2005年
  171. Protective effect of Toki-shakuyaku-san on amyloid s25-35-induced neuronal damage in cultured rat cortical neurons
    • Nobuaki EGASHIRA, Katsunori IWASAKI, Yuki AKIYOSHI, Yuki TAKAGAKI, Izzettin HATIP-AL-KHATIB, Kenichi MISHIMA, Kouji KURAUCHI, Tomoaki IKEDA, Michihiro FUJIWARA  Phytother. Res.  ,  19/,450-453  ,  2005年
  172. Short-term administration of a new free radical scavenger, edaravone, is more effective than its long-term administration for the treatment of neonatal hypoxic-ischemic encephalopathy
    • Jasmin I. NOOR, Tomoaki IKEDA, Kenichi MISHIMA, Naoya AOO, Sumie OHTA, Nobuaki EGASHIRA, Katsunori IWASAKI, Michihiro FUJIWARA, Tsuyomu IKENOUE  Stroke  ,  36/,2468-2474  ,  2005年
  173. 生物学的精神医学研究の現状と展望(4) 薬学部との共同による精神行動薬理学的研究ー福岡大学における取り組みを中心に
    • 永井 宏,松下満彦,江頭伸昭,尾籠晃司,藤原道弘,西村良二  脳と精神の医学  ,  15/,461-466  ,  2005年
  174. 脳虚血による記憶障害の発生機序とCa拮抗薬
    • 岩崎克典、藤原道弘  医報フジ  ,  125/,23-27  ,  2004年
  175. 脳血管性痴呆症の治療薬としてのCa拮抗薬の可能性について
    • 岩崎克典、三島健一、江頭伸昭、藤原道弘  福岡大学薬学集報  ,  4/,61-67  ,  2004年
  176. Anandamide inhibits the DOI-induced head-twitch response in mice.
    • Egashira N, Mishima K, Uchida T, Hasebe N, Nagai H, Mizuki A, Iwasaki K, Ishii H, Nishimura R, Shoyama Y, Fujiwara M  Psychopharmacology  ,  171/,382-389  ,  2004年
  177. Anandamide inhibits the DOI-induced head-twitch response in mice.
    • Egashira N, Mishima K, Uchida T, Hasebe N, Nagai H, Mizuki A, Iwasaki K, Ishii H, Nishimura R, Shoyama Y, Fujiwara M.  Psychopharmacology (Berl)  ,  171/,382-389  ,  2004年
  178. Cannabidiol prevents infarction via the non-CB1 cannabinoid receptor mechanism.
    • Hayakawa K, Mishima K, Abe K, Hasebe N, Takamatsu F, Yasuda H, Ikeda T, Inui K, Egashira N, Iwasaki K, Fujiwara M  Neuroreport  ,  15/,2381-2385  ,  2004年
  179. Characteristics of behavioral abnormalities in α1d-adrenoceptors deficient mice.
    • Mishima K,. Tanoue, M. Tsuda, N. Hasebe, Y. Fukue, Egashira N, Y. Takano, H. Kamiya, G. Tsujimoto, Iwasaki K, Fujiwara M  Behav Brain Res  ,  152/,365-373  ,  2004年
  180. Combination treatment of neonatal rats with hypoxia-ischemia and endotoxin induces long-lasting memory and learning impairment that is associated with extended cerebral damage
    • Tomoaki IKEDA, Kenichi MISHIMA, Naoya AOO, Nobuaki EGASHIRA, Katsunori IWASAKI, Michihiro FUJIWARA, Tsuyomu IKENOUE  Am. J. Obstet. Gynecol.  ,  191/,2132-2141  ,  2004年
  181. Comparison of the effect of TAK-147 (zanapezil) and E-2020 (donepezil) on extracellular acetylcholine level and blood flow in the ventral hippocampus of freely moving rats.
    • Hatip-Al-Khatib I, Arai T, Egashira N, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M  Brain Res  ,  25/1012(1-2),169-176  ,  2004年
  182. Determination of the effectiveness of components of herbal medicine Toki-Shakuyaku-San and fractions of Angelica acutiloba in improving the Scopolamine-induced impairment of rat’s spatial cognition in 8-armed radial maze test.
    • Hatip-Al-Khatib I, Egashira N, Mishima K, Iwasaki K, Iwasaki K, Kurauchi K, Inui K, Ikeda T, Fujiwara M  J Pharmacol Sci  ,  96/,33-41  ,  2004年
  183. Effects of hypothermia and hyperthermia on attentional and spatial learning deficits following neonatal hypoxia-ischemic insult in rats.
    • Mishima K, Ikeda T, Yoshikawa T, Aoo N, Egashira N, Xia YX, Ikenoue T, Iwasaki K, Fujiwara M  Behav Brain Res  ,  151/,365-373  ,  2004年
  184. Inhibition of poly (ADP-ribose) polymerase and caspase-3, but not caspase-1, prevents apoptosis and improves spatial memory of rats with twice-repeated cerebral ischemia.
    • Hatip-Al-Khatib I, Iwasaki K, Chung E-H, Egashira N, Mishima K, Fujiwara M  Life Sci.  ,  75/,1967-1978  ,  2004年
  185. Inhibition of sphingomyelinase activity helps to prenvent neuron death caused by ischemic stress.
    • Shinji Soeda, Yoshiaki Tsuji, Takashi Ochiai, Kenichi Mishima, Katsunori Iwasaki, Michihiro Fujiwara, Tsutomu Yokomatsu, Tetsuo Murano, Shiroshi Shibuya, Hiroshi Shimeno  Neurochem., Int.  ,  45/,619-626  ,  2004年
  186. Neuroprotective effect of γ-glutamylethylamide (theanine) on cerebral infarction in mice.
    • Egashira N, Hayakawa K, Mishima K, Kimura H, Iwasaki K, Fujiwara M  Neurosci Lett  ,  363/,58-61  ,  2004年
  187. New perspectives in the studies on endocannabinoid and cannabis: abnormal behaviors associate with CB1 cannabinoid receptor and development of therapeutic application
    • Michihiro FUJIWARA, Nobuaki EGASHIRA  J. Pharmacol. Sci.  ,  96/,362-366  ,  2004年
  188. Non-NMDA mechanism in the inhibition of cellular apoptosis and memory impairment induced by repeated ischemia in rats.
    • Iwasaki K, Chung E-H, Egashira N, Hatip-Al-Khatib I, Mishima K, Egawa T, Irie K, Fujiwara M  Brain Res.  ,  995/,131-139  ,  2004年
  189. Ovariectomy combined with amyloid β1-42 impairs memory by decreasing acetylcholine release and α7-nAChR expression without induction of apoptosis in the hippocampus CA1 neurons of rats.
    • Katsunori Iwasaki, Izzettin Hatip-Al-Khatib, Nobuaki Egashira, Yuki Akiyoshi, Takashi Arai, Kenichi Mishima , Yuki Takagaki, Keiichiro Inui and Michihiro Fujiwara  Neurotoxcity Research  ,  6/4,299-310  ,  2004年
  190. Protection by buckwheat polyphenols of cell death induced by glutamate and kainite in cultured hippocampal neurons.
    • Pu F, Mishima K, Irie K, Egashira N, Iwasaki K, Ikeda T, Fujii H, Kosuna K, Fujiwara M  J Trad Med  ,  21/,143-146  ,  2004年
  191. Protective effect of buckwheat polyphenols on long-lasting impairment of spatial memory associated with hippocampal neuronal damage in rats subjected to repeated cerebral ischemia.
    • Pu F, Mishima K, Egashira N, Iwasaki K, Kaneko T, Uchida T, Irie K, Ishibashi D, Fujii H, Kosuna K, Fujiwara M  J Pharmacol Sci  ,  94/,393-402  ,  2004年
  192. The serotonin1A receptor agonist 8-OH DPAT reverses △9-tetrahydrocannabinol-induced impairment of spatial memory and reduction of acetylcholine release in the dorsal hippocampus in rats.
    • Inui K, Egashira N, Mishima K, Yano A, Matsumoto Y, Hasebe N, Abe K, Ikeda T, Iwasaki K, Fujiwara M  Neurotoxicity Res  ,  6/,153-158  ,  2004年
  193. V1a receptor knockout mice exhibit impairment of spatial memory in an eight-arm radial maze.
    • Egashira N, Tanoue A, Higashihara F, Mishima K, Fukue Y, Takano Y, Tsujimoto G, Iwasaki K, Fujiwara M  Neurosci Lett  ,  356/,195-198  ,  2004年
  194. A synthetic ceramide analog ameliorates spatial cognition deficit and stimulates biosynthesis of brain gangliosides in rats with cerebral ischemia
    • Yamagishi K, Mishima K, Ohgami Y, Iwasaki K, Jimbo M, Masuda H, Igarashi Y, Inokuchi J, Fujiwara M  Eur. J. Pharmacol.  ,  462/,53-60  ,  2003年
  195. Ameliorative effect of NC-1900, a new AVP4-9 analog, through vasopressin V1A receptor on scopolamine-induced impairments of spatial memory in the 8-arm radial maze
    • Mishima K, Tsukikawa H, Miura I, Inada K, Abe K, Matsumoto Y, Egashira N, Iwasaki K, Fujiwara M  Neuropharmacology  ,  44/,541-552  ,  2003年
  196. Effect of nilvadipine on the cerebral ischemia-induced impairment of spatial memory and hippocampal apoptosis in rats
    • Iwasaki K, Mishima K, Egashira N, Hatip Al-khatib I, Ishibashi D, Irie K, Kobayashi H, Egawa T, Fujiwara M  J. Pharmacol. Sci.  ,  93/,188-196  ,  2003年
  197. How does prolonged caloric restriction ameliorate age-related impairment of long-term potentiation in the hippocampus?
    • Okada M, Nakanishi H, Amamoto T, Urae R, Ando S, Yazawa K, Iwasaki K, Fujiwara M  Brain Res. Mol. Brain Res.  ,  111/,175-181  ,  2003年
  198. Local administration of glial cell line-derived neurotrophic factor improves behavioral and histological deficit of neonatal Erbs palsy in rats
    • Ochiai H, Ikeda T, Mishima K, Aoo N, Iwasaki K, Fujiwara M, Nakano S, Ikenoue T, Wakisaka S  Neurosurgery  ,  53/,973-978  ,  2003年
  199. Osteopetrosis and thalamic hypomyelinosis with synaptic degeneration in DAP12-deficient mice
    • Kaifu T, Nakahara J, Inui M, Mishima K, Momiyama T, Kaji M, Sugahara A, Koito H, Ujike-Asai A, Nakamura A, Kanazawa K, Tan-Takeuchi K, Iwasaki K, Yokoyama WM, Kudo A, Fujiwara M, Asou H, Takai T  J. Clin. Invest.  ,  111/,323-332  ,  2003年
  200. Post-ischemic administration but not pre-ischemic administration of NG-nitro-L-arginine prevents spatial memory impairments and apoptosis by an inhibition of a delayed increase in NOx- in the hippocampus following repeated cerebral ischemia
    • Mishima K, Pu F, Kaneko T, Egashira N, Iwasaki K, Fujiwara M  Neuropharmacology  ,  44/,533-540  ,  2003年
  201. Vitamin E isoforms α-tocotrienol and γ-tocopherol prevent cerebral infarction in mice
    • Mishima K, Tanaka T, Pu F, Egashira N, Iwasaki K, Hidaka R, Matsunaga K, Takata J, Karube Y, Fujiwara M  Neurosci. Lett.  ,  337/,56-60  ,  2003年
  202. Dexamethasone prevents lomg-lasting learning impairment following neonatal hypoxic-ischemic brain insult in rats
    •   Behavioral Brain Research  ,  /,136,161-170  ,  2002年
  203. Intracerebral microinjections of Δ9-tetrahydrocannabinol : search for the impairment of spatial memory in the eight-arm radial maze in rats
    •   Brain Research  ,  /,952,239-245  ,  2002年
  204. Involvement of 5-hydroxytryptamine neuronal system in delta9-tetrahydorocannabinol-induced impairment of spatial memory.
    •   Eur. J. Pharmacol.  ,  445/3,221-229  ,  2002年
  205. Involvement of bcl-family expression in the spatial memory impairment induced by repeated ischemia
    •   Life Sciences  ,  /,72,621-629  ,  2002年
  206. Repeated cerebral ischemia induced hippocampal cell death and impairments of spatial cognition in the rat
    • Chung E-H, Iwasaki K, Mishima K, Egashira N, Fujiwara M  Life Sciences  ,  /,72,609-619  ,  2002年
  207. Tau filament formation associative memory deficit in aged mice expressing mutant (R406W) human tau
    •   Proc. Natl. Acad. Sci.  ,  /,99,13896-13901  ,  2002年
  208. ラットの筋力評価新システム
    • 松本禎明,大庭優子,三島健一,江川 孝,藏内浩二,北村佳久,岩崎克典,藤原道弘  九州女子大学紀要  ,  38/,39-50  ,  2002年
  209. 繰り返し脳虚血による空間認知障害の発生機序:脳血管性痴呆症の動物モデルとしての応用
    • 岩崎克典、藤原道弘  脳機能の解明―生命科学の主潮流―  ,  /,239-246  ,  2002年
  210. A new system to detect muscle tone in rats
    •   Bulletin of Kyushu Women's University  ,  38/2/4,39-50  ,  2002年
  211. Behavioral and histochemical studies in repeated cerebral ischemia in rats
    • Iwasaki K, Fujiwara M  Advances in Behavioral Biology  ,  /,53,265-268  ,  2002年
  212. Development of a novel experimental rat model for neonatal pre-ganglionic upper brachial plexus injury
    • Ochiai H, Ikeda T, Mishima K, Yoshikawa T, Aoo N, Iwasaki K, Fujiwara M, Ikenoue T, Nakano S, Wakisaka S  J. Neurosci. Methods  ,  119/,51-57  ,  2002年
  213. Dexamethasone prevents long-lasting learning impairment following neonatal hypoxic-ischemic brain insult in rats
    • Ikeda T, Mishima K, Yoshikawa T, Iwasaki K, Fujiwara M, Xia YX, Ikenoue T  Behav. Brain Res.  ,  136/,161-170  ,  2002年
  214. Hypoxia enhances β-amyloid-induced apoptosis in rat cultured hippocampal neurons
    • Egashira N, Iwasaki K, Ishibashi M, Hatip-Al-Khatib I, Wolozin B, Mishima K, Irie K, Fujiwara M  Jpn. J. Pharmacol.  ,  90/,321-327  ,  2002年
  215. Impairment of spatial memory in kaolin-induced hydrocephalic rats is associated with changes in the hippocampal cholinergic and noradrenergic contents
    • Egawa T, Mishima K, Egashira N, Fukuzawa M, Abe K, Yae T, Iwasaki K, Fujiwara M  Behav. Brain Res.  ,  129/,31-39  ,  2002年
  216. Intracerebral microinjections of Δ9-tetrahydrocannabinol: search for the impairment of spatial memory in the 8-arm radial maze in rats
    • Egashira N, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M  Brain Res.  ,  952/,239-245  ,  2002年
  217. Involvement of 5-hydroxytryptamine neuronal system in Δ9-tetrahydrocannabinol-induced impairment of spatial memory
    • Egashira N, Mishima K, Katsurabayashi S, Yoshitake T, Matsumoto Y, Ishida J, Yamaguchi M, Iwasaki K, Fujiwara M  Eur. J. Pharmacol.  ,  445/3,221-229  ,  2002年
  218. Involvement of bcl-family expression in the spatial memory impairment induced by repeated ischemia
    • Irie K, Mishima K, Ishibashi D, Egashira N, Iwasaki K, Fujiwara M  Life Sci.  ,  72/,621-629  ,  2002年
  219. Involvement of reduced acetylcholine release in Δ9-tetrahydrocannabinol-induced impairment of spatial memory in the 8-arm radial maze
    • Mishima K, Egashira N, Matsumoto Y, Iwasaki K, Fujiwara M  Life Sci.  ,  72/,397-407  ,  2002年
  220. Repeated cerebral ischemia induced hippocampal cell death and impairments of spatial cognition in the ra
    • Chung E-H, Iwasaki K, Mishima K, Egashira N, Fujiwara M  Life Sci.  ,  72/,609-619  ,  2002年
  221. Synthesis of sphingomyelin analogues as a sphingomyelinase inhibitor and the application as a blocking agent of extracellular stress signaling
    • Tsuji Y, Soeda S, Ochiai T, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M, Yokomatsu T, Murano T, Akiyama T, Shibuya S, Shimeno H  Nippon Yakurigaku Zasshi  ,  120/,67-69  ,  2002年
  222. Tau filament formation and associative memory deficit in aged mice expressing mutant (R406W) human tau
    • Tatebayashi Y, Miyasaka T, Chui DH, Akagi T, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M, Tanemura K, Murayama M, Ishiguro K, Planel E, Sato S, Hashikawa T, Takashima A  Proc. Natl. Acad. Sci. USA  ,  99/,13896-13901  ,  2002年
  223. The pharmacological characterization of attentional processes using a two-lever choice reaction time task in rats
    • Mishima K, Fujii M, Aoo N, Yoshikawa T, Fukue Y, Honda Y, Egashira N, Iwasaki K, Shoyama Y, Fujiwara M.  Biol. Pharm. Bull.  ,  25/12,1570-1576  ,  2002年
  224. 繰り返し脳虚血による空間記憶障害の発症機序:脳血管性痴呆症の動物モデルとしての応用
    • 岩崎克典,三島健一,江頭伸昭,藤原道弘  脳機能の解明  ,  /,239-246  ,  2002年
  225. Ameliorative effect of vasopressin-(4-9) through vasopressin V1A receptor on scopolamine-induced impairments of rat spatial memory in the eight-arm radial maze
    • Mishima K, Tsukikawa H, Inada K, Fujii M, Iwasaki K, Matsumoto Y, Abe K, Egawa T, Fujiwara M  Eur. J. Pharmacol.  ,  427/,43-52  ,  2001年
  226. Ameliorative effect of vasopressin-(4-9) through vasopressin V1A receptor on scopolamine-induced impairments of rat spatial memory in the eight-arm radial maze
    • Mishima K, Tsukikawa H, Inada K, Fujii M, Iwasaki K, Matsumoto Y, Abe K, Egawa T, Fujiwara M  Eur. J. Pharmacol.  ,  427/,43-52  ,  2001年
  227. Characteristics of learning and memory impairment induced by ∆9-tetrahydrocannabinol in rats
    • Mishima K, Egashira N, Hirosawa N, Fujii M, Matsumoto Y, Iwasaki K, Fujiwara M  Jpn. J. Pharmacol.  ,  87/,297-308  ,  2001年
  228. Cholinergic involvement in the improving effects of Yoku-kan-san-ka-chimpi-hange (Yi-Gan-San-Jia-Chen-Pi-Ban-Xia) on the disruption of spatial cognition and the electroconvulsive shock-induced immobilization
    • Egashira N, Mishima K, Kurauchi K, Matsumoto Y, Iwasaki K, Fujiwara M  J. Trad. Med.  ,  18/,71-80  ,  2001年
  229. Microdialysates of amines and metabolites from core nucleus accumbens of freely moving rats are altered by dizocilpine
    • Hatip-Al-Khatib I, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M  Brain Res.  ,  902/,108-118  ,  2001年
  230. Presenilin 1 regurates beta-catenin-mediated transcription in a glycogen synthase kinase-3-indipendent fashion
    • Palacino JJ, Murphy MP, Murayama O, Iwasaki K, Fujiwara M, Takashima A, Golde TE, Wolozin B  J. Biol. Chem.  ,  276/,38563-38569  ,  2001年
  231. Role of dopaminergic system in core part of nucleus accumbens in hyperlocomotion and rearing induced by MK-801 in rats: a behavioral and in vivo microdialysis study
    • Hatip-Al-Khatib I, Bölükbasi F, Mishima K, Egashira N, Iwasaki K, Fujiwara M  Jpn. J. Pharmacol.  ,  87/,277-287  ,  2001年
  232. Selective and long-term learning impairment following neonatal hypoxic-ischemic brain insult in rats
    • Ikeda T, Mishima K, Yoshikawa T, Iwasaki K, Fujiwara M, Xia YX, Ikenoue T  Behav. Brain Res.  ,  118/,17-25  ,  2001年
  233. Aβ potentiates pro-apoptotic NGF signaling
    • Petrucelli L, Manteuffel M, Iwasaki K, Fujiwara M, Lee J, Wolozin B  J. Neurochem.  ,  72/,221-230  ,  2000年
  234. The scopolamine-induced impairment of spatial cognition parallels the acetylcholine release in the ventral hippocampus in rats
    • Mishima K, Iwasaki K, Tsukikawa H, Matsumoto Y, Egashira N, Abe K, Egawa T, Fujiwara M  Jpn. J. Pharmacol.  ,  84/,163-173  ,  2000年
  235. A new muscarinic partial agonist, SB202026A, improved the deficit of spatial copgnition induced by scopolamine, pirenzepine and repeated ischemia in rats
    • Iwasaki K, Mishima K, Chung E-H, Ohgami Y, Ishibashi M, Fujiwara M  Naunyn Schniedeberg's Archives of Pharmacology  ,  358/,35-38  ,  1998年
  236. A synthetic ceramide analog (L-PDMP) up-regulates neuronal function
    • Inokuchi J, Mizutani A, Jimbo M, Usuki S, Yamagishi K, Mochizuki H, Muramoto K, Kobayashi K, Kuroda Y, Iwasaki K, Ohgami Y, Fujiwara M  Ann. NY. Acad. Sci.  ,  45/,479-492  ,  1998年
  237. Apoptosis in the repeated cerebral ischemia--behavioral & histochemical study
    • Iwasaki K, Chung E-H, Fujiwara M  Nippon Yakurigaku Zasshi  ,  112/,88-92  ,  1998年
  238. Brain-derived neurotrophic factor stimulates neurite outgrowth in a calretinin-enriched neuronal culture system
    • Iwasaki K, Isaacs K, Jacobowitz D  Intnl. J. Dev. Neurosci.  ,  16/,135-145  ,  1998年
  239. Repeated ischemia induced impairment of spatial cognition and cellular apoptosis in the hippocampus CA1 area in the rat
    • Iwasaki K, Chung E-H, Ohgami Y, Fujiwara M  J. Neurochem.  ,  70/,28-29  ,  1998年
  240. Effect of active fragments of arginine-vasopressin on the disturbance of spatial cognition in rats
    • Fujiwara M, Ohgami Y, Inada K, Iwasaki K  Behav. Brain Res.  ,  83/,91-96  ,  1997年
  241. Effects of the isocarbacyclin methyl ester clinprost incorporated into lipid microspheres, in focal ischemia of stroke-prone spontaneously hypertensive rats
    • Yae T, Araki H, O-ogami Y, Iwasaki K, Tanabe H, Fujiwara M  Arzneimittelforschung  ,  47/,1200-1203  ,  1997年
  242. Physiological level of β-amyloid peptide stimulate protein kinase C in PC12 cells
    • Luo Y, Iwasaki K, Hawver DB, Sunderland T, Roth GS, Wolozin B  Brain Res.  ,  769/,287-295  ,  1997年
  243. Rolipram and its optical isomers, phosphodiesterase 4 inhibitors, attenuated the scopolamine-induced impairments of learning and memory in rats
    • Egawa T, Mishima K, Matsumoto Y, Iwasaki K, Iwasaki K, Fujiwara M  Jpn. J. Pharmacol.  ,  75/,275-281  ,  1997年
  244. Up-regulation of ganglioside biosynthesis, functional synapse formation, and memory retention by a synthetic ceramide analog (L-PDMP)
    • Inokuchi J, Mizutani A, Jimbo M, Usuki S, Yamagishi K, Mochizuki H, Muramoto K, Kobayashi K, Kuroda Y, Iwasaki K, Ohgami Y, Fujiwara M  Biochem. Biophys. Res. Commun.  ,  237/,595-600  ,  1997年
  245. 家族性アルツハイマー病遺伝子「プレセニリン」とアポトーシス
    • 岩崎克典  日本神経精神薬理学雑誌  ,  17/,183-184  ,  1997年
  246. Changes in gene transcription during Aβ-mediated cell death
    • Iwasaki K, Sunderland T, Kusiak J, Wolozin B  Mol. Psychiatry  ,  1/,65-71  ,  1996年
  247. Participation of presenilin 2 in apoptosis: enhanced basal activity conferred by an Alzheimer mutation
    • Wolozin B, Iwasaki K, Vito P, Ganjei JK, Lacan E, Sunderland T, Zhao B, Kusiak JW, Wasco W, D'Adamio L  Science  ,  274/,1710-1713  ,  1996年
  248. Requirement of the familial Alzheimer's disease gene PS2 for apoptosis. Opposing effect of ALG-3
    • Vito P, Wolozin B, Iwasaki K, Ganjei JK, Lacan E, D'Adamio L  J. Biol. Chem.  ,  271/,31025-31028  ,  1996年
  249. The disruption of spatial cognition and changes in brain amino acid, monoamine and acetylcholine in rats with transient cerebral ischemia
    • Iwasaki K, Kitamura Y, Ohgami Y, Mishima K, Fujiwara M  Brain Res.  ,  709/,163-172  ,  1996年
  250. マウスのオキソトレモリン誘発振戦に及ぼすモノアミン関連薬物の影響
    • 松本禎明、三島健一、岩崎克典、藤原道弘  九州女子大学紀要  ,  32/2,1-7  ,  1995年
  251. Differential role of nucleus accumbens and caudate-putamen in mediating the effect of nomifensine and methamphetamine on ambulation and rearing of rats in the open-field test
    • Al-Khatib IM, Dokmeci I, Fujiwara M  Japan. J. Pharmacol  ,  /,67(1),69-77  ,  1995年
  252. Effect of Toki-Shakuyaku-San and Toki on the acquisition task of spatial cognition in aged-rat
    • Iwasaki K, Matsumnoto Y, Fujiwara M  J. Traditional Medicines  ,  11/,366-367  ,  1995年
  253. 老齢ラットの空間認知獲得に及ぼす当帰芍薬散および当帰の影響
    • 岩崎貴代,岩崎克典,藏内浩二,藤原道弘  和漢医薬学雑誌  ,  11/,366-367  ,  1994年
  254. ステップスルー型受動的回避実験-動物の行動機能テストー個体レベルと分子レベルを結ぶ
    •   生体の科学  ,  45/,496-497  ,  1994年
  255. ステップダウン型受動的回避実験-動物の行動機能テストー個体レベルと分子レベルを結ぶ
    • 岩崎克典  生体の科学  ,  45/,498-499  ,  1994年
  256. 釣藤散ならびに抑肝散加陳皮半夏の空間認知障害改善作用
    • 江頭伸昭,岩崎克典,植木昭和,藏内浩二,藤原道弘  和漢医薬学会誌  ,  10/,645-660  ,  1993年
  257. Toki-Syakuyaku-San and Oren-Gedoku-To improve the disruption of spatial cognition induced by cerebral ischaemia and dcentral cholinergic dysfunction in rats
    • Iwasaki K, Fujiwara M  Phytother. Res.  ,  7/,60-62  ,  1993年
  258. 痴呆モデルを用いた評価法と薬物の開発
    •   厚生省長寿科学総合研究費 痴呆関係研究班  ,  /,272-279  ,  1993年
  259. 大麻依存
    • 植木昭和,藤原道弘,岩崎克典  精神医学シリーズ  ,  5/,209-218  ,  1993年
  260. 実験的空間認知障害に対する黄連解毒湯ならびに釣藤散の作用
    • 岩崎克典,大神祐輔,植木昭和,藤原道弘  和漢医薬学会誌  ,  8/,476-478  ,  1992年
  261. Effect of nebracetam on the disruption of spatial cognition in rats
    • Iwasaki K, Matsumoto Y, Fujiwara M  Jpn. J. Pharmacol.  ,  58/,117-126  ,  1992年
  262. Effects of the N-methyl-D-aspartate antagonists on the rise in [Ca2+]i following depolarization in aged rat brain synaptosomes
    • Okada M, Urae A, Iwasaki K, Mine K, Fujiwara M  Brain Res.  ,  583/,227-236  ,  1992年
  263. The facilitating and suppressing effects of Δ9-tetrahydrocannabinol on the rise in intrasynaptosomal Ca2+ concentration in rats
    • Okada M, Urae A, Mine K, Shoyama Y, Iwasaki K, Fujiwara M  Neurosci. Lett.  ,  140/,55-58  ,  1992年
  264. ラットの空間の手がかりと認知
    • 松本禎明、岩崎克典、藤原道弘  九州女子大学紀要  ,  28/,93-106  ,  1992年
  265. 一過性脳虚血によるin vivo脳内アミン・アミノ酸遊離の変動と各種アンタゴニストの作用
    • 岩崎克典  文部省科学研究費報告痴呆関係班研究業績集  ,  /,268-272  ,  1992年
  266. Effect of TJ-23 on the learning and memory disturbance following cerebral ischemia in rats Fujiwara M, Iwasaki K
    • Fujiwara M, Iwasaki K  Patient Benefit and Japanese Kampo Product  ,  1/,15-20  ,  1991年
  267. Effect of Toki-syakuyaku-san on scopolamine-induced deficit of learning and memory in rats
    • Fujiwra M, Iwasaki K, Ogata T  Basic, Clinical, and Therapeutic Aspects of Alzheimer's and Parkinson's Disease  ,  2/,379-382  ,  1991年
  268. ラット の空間認知獲得に関する基礎的検討
    • 岩崎克典,松本禎明,藤原道弘  動物の学習・記憶試験ーその実際と問題点ー  ,  /,19-34  ,  1990年
  269. 中枢神経作用の探索 抗躁うつ病薬
    • 藤原道弘,岩崎克典  医薬品の開発  ,  9/,177-200  ,  1990年
  270. 選択的セロトニン取りこみ阻害作用を有する新しい抗うつ薬Paroxetineの行動薬理学的研究
    • 山本経之、柴田重信、島添隆雄、岩崎克典、大野益男、皆本義基、古谷嘉章、宮本千葉、渡辺繁紀、植木昭和  日本薬理学雑誌  ,  94/,189-206  ,  1989年
  271. Behavioral pharmacological properties of the novel antidepressant paroxetine, a selective 5-HT uptake inhibitor
    • Iwasaki K, Fujiwara M  Folia Pharmacologica Japomica  ,  94/3,189-206  ,  1989年
  272. In vivo changes in brain catecholamine release from rat hypothalamus following olfactory bulbectomy
    • Iwasaki K, Fujiwara M, Ueki S  Pharmacol. Biochem. Behav.  ,  34/,879-885  ,  1989年
  273. Is the augmentation of K+-evoked intrasynaptosomal Ca2+ concentration due to the influx of Ca2+ in rat brain synaptosomes?
    • Okada M, Mine K, Iwasaki K, Fujiwara M  J. Neurochem  ,  52/,1837-1842  ,  1989年
  274. アセチルコリン仮設と抗痴呆薬候補
    • 藤原道弘,岩崎克典  神経精神薬理  ,  11/,793-805  ,  1989年
  275. 実験水頭症における空間記憶障害 -放射状迷路を用いた研究-
    • 岩崎康夫、信楽信行、斎藤勇、高倉公明、八重徹司、岩崎克典、藤原道弘  小児の脳神経  ,  13/,367-372  ,  1988年
  276. Spatial memory disturbance in hydocephalus and the effect of drugs modifying neurotransmitters
    • Takakura K, Iwasaki Y, Shitara N, Iwasaki K, Fujiwara M  Neurotransmitters and Neuroreceptors  ,  6/,56-65  ,  1987年
  277. The role of brain catecholamines in the exhibition of muricide induced by nucleus accumbens lesions and the effect of antidepressants in rats
    • Al-Khatib IMH, Fujiwara M, Iwasaki K, Kataoka Y, Ueki S  Pharmacol. Biochem. Behav.  ,  26/,351-355  ,  1987年
  278. うつ病と脳内アミンーラットのmuricideについての研究
    • 植木昭和,藤原道弘,山本経之,柴田重信,岩崎克典  続「脳の生体警告系」  ,  /,115-128  ,  1987年
  279. CysteinProtease阻害剤ESTの中枢作用
    • 植木昭和、渡辺繁紀、藤原道弘、柴田重信、劉 世玉、岩崎克典、太田 尚、島添隆雄、天沼二三雄、奥山 茂、大関正弘  薬理と治療  ,  14/,261-271  ,  1986年
  280. Changes in brain catecholamine levels following olfactory bulbectomy and the effect of acute and chronic administration of desipramine in rats
    • Iwasaki K, Fujiwara M, Shibata S, Ueki S  Pharmacol. Biochem. Behav.  ,  24/,1715-1719  ,  1986年
  281. Optic nerve stimulation-induced increase of release of 3H-glutamate and 3H-aspartate but not 3H-GABA from the suprachiasmatic nucleus in slices of rat hypothalamus.
    • Liu S, Shibata S, Iwasaki K, Fujiwra M, Ueki S  Brain Res Bull  ,  16/4,527-531  ,  1986年
  282. Behavioral and electroencephalographic effects of lormetazepam
    • 植木昭和、渡辺繁紀、藤原道弘、山本経之、柴田重信、太田尚、桜井康子、岩崎克典、劉世玉、山下樹三祐、島添隆雄、山路隆行  Folia Pharmacologica Japomica  ,  86/2,145-163  ,  1985年
  283. Lormetazepamの行動薬理学的・脳波学的研究
    • 植木昭和、渡辺繁紀、藤原道弘、山本経之、柴田重信、柴田和彦、太田尚、桜井康子、岩崎克典、劉世玉、山下樹三裕、島添隆雄、山路隆之  日本薬理学雑誌  ,  86/,145-163  ,  1985年
  284. Analysis of endogenous pyrrolidine levels by mass fragmentgraphy.
    • Okano Y, Miyata T, Iwasaki K, Takahama T, Hitoshi T, Kase Y  Life Sci.  ,  31/,671-677  ,  1982年
  285. Changes in brain alicyclic amine levels under anesthesia
    • Kase Y, Okano Y, Iwasaki K, Takahama T, Hitoshi T, Miyata T  Japan. J. Pharmacol  ,  32/,35-36  ,  1982年
  286. Changes in brain piperidine levels under anesthesia : Mass fragmentgraphic analysis.
    • Miyata T, Okano Y, Iwasaki K, Takahama K, Hitoshi T, Kase Y  Eur. J. Pharmacol.  ,  78/4,457-462  ,  1982年
  287. Application of selected ion monitoring technique for quantitative determination of picomole levels of pyrrolidine in the brain.
    • Okano Y, Miyata T, Iwasaki K, Hitoshi T, Kase Y, Matsumoto I, Shinka T  Anal. Biochem.  ,  115/,254-259  ,  1981年
  288. Effects of cyclodextrins on chlorpromazine-induced haemolysis and central nervous system responses
    • Uekama K, Irie T, Sunada M, Otagiri K, Iwasaki K, Okano Y, Miyata T, Kase Y  J.Pharm.Pharmacol.  ,  33/,707-710  ,  1981年
  289. Piperidine levels in the brain and peripheral organs in rats during cold exposure.
    • Miyata T, Okano Y, Fukunaga k, Iwasaki K, Takahama K, Kase Y  Life. Sci.  ,  28/,323-327  ,  1981年
報告書 (29件)
  1. 生活習慣病がアルツハイマー病を加速する機序の解明2
    • 岩崎克典、野上 愛、窪田香織、高崎浩太郎   ,  福岡大学加齢脳科学研究所2012年度研究成果報告書  ,  /,6-16  ,  2013年3月
  2. 聴覚における糖脂質「ガングリオシド」機能解明
    • 井ノ口仁一、吉川弥里、岩崎克典、藤原道弘   ,  福岡大学加齢脳科学研究所2012年度研究成果報告書  ,  /,75-86  ,  2013年3月
  3. アルツハイマー病の予防と治療に応用可能な漢方薬ならびに有効生薬を探る
    • 野上 愛、岩崎克典、高崎浩太郎   ,  福岡大学加齢脳科学研究所2011年度研究成果報告書  ,  /,1145-150  ,  2012年3月
  4. グリア細胞から放出されるβアミロイドによるシナプス変性と伝達異常に関する電気生理学的研究ー生活習慣病と若年性アルツハイマー病の併発培養モデルの開発ー
    • 桂林秀太郎   ,  医科学応用研究財団研究報告  ,  29/,151-155  ,  2012年3月
  5. 生活習慣病がアルツハイマー病を加速する機序の解明
    • 岩崎克典、野上 愛、窪田香織、高崎浩太郎   ,  福岡大学加齢脳科学研究所2011年度研究成果報告書  ,  /,17-26  ,  2012年3月
  6. 糖脂質「ガングリオシド」による免疫抑制機構を解明(アレルギー・喘息の新たな治療法開発に向けて)
    • 井ノ口仁一、岩崎克典、藤原道弘   ,  福岡大学加齢脳科学研究所2011年度研究成果報告書  ,  /,119-130  ,  2012年3月
  7. 加齢に伴う神経変性疾患の創薬・創食研究
    • 岩崎克典   ,  Research  ,  16/4,42-43  ,  2011年12月
  8. アルツハイマー病の予防と治療に応用可能な漢方薬ならびに有効生薬を探る
    • 岩崎克典、野上 愛、阪田有理、高崎浩太郎   ,  福岡大学ハイテクリサーチセンター高機能物質研究所 平成22年度研究成果報告書  ,  2011年3月
  9. インスリン抵抗性糖尿病の発現機構の解明と新規治療薬の開発
    • 高野行夫、岩崎克典、江頭伸昭、斉藤 亮、高崎浩太郎   ,  Research  ,  16/,14-16  ,  2011年3月
  10. シチコリンの空間記憶障害改善効果
    • 岩崎克典   ,  福岡大学ハイテクリサーチ・センター高機能物質研究所 平成21年度研究成果報告書  ,  /,19-28  ,  2010年3月
  11. バイオストレス性神経疾患の動物モデルの確立
    • 岩崎克典   ,  ワンキャンパス集積型総合大学の教育研究高度化推進支援プロジェクト成果報告書  ,  /,795-798  ,  2010年3月
  12. バイオストレス性神経疾患の動物モデルの確立
    • 岩崎克典   ,  バイオストレス応答の制御機構研究教育拠点 2009年度 研究成果報告書  ,  /,78-81  ,  2010年3月
  13. ストレス疾患としての初老期うつ病の発症機序に関する分子病態学的研究
    • 岩崎克典   ,  平成20年度総合科学研究チームIII研究業績報告書  ,  2009年10月
  14. インスリン抵抗性糖尿病のアルツハイマー病加速機序に関する行動薬理学的研究
    • 日本学術振興会科研費基盤C 成果報告集  ,  2009年4月
  15. 認知症予防に役立つ機能性食品のシーズ評価系ー科学的根拠を見いだす動物実験についてー
    • 岩崎克典   ,  福岡大学ハイテクリサーチ・センター高機能物質研究所 平成20年度研究成果報告書  ,  /,89-92  ,  2009年3月
  16. 生活習慣病を有するアルツハイマー病動物モデルに関する行動薬理学的研究
    • 岩崎克典   ,  福岡大学ハイテクリサーチ・センター高機能物質研究所 平成19年度研究成果報告書  ,  /,177-190  ,  2008年3月
  17. アルツハイマー病加速因子としてのインスリン抵抗性
    • 岩崎克典   ,  福岡大学ハイテクリサーチ・センター高機能物質研究所 平成18年度研究成果報告書  ,  /,143-161  ,  2007年3月
  18. 生活習慣病要因を有するアルツハイマー病動物モデルに関する分子薬理学的研究
    • 岩崎 克典   ,  日本学術振興会科研費基盤C 成果報告集  ,  2007年3月
  19. アルツハイマー病の動物モデルを用いた認知症の発症機序に関する行動薬理学的研究
    • 岩崎克典   ,  福岡大学ハイテクリサーチ・センター高機能物質研究所 平成17年度研究成果報告書  ,  /,155-166  ,  2006年3月
  20. 遺伝子改変動物の行動変容を用いたアルツハイマー病治療薬の開発
    • 岩崎克典、藤原道弘   ,  Research  ,  /,261-262  ,  2005年12月
  21. β-アミロイド脳室内投与を応用したアルツハイマー病動物モデルの 行動特性と新薬開発への応用
    • 岩崎克典   ,  福岡大学ハイテクリサーチ・センター高機能物質研究所 平成16年度研究成果報告書  ,  /,177-182  ,  2005年3月
  22. アルツハイマー病の動物モデルに関する分子薬理学的研究
    • 岩崎 克典   ,  日本学術振興会科研費基盤C 成果報告集  ,  2004年4月
  23. β-アミロイドと脳虚血を併用したアルツハイマー病モデルラットの空間記憶障害とin vivo脳内アセチルコリン遊離の変化
    • 岩崎克典   ,  福岡大学ハイテクリサーチ・センター高機能物質研究所 平成15年度成果報告書  ,  /,59-71  ,  2004年3月
  24. タウトランスジェニックマウス(R406W)の行動解析
    • 岩崎克典   ,  福岡大学ハイテクリサーチ・センター高機能物質研究所 平成14年度研究成果報告書  ,  /,21-30  ,  2003年3月
  25. 大麻成分Δ9-tetrahydrocannabinolによる精神障害に関する研究
    • 藤原道弘,三島健一,長谷部伸嘉,岩崎克典   ,  厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「アルコール・薬物関連障害の病態と治療に関する総合的研究」平成13年度研究報告書  ,  /,210-230  ,  2002年4月
  26. β-amyloidを用いたアルツハイマー病の動物モデル作成に関するin vitro並びにin vivo研究
    • 岩崎克典   ,  福岡大学ハイテクリサーチ・センター高機能物質研究所 平成13年度成果報告書  ,  /,155-210  ,  2002年3月
  27. 大麻成分Δ9-tetrahydrocannabinol (THC) による空間認知記憶障害の発現機構.
    • 藤原道弘,三島健一,長谷部伸嘉,岩崎克典   ,  厚生省精神・神経疾患研究委託費「アルコール・薬物依存症の病態と治療に関する研究」(主任研究者:白倉克之)平成10年度〜12年度総括研究報告書  ,  /,39-44  ,  2001年
  28. 繰り返し脳虚血による学習障害に関する行動薬理学的研究
    • 岩崎 克典   ,  日本学術振興会科研費基盤C 成果報告集  ,  2000年4月
  29. 繰り返し脳虚血による空間認知障害とラジカルスカベンジャーの改善作用
    • 岩崎克典、藤原道弘   ,  文部省科学研究費補助金平成7年度一般研究C 研究成果報告書  ,  1996年3月
学会発表・講演 (556件)
  1. β-アミロイド脳内投与ラットの空間記憶障害に対する人参養栄湯の改善効果
    • 大森洸耶、堤宗一朗、波多江旺信、渡辺拓也、長尾昌紀、窪田香織、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第38回和漢医薬学会学術大会  ,  2021年9月
  2. マウスのうつ症状様行動に対する人参養栄湯の予防効果に関する行動薬理学的研究
    • 堤宗一朗、渡辺拓也、長尾昌紀、有松真綾、大森洸耶、波多江旺信、足立雅弥、平田茉莉花、谷口知世、松井一磨、細井愛奈、志賀遼介、宮路えりか、窪田香織、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第38回和漢医薬学会学術大会  ,  2021年9月
  3. 月経前過食モデルマウスに対する漢方薬「香砂平胃散」の効果
    • 長谷川綾郁、射場日佳里、上杉晴香、赤木淳二、渡辺拓也、岩崎克典   ,  日本生薬学会第67回年会  ,  2021年9月
  4. アルツハイマー型認知症モデルラットの睡眠障害に対する酸棗仁湯の改善効果 
    • 岩崎克典   ,  第71回日本東洋医学会学術総会  ,  2021年8月
  5. ヒトiPS細胞由来アストロサイトを実装した単一ニューロン培養標本の樹立
    • 内野鉱也、田中泰圭、渡辺拓也、窪田香織、桂林秀太郎、廣瀬伸一、岩崎克典   ,  生体機能と創薬シンポジウム2021  ,  2021年8月
  6. Two kinds of Kampo-hozai, ninjinyoeito and kamikihito, ameliorate mental disorder-like behaviors in senescence-accelerated mouse prone 8 mice.
    • Hirata M, Taniguchi C, Watanabe T, Horikawa T, Akizuki Y, Kubota K, Katsurabayashi S, Iwasaki K   ,  The 23rd Korea-Japan Joint Seminar on Pharmacology (23rd KJJSP)  ,  2021年6月
  7. アストロサイトの密度変化によるプレサイレントシナプスの調節
    • Shutaro Katsurabayashi, Kohei Oyabu, Kotomi Takeda, Kaori Kubota, Takuya Watanabe, Katsunori Iwasaki   ,  第94回日本薬理学会年会  ,  2021年3月
  8. アルツハイマー型認知症モデル動物の空間記憶障害に対する人参養栄湯の効果
    • 堤宗一朗,渡辺拓也,長尾昌紀,窪田香織,桂林秀太郎,岩崎克典   ,  第30回神経行動薬理若手研究者の集い  ,  2021年3月
  9. 認知症モデル動物の空間記憶障害に対する人参養栄湯の効果
    • 長尾昌紀, 波多江旺信, 峯一真, 堤宗一朗, 平田茉莉花, 松井一磨, 大森洸耶, 渡辺拓也, 窪田香織, 桂林秀太郎, 岩崎克典   ,  第94回日本薬理学会年会  ,  2021年3月
  10. 認知症患者の睡眠障害に対する漢方薬の効果の薬理学的エビデンス
    • 岩崎克典   ,  令和2年度第4回日本東洋医学会福岡県部会  ,  2021年3月
  11. アストロサイトにAß25-35を前処置すると非活動性興奮性シナプスの割合は増加する
    • 大藪康平、渡辺拓也、窪田香織、桂林秀太郎、神村英利、岩崎克典   ,  第22回七隈アルツハイマー病・パーキンソンソン病研究会  ,  2020年12月
  12. 認知症モデルラットの空間記憶障害に対する人参養栄湯の効果
    • 長尾昌紀、波多江旺信、峯一真、堤宗一郎、平田茉莉花、松井一磨、渡辺拓也、窪田香織、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第22回七隈アルツハイマー病・パーキンソンソン病研究会  ,  2020年12月
  13. iPS細胞由来アストロサイトを実装したオータプス培養標本の確立
    • 内野鉱也、田中泰圭、渡辺拓也、3、窪田香織、桂林秀太郎、廣瀬伸一、岩崎克典   ,  第73回日本薬理学会西南部会  ,  2020年11月
  14. 生薬配合薬による5-HT3受容体発現調節を介した月経前症候群モデル動物の不安様症状改善効果
    • 射場日佳里、渡辺拓也、本村早麗、荒巻千佳、原田杏香、柴原豪了、赤木淳二、荒井哲也、窪田香織、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第35回日本女性医学会学術総会  ,  2020年11月
  15. 老化促進マウスSAMP8の悪臭回避行動低下に関する研究
    • 平田茉莉花, 松井一磨, 長尾昌紀, 渡辺拓也, 窪田香織, 桂林秀太郎, 岩崎克典   ,  第73回日本薬理学会西南部会  ,  2020年11月
  16. アルツハイマー型認知症モデルラットの空間記憶障害に対する発酵オタネニンジンの効果
    • 長尾昌紀   ,  第37回和漢医薬学会学術総会  ,  2020年8月
  17. オキサリプラチン誘発機械的アロディニアに対する加味逍遙散の予防効果
    • 高橋亮太、江頭伸昭、渡辺拓也、窪田香織、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第37回和漢医薬学会学術総会  ,  2020年8月
  18. 神経変性モデル細胞を用いた加味帰脾湯の神経突起障害に対する改善効果
    • 窪田香織、松田拓也、岡村尚幸、坂本真由、大藪康平、渡辺拓也、桂林秀太郎   ,  第37回和漢医薬学会学術総会  ,  2020年8月
  19. 認知症モデル動物の空間記憶障害に対する人参養栄湯の効果
    • 波多江旺信、長尾昌紀、峯 一真、堤宗一郎、平田茉莉花、松井一磨、渡辺拓也、窪田香織、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第37回和漢医薬学会学術総会  ,  2020年8月
  20. Glial assembly for regenerative medicine and brain transplant
    • Shutaro Katsurabayashi, Kohei Oyabu, Kotomi Takeda, Kaori Kubota, Takuya Watanabe, Katsunori Iwasaki   ,  2nd Mini-Symposium on The Blood-Brain Barrier from Basic to Clinical Research  ,  2020年3月
  21. Valproic acid-exposed astrocytes alter the inhibitory neurodevelopment and synaptic function
    • Kotomi Takeda, Yuki Oba, Shuntaro Tsukamoto, Takuya Watanabe, Kaori Kubota, Shutaro Katsurabayashi, Katsunori Iwasaki   ,  2nd Mini-Symposium on The Blood-Brain Barrier from Basic to Clinical Research  ,  2020年3月
  22. アルツハイマー型認知症モデル動物の空間記憶障害に対する人参養栄湯の効果
    • 平田茉莉花,長尾昌紀,渡辺拓也,窪田香織,桂林秀太郎,岩崎克典   ,  第72回日本薬理学会西南部会  ,  2019年11月
  23. 月経前症候群モデル動物の不安様症状に対する加味逍遥散の効果
    • 射場日佳里、渡辺拓也、荒巻千佳、本村早麗、原田杏香、窪田香織、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第72回日本薬理学会西南部会  ,  2019年11月
  24. The direct contact of astrocytes to neuron is critical for lowering excitatory synaptic transmission after the exposure of amyloid β-protein 25-35 onto astrocytes
    • Oyabu K, Kiyota H, Kubota K, Watanabe T, Katsurabayashi S, Iwasaki K   ,  Society for Neuroscience meeting  ,  2019年10月
  25. Excitatory synaptic transmission in hippocampal neurons is reduced by direct contact with astrocytes exposed to amyloid β25-35
    • Oyabu K, Kiyota H, Kubota K, Watanabe T, Katsurabayashi S, Iwasaki K   ,  The 6th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology  ,  2019年10月
  26. アルツハイマー病治療を目的とした八味地黄丸の作用機序解明
    • 福留 凌太、渡辺 拓也、比嘉 可南子、野沢 遊快、長尾 昌紀、貝沼 茂三郎、窪田 香織、桂林 秀太郎、岩崎 克典   ,  第36回和漢医薬学会学術大会  ,  2019年8月
  27. 卵巣摘出マウスの隔離ストレスによるペントバルビタール誘発睡眠時間短縮に対する加味逍遙散の作用
    • 後藤優、江頭伸昭、射場日佳里、渡辺拓也、窪田香織、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第36回和漢医薬学会学術大会  ,  2019年8月
  28. 月経前症候群モデル動物の不安様症状に対する生薬配合薬の効果
    • 射場日佳里、渡辺拓也、荒巻千佳、本村早麗、原田杏香、和知 俊、張 涛、窪田香織, 2、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第36回和漢医薬学会学術大会  ,  2019年8月
  29. 海馬由来神経細胞に対する抑肝散の神経突起障害改善効果の検討
    • 栗山桃子、大野佳美、樋口紗世、松田拓也、大藪康平、渡辺拓也、窪田香織、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第36回和漢医薬学会学術大会  ,  2019年8月
  30. 神経変性モデル細胞を用いた人参養栄湯の神経突起障害に対する改善効果
    • 大野佳美、樋口紗世、栗山桃子、大藪康平、渡辺拓也、窪田香織、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第36回和漢医薬学会学術大会  ,  2019年8月
  31. 老化促進モデルマウスの精神的フレイル様症状に対する八味地黄丸の効果
    • 野沢遊快、渡辺拓也、江崎正祥、伊勢彩乃、貝沼 茂三郎、窪田香織、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第36回和漢医薬学会学術大会  ,  2019年8月
  32. 認知症に用いられる漢方薬の薬理学的エビデンスの構築とトランスレーショナルリサーチ
    • 岩崎克典   ,  第36回和漢医薬学会学術大会  ,  2019年8月
  33. バルプロ酸ナトリウム曝露アストロサイトによる神経細胞発達・機能変化
    • Takeda K, Watanabe T, Oba Y, Tsukamoto S, Kubota K, Katsurabayashi K, Iwasaki K   ,  第42回日本神経化学大会  ,  2019年7月
  34. 脳GLP-1受容体に対する八味地黄丸の効果
    −アルツハイマー病との関連2−
    • 比嘉 可南子、野沢 遊快、福留 凌太、山内 咲枝、原 藍子、長尾 昌紀、貝沼 茂三郎、渡辺 拓也、窪田 香織、桂林 秀太郎、岩崎 克典   ,  第20回七隈アルツハイマー病/パーキンソン病研究会  ,  2019年4月
  35. 脳における糖尿病関連因子に対する八味地黄丸の効果
    −アルツハイマー病との関連1−
    • 福留 凌太、比嘉 可南子、野沢 遊快、山内 咲枝、原 藍子、長尾 昌紀、貝沼 茂三郎、渡辺 拓也、窪田 香織、桂林 秀太郎、岩崎 克典   ,  第20回七隈アルツハイマー病/パーキンソン病研究会  ,  2019年4月
  36. 社会的隔離飼育マウスのバソプレシン増加とセロトニン・ドパミン神経関連遺伝子発現に対する酸棗仁湯の作用
    • 射場日佳里,才宮万季,田中雅子,吉田将,窪田香織,桂林秀太郎,渡辺拓也,岩崎克典   ,  第92回日本薬理学会年会  ,  2019年3月
  37. Excitatory synaptic transmission is modulated by the density of surrounding astrocytes
    • Kohei Oyabu, Shutaro Katsurabayashi, Katsunori Iwasaki   ,  BFBC2019  ,  2019年2月
  38. バルプロ酸ナトリウムによる神経細胞のApoE細胞内取り込み増加
    • 武田琴水、渡辺拓也、松浦友美、有村めぐみ、窪田香織、桂林秀太郎、片岡泰文、岩崎克典   ,  第48回日本神経精神薬理学  ,  2018年11月
  39. 社会的長期隔離飼育マウスの攻撃行動増加に対する抑肝散と抑肝散加陳皮半夏の効果
    • 才宮万季,射場日佳里,松澤香奈絵,藤田柊平,森山博史,窪田香織,桂林秀太郎,渡辺拓也,岩崎克典   ,  第71回日本薬理学会西南部会  ,  2018年11月
  40. 卵巣摘出ラットの不安様行動に対する加味逍遥散および柴胡加竜骨牡蛎等の改善作用
    • 谷口知世、江頭伸昭、射場日佳里、川中理香子、長尾昌紀、渡辺拓也、窪田香織、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第35回和漢医薬学会学術大会  ,  2018年9月
  41. 発達障害で認められる社会性行動障害の治療を目的とした漢方薬の探索
    • 渡辺拓也   ,  生体機能と創薬シンポジウム2018  ,  2018年8月
  42. 不眠における漢方治療の薬理学的研究の最前線
    • 岩崎克典   ,  漢方メンタルセミナー2018  ,  2018年7月
  43. Sansoninto, a traditional herbal medicine, attenuates aggressive behavior and regulates serotonergic and dopaminergic systems in hypothalamus of social isolation-reared mice
    • Hikari Iba, Kanae Matsuzawa, Maki Saimiya, Chiaki Aramaki, Sho Yoshida, Kaori Kubota, Shutaro Katsurabayashi, Takuya Watanabe, Katsunori Iwasaki   ,  18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology  ,  2018年7月
  44. アストロサイトと単一ニューロンの比率変化が及ぼすシナプス伝達変化
    • 大藪康平、武田琴水、渡辺拓也、窪田香織、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第19回ブレインサイエンス研究会  ,  2018年6月
  45. 認知症に用いられる漢方方剤の薬理学的エビデンスから作用機序の解明へ
    • 岩崎克典   ,  フォーラム富山創薬 第47回研究会  ,  2018年5月
  46. アルツハイマー型認知症モデルラットの空間記憶障害に対する乳由来リン脂質の効果
    • 胸元 芳、荒井達也、構木結花、森田如一、森山博史、渡辺拓也、岩崎克典   ,  日本薬学会第138年会  ,  2018年3月
  47. 認知症モデル動物を用いた睡眠障害の漢方薬による改善効果
    • 岩崎克典   ,  第62回福岡大学東洋医学研究会特別講演  ,  2018年2月
  48. Scn1a変異マウスにおける中枢抑制性シナプスの機能解析
    • 安谷屋友菜、河野洋幸、朝原 愛、窪田香織、渡辺拓也、桂林秀太郎、岩崎克典、廣瀬伸一   ,  第70回日本薬理学会西南部会  ,  2017年11月
  49. 生活習慣病を背景にした認知症の漢方薬による治療戦略の可能性
    • 岩崎克典   ,  第43回日本東洋医学会九州支部学術総会  ,  2017年10月
  50. アルツハイマー型認知症モデル動物の空間記憶障害および不安様行動に対する発酵および未発酵オタネニンジンの効果比較
    • 長尾昌紀,山野聡,今川直樹 ,渡辺拓也,窪田香織,桂林秀太朗,岩崎克典   ,  第47回日本神経精神薬理学会  ,  2017年9月
  51. アルツハイマー型認知症の漢方治療を支える薬理学的エビデンス
    • 岩崎克典   ,  第34回和漢医薬学会学術大会:大会長講演  ,  2017年8月
  52. アルツハイマー病モデル動物の空間記憶障害における八味地黄丸の効果
    • 渡辺拓也、岩崎克   ,  医療薬学フォーラム2017  ,  2017年7月
  53. 漢方薬のアルツハイマー型認知症治療薬としての薬理学的エビデンスの構築
    • 岩崎克典   ,  医療薬学フォーラム2017  ,  2017年7月
  54. 認知症に用いられる漢方薬の有効性を実証する薬理学的エビデンス
    • 岩崎克典   ,  第171回日本針灸治療学会福岡県部会市民公開講座  ,  2017年6月
  55. 高血糖ラットの脳室内Aβ投与による空間記憶障害と八味地黄丸の効果
    • 山内 咲枝、原 藍子、長尾 昌紀、永岡 こづえ、森山 博史、貝沼 茂三郎、三嶋 崇靖、坪井 義夫、岩崎 克典   ,  第19回七隈アルツハイマー病/パーキンソン病研究会  ,  2017年6月
  56. 神経栄養因子様作用を介した漢方由来認知症治療薬の開発
    • 窪田香織、渡辺拓也、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第90回日本薬理学会年会シンポジウム  ,  2017年3月
  57. 漢方薬による認知症中核症状ならびに周辺症状の改善効果の薬理学的研究
    • 岩崎克典   ,  第41回漢方研究イスクラ奨励賞受賞講演  ,  2017年2月
  58. 認知症に用いられる漢方薬の薬効評価
    • 岩崎克典   ,  日本医薬品卸勤務薬剤師会福岡県支部大会特別講演  ,  2017年2月
  59. アルツハイマー型認知症モデルの記憶障害及び不安に対する発酵オタネニンジンの効果
    • 長尾昌紀、森山博史、久保田直樹、藤田柊平、山野聡、構木結花、渡辺拓也、窪田香織、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第35回日本認知症学会  ,  2016年12月
  60. 糖尿病併発アルツハイマー型認知症モデルラットの空間記憶障害に対する八味地黄丸の改善作用
    • 原 藍子,山内咲枝,森山博史,長尾昌紀,永岡こづえ,渡辺拓也,窪田香織,桂林秀太郎,岩崎克典   ,  第69回日本薬理学会西南部会  ,  2016年11月
  61. アルツハイマー型認知症モデル動物の空間記憶障害および行動・心理症状に対する発酵オタネニンジンの効果
    • 長尾昌紀、森山博史、久保田直樹、藤田柊平、山野 聡、構木結花、渡辺拓也、窪田香織、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  天然薬物研究方法論アカデミー第19回岡崎シンポジウム・若手の会  ,  2016年10月
  62. 認知症に用いられる漢方薬の薬効評価
    • 岩崎克典   ,  平成28年度第2回日本東洋医学会福岡県部会  ,  2016年10月
  63. Scn1a変異マウスの中枢興奮性および中枢抑制性シナプスの機能解析
    • 安谷屋 友菜、河野 洋幸、窪田 香織、渡辺 拓也、桂林 秀太郎、岩崎 克典、廣瀬 伸一   ,  生体機能と創薬シンポジウム2016  ,  2016年8月
  64. 和漢薬の有用性を検証するための研究戦略 −In vivo 型研究(行動薬理)
    • 岩崎克典   ,  第33回和漢医薬学会学術総会  ,  2016年8月
  65. 精神疾患に用いる漢方薬の薬効評価
    • 岩崎克典、森山博史、長尾昌紀、窪田香織、渡辺拓也、桂林秀太郎   ,  第46回日本神経精神薬理学会ソウル大会  ,  2016年7月
  66. 認知症に対する八味地黄丸の記憶改善効果に関する基礎研究
    • 貝沼茂三郎、森山博史、福江悠香、松見春菜、松尾季依、佐藤 瞳、三嶋崇靖、窪田香織、桂林秀太郎、江頭伸昭、岩崎克典   ,  第30回日本老年医学会総会  ,  2016年6月
  67. アルツハイマー型認知症モデルラットの記憶障害ならびにBPSD様行動に対する抑肝散加陳皮半夏の改善差作用
    • 長尾昌紀,森山博史,藤田柊平,貝沼茂三郎,江頭伸昭,渡辺拓也,窪田香織,桂林秀太郎,岩崎克典   ,  第89回日本薬理学会年会  ,  2016年3月
  68. 精神科外来患者の服薬実態
    • 奥田英人、岩崎克典、神村英利   ,  日本薬学会 第136年会  ,  2016年3月
  69. Distribution of presynaptically active synapses is regulated by the number of regional astrocytes in single cultured hippocampal neuron
    • Hideto Okuda, Takashi Hoshiyama, Saori Iwamoto, Kotomi Takeda, Kaori Kubota, Takuya Watanabe, Shutaro Katsurabayashi, Katsunori Iwasaki   ,  The 4th RIEC International Symposium on Brain Functions and Brain Computer  ,  2016年2月
  70. 漢方薬の認知症治療薬としての薬理学的エビデンスの構築
    • 岩崎 克典   ,  東北大学脳科学シンポジウム「脳高次機能と細胞内シグナル伝達」  ,  2015年12月
  71. 単独隔離飼育マウスのストレス性睡眠障害に対する発酵オタネ人参M1の効果
    • 長尾昌紀、森山博史、安藤なつき、中下裕貴、弟子丸眞実、四野見沙織、金氏嘉織、高崎浩太郎、窪田香織、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第45回日本神経精神薬理学会  ,  2015年9月
  72. アルツハイマー型認知症モデルラットを用いた八味地黄丸の空間記憶障害改善作用
    • 森山博史、松見春菜、窪田香織、松尾季依、桂林秀太郎、貝沼茂三郎、江頭伸昭、三嶋崇晴、坪井義夫、岩崎克典   ,  第32回和漢医薬学会学術大会  ,  2015年8月
  73. 卵巣摘出ラットにおける恐怖条件付けストレスに対する加味逍遙散の作用
    • 射場日佳里、江頭伸昭、桑野晴菜、川中理香子、長尾昌紀、森山博史、窪田香織、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第32回和漢医薬学会学術大会  ,  2015年8月
  74. 抑肝散のCREBを介した神経栄養因子様作用の解析
    • 窪田香織、橋本佳菜、福地紀美子、中川廣輝、桂林秀太郎、江頭伸昭、岩崎克典   ,  生体機能と創薬シンポジウム2015  ,  2015年8月
  75. 抑肝散の神経栄養因子様作用におけるCREBの関与
    • 橋本佳菜、福地紀美子、中川廣輝、窪田香織、桂林秀太郎、江頭伸昭、岩崎克典   ,  第32回和漢医薬学会学術大会  ,  2015年8月
  76. 神経栄養因子様作用を介した漢方由来認知症治療薬の開発
    • 窪田香織、野上 愛、桂林秀太郎、江頭伸昭、岩崎克典   ,  第32回和漢医薬学会学術大会  ,  2015年8月
  77. 神経栄養因子様作用を有する漢方薬の探索ならびに認知症の予防・治癒に向けた新規治療戦略の開拓
    • 窪田 香織   ,  第32回和漢医薬学会学術大会学術貢献賞受賞講演  ,  2015年8月
  78. 認知症新規治療薬を目指した八味地黄丸の神経栄養因子様作用の解析
    • 福江悠香、佐藤 瞳、窪田香織、桂林秀太郎、江頭伸昭、貝沼茂三郎、岩崎克典   ,  第32回和漢医薬学会学術大会  ,  2015年8月
  79. 認知症治療に果たす漢方薬の役割と展望
    • 岩崎 克典   ,  生体機能と創薬シンポジウム2015  ,  2015年8月
  80. 酸棗仁湯の睡眠障害および空間記憶障害に対する改善作用
    • 森山博史、窪田香織、長尾昌紀、百武裕香、吉田詩織、久保田直樹、江頭伸昭、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  生体機能と創薬シンポジウム2015  ,  2015年8月
  81. 新生児低酸素性虚血性脳症モデルラットにおける終末糖化産物前駆体メチルグリオキサールの動態
    • 高瀬友美、入江圭一、坂元佑哉、宮澤秋子、谷山儀一、城島絵里、山下郁太、中野貴文、佐藤朝光、佐野和憲、岩崎克典、三島健一   ,  日本薬学会第135年会  ,  2015年3月
  82. 酸棗仁湯の睡眠障害改善を介する認知機能障害の改善作用
    • 森山博史、高崎浩太郎、窪田香織、百武裕香、吉田詩織、長尾昌紀、貝沼茂三郎、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第88回日本薬理学会年会  ,  2015年3月
  83. 抑肝散の神経栄養因子様作用につて
    • 窪田香織、高崎浩太郎、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第16回応用薬理シンポジウム  ,  2014年12月
  84. PC12細胞でのH2O2誘導細胞死に対する抑肝散の効果
    • 古城戸綾、窪田香織、桂林秀太郎、高崎浩太郎、岩崎克典   ,  第67回日本薬理学会西南部会  ,  2014年11月
  85. アストロサイトの培養環境制御によるシナプス伝達のパラダイム
    • 星山貴志、岩本沙緒里、武田琴水、青沼有紀、庭野道夫、野田百美、桂林秀太郎、岩崎克典   ,  第67回日本薬理学会西南部会  ,  2014年11月
  86. 八味地黄丸の空間記憶障害に対する改善作用
    • 松見春菜、高崎浩太郎、森山博史、山田昂範、桂林秀太郎、窪田香織、貝沼茂三郎、三島崇晴、坪井義夫、岩崎克典   ,  第67回日本薬理学会西南部会  ,  2014年11月
  87. Pharmacological studies of Yokukansan on the ameliorative effects on memory deficits and abnormal behavior in an animal model of Alzheimer's disease
    • Katsunori Iwasaki   ,  2014 SPIRITS SEOUL SYMPOSIUM  ,  2014年11月
  88. オキサリプラチン誘発末梢神経障害ラットのCharcot-Marie-Tooth病原因遺伝子の動態
    • 寺岡里緒、入江圭一、山下郁太、岩橋理紗、吉武摩耶、明瀬孝之、原 暦、百武美香、市丸優希、林 稔展、松尾宏一、佐藤朝光、三島健司、岩崎克典、三島健一   ,  第73回日本癌学会学術総会  ,  2014年9月
  89. ティーエスワン誘発性食欲不振モデルラットの作製と解析
    • 岩橋理紗、山下郁太、入江圭一、寺岡里緒、吉武摩耶、中野貴文、林 稔展、佐藤朝光、松尾宏一、岩崎克典、三島健一   ,  第73回日本癌学会学術総会  ,  2014年9月
  90. アルツハイマー病新規治療戦略を指向した異常老化アストロサイトに関する研究
    • 河野洋幸、桂林秀太郎、窪田香織、高崎浩太郎、三島健一、藤原道弘、岩崎克典   ,  第16回七隈アルツハイマー病・パーキンソン研究会  ,  2014年4月
  91. 脳由来神経栄養因子の発現誘導作用を介した抑肝散のアルツハイマー病モデル動物の不安様行動に対する効果
    • 高尾優那, 野上 愛、高崎浩太郎、窪田香織、山下 拓、山本香織、松原友里香、内田直樹、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘、西村良二、岩崎克典   ,  第16回七隈アルツハイマー病・パーキンソン研究会  ,  2014年4月
  92. 脳血管性障害に対する血液凝固制御因子ADAMTS13の脳保護効果
    • 中野貴文、入江圭一、三島健一、二神幸次郎、岩崎克典   ,  第16回七隈アルツハイマー病・パーキンソン研究会  ,  2014年4月
  93. ラットでの大麻成分Δ9-テトラヒドロカンナビノールによる疼痛作用と鎮痛作用
    • 明瀬孝之、入江圭一、仁木富美子、澄川和奈、土橋良太、金城順英、三島健一、藤原道弘、岩崎克典   ,  日本薬学会第134年会  ,  2014年3月
  94. 単一ニューロンにおける離散的サイレントシナプスの分布解析と発達変化に関する研究
    • 小山美晴、桂林秀太郎、窪田香織、高崎浩太郎、三島健一、藤原道弘、岩崎克典   ,  第91回日本生理学会大会  ,  2014年3月
  95. 脳梗塞における多機能サイトカインであるOncostatinM受容体の発現変化
    • 大石悠加、入江圭一、中野貴文、二神幸次郎、三島健一、岩崎克典   ,  日本薬学会第134年会  ,  2014年3月
  96. 脳由来神経栄養因子の発現誘導作用を介した漢方薬の抗不安作用
    • 野上 愛、高崎浩太郎、窪田香織、山下 拓、山本香織、高尾優那、内田直樹、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘、西村良二、岩崎克典   ,  第87回日本薬理学会年会  ,  2014年3月
  97. 薬剤師によるテイコプラニン注の初期投与設計が与える効果
    -新規TDMガイドラインの治療濃度域に基づく検討-
    • 中野 貴文 、小川 静香、三島 健一、岩崎 克典、鷲山 厚、二神 幸次郎   ,  日本薬学会第134年会  ,  2014年3月
  98. 抑肝散の認知症周辺症状に対する治療効果の薬理学的エビデンス
    • 岩崎克典   ,  長崎県漢方調剤フォーラム  ,  2014年2月
  99. Aβ1-40による老化型アストロサイトの作製及びシナプス伝達に及ぼす影響に関する研究
    • 河野洋幸、大藪康平、桂林秀太郎、窪田香織、高崎浩太郎、三島健一、藤原道弘、岩崎克典   ,  第66回日本薬理学会西南部会  ,  2013年11月
  100. NGF発現量増加を介した抑肝散の空間記憶障害改善作用
    • 山本香織、高崎浩太郎、野上愛、小川絢子、山下拓、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘、西村良二、岩崎克典   ,  第66回日本薬理学会西南部会  ,  2013年11月
  101. 脂肪嗜好性に対する高脂肪食摂食期間が及ぼすカンナビノイドシステムの変化
    • 山下郁太、入江圭一、山口竜司、樋口 聖、中野貴文、林 稔展、松尾宏一、佐藤朝光、松山 清、三島健司、桂林秀太郎、窪田香織、高崎浩太郎、三島健一、岩崎克典   ,  第66回日本薬理学会西南部会  ,  2013年11月
  102. 長時間脳虚血モデルマウスに対する血液凝固制御因子ADAMTS13の脳保護効果-新規血栓溶解薬への応用-
    • 中野貴文, 田中雅彬, 入江圭一, 仲村佳彦, 石倉宏恭, 二神幸次郎,三島健一, 岩崎克典   ,  第66回日本薬理学会西南部会  ,  2013年11月
  103. 単独隔離ストレスマウスの睡眠障害に対する酸棗仁湯の効果
    • 吉良健太郎、高崎浩太郎、山田昂範、田山雄基、西山祐子、安藤なつき、森川花絵、緒方綾香、森山博史、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、内田直樹、西村良二、岩崎克典   ,  第43回神経精神薬理学会  ,  2013年10月
  104. 11) アルツハイマー病と漢方薬
    • 岩崎克典、野上 愛、高崎浩太郎、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘   ,  第15回応用薬理シンポジウム  ,  2013年9月
  105. 脳由来神経栄養因子の発現誘導作用を介した抑肝散の抗不安作用
    • 野上 愛、高崎浩太郎、山下 拓、山本香織、内田直樹、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、西村良二、岩崎克典   ,  第30回和漢医薬学会学術大会  ,  2013年8月
  106. MRSA感染症に対するDaptomycinの有効性・安全性の評価
    • 中野貴史, 塩塚昭一, 鷲山厚司, 三島健一, 岩崎克典, 二神幸次郎   ,  医療薬学フォーラム2013  ,  2013年7月
  107. βアミロイド1-40慢性投与によるアストロサイトの加齢促進とシナプス機能脆弱作用~インビトロ研究からの一考察~
    • 奥田 英人、桂林秀太郎、窪田香織、高崎浩太郎、三島健一、藤原道弘、岩崎克典   ,  第15回七隈アルツハイマー病・パーキンソン病研究会  ,  2013年4月
  108. アルツハイマー型認知症モデルラットの不安行動に対する抑肝散の効果
    • 野上 愛、高崎浩太郎、田中美由紀、小川絢子、山下 拓、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘、岩崎克典   ,  第15回七隈アルツハイマー病・パーキンソン病研究会  ,  2013年4月
  109. アストロサイト領域の制御に伴うシナプス形成秩序と機能動態の変化
    • 桂林秀太郎、青沼有紀、久保菜津子、久保壮文、高崎浩太郎、窪田香織、三島健一、藤原道弘、庭野道夫、岩崎克典   ,  第90回日本生理学会大会  ,  2013年3月
  110. 抑肝散の認知症周辺症状に対する治療効果の薬理学的エビデンス
    • 岩崎克典   ,  熊本県病院薬剤師会講演会  ,  2013年3月
  111. 新生児低酸素性虚血性脳症モデルラットの脳損傷に対する内因性カンナビノイドを介したデキサメタゾンの脳保護作用
    • 宮澤秋子、坂元佑哉、入江圭一、三島健一、宮崎蓉子、栫 千恵、中村裕司、窪田香織、桂林秀太郎、高崎浩太郎、岩崎克典、藤原道弘   ,  日本薬学会第133年会  ,  2013年3月
  112. 認知症モデルに対する抑肝散の治療効果の薬理学的検証
    • 窪田香織、野上 愛、高崎浩太郎、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘、岩崎克典   ,  第86回日本薬理学会年会シンポジウム  ,  2013年3月
  113. Aβ-40慢性投与によるアストロサイト老化促進
    • 奥田英人、桂林秀太郎、窪田香織、高崎浩太郎、三島健一、藤原道弘、岩崎克典   ,  第86回日本薬理学会年会シンポジウム  ,  2013年3月
  114. 抑肝散の神経栄養因子様作用について
    • 窪田香織、佐野堅太郎、白石彬子、別府菜津子、野上 愛、桂林秀太郎、高崎浩太郎、三島健一、藤原道弘、岩崎克典   ,  第65回日本薬理学会西南部会  ,  2012年11月
  115. 新生児低酸素性虚血性脳症モデルラットにおけるドーパミン神経障害誘発回転行動に対する脳血管新生病変形成の関与
    • 坂元佑哉、入江圭一、三島健一、秋武義治、宮澤秋子、栫 千恵、中村裕司、窪田香織、桂林秀太郎、高崎浩太郎、岩崎克典、藤原道弘   ,  第65回日本薬理学会西南部会  ,  2012年11月
  116. 462) ニューロン/アストロサイト混成比とシナプス形成秩序
    • 桂林秀太郎、青沼有紀、久保菜津子、久保壮文、窪田香織、高崎浩太郎、三島健一、藤原道弘、庭野道夫、岩崎 克典   ,  第14回応用薬理シンポジウム  ,  2012年9月
  117. 抑肝散はERK経路を介し神経様突起伸長効果を示す
    • 佐野堅太郎、窪田香織、白石彬子、進藤太郎、桂林秀太郎、高崎浩太郎、三島健一、西村良二、藤原道弘、岩崎克典   ,  第29回和漢医薬学会学術大会  ,  2012年9月
  118. 漢方薬の基礎薬理 -抑肝散の抗認知症作用の行動薬理学的エビデンス-
    • 岩崎克典、野上 愛、高崎浩太郎、窪田香織、藤原道弘   ,  第34回日本生物学的精神医学会  ,  2012年9月
  119. 生活習慣病を併せ持つアルツハイマー型認知症モデルラットの不安行動に対する抑肝散と釣藤鈎の効果
    • 野上 愛、高崎浩太郎、田中美由紀、小川絢子、山下 拓、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘、岩崎克典   ,  第29回和漢医薬学会学術大会  ,  2012年9月
  120. 認知症の補完・代替療法としての漢方薬の役割ー治療効果の行動薬理学的実証ー
    • 岩崎克典   ,  第6回日本東洋医学会専門医制度九州地区教育講演  ,  2012年9月
  121. 神経変性疾患に対するPPARγ作用薬の効果
    • 窪田香織、原口珠美、内田佳菜子、月森由紀、中山知香、進藤太郎、高崎浩太郎、桂林秀太郎、三島健一、西村良二、藤原道弘、岩崎克典   ,  七隈アルツハイマー病・パーキンソン病研究会  ,  2012年4月
  122. 脳内環境を考慮したin vitro加齢モデルの作出とその応用
    • 桂林秀太郎、奥田英人、久保菜津子、久保壮文、河野洋幸、井伊美由紀、中野佐知子、窪田香織、高崎浩太郎、三島健一、藤原道弘、岩崎克典   ,  七隈アルツハイマー病・パーキンソン病研究会  ,  2012年4月
  123. PC12細胞において酸化ストレスにより誘発された細胞死へのPPARγパーシャルアゴニストTelmisartanの効果
    • 中山知香、窪田香織、月森由紀、白石彬子、竹中この葉、桂林秀太郎、高崎浩太郎、三島健一、藤原道弘、岩崎克典   ,  第85回日本薬理学会年会  ,  2012年3月
  124. マウスにおける高脂肪食嗜好性に対する高脂肪食から標準食への食餌切り替えの影響
    • 山口竜司、樋口 聖、香月 舞、大治万喜子、荒木舞子、、木本公平、入江圭一、坂元佑哉、松山 清、三島健司、桂林秀太郎、高崎浩太郎、窪田香織、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第85回日本薬理学会年会  ,  2012年3月
  125. マウスの高脂肪食嗜好性における視床下部内のアストロサイトの役割
    • 香月 舞、樋口 聖、山口竜司、荒木舞子、大治万喜子、古田莉世、木本公平、坂元佑哉、入江圭一、松山 清、三島健司、桂林秀太郎、高崎浩太郎、窪田香織、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第85回日本薬理学会年会  ,  2012年3月
  126. 抑肝散の認知症に対する治療効果の行動薬理学的実証
    • 岩崎克典、高崎浩太郎、野上 愛、桂林秀太郎、窪田香織、三島健一、藤原道弘   ,  第85回日本薬理学会年会  ,  2012年3月
  127. 脳梗塞モデルマウスを用いたプログラニュリンの発現変化とミクログリアの活性化に関する研究
    • 古川 歩、入江圭一、三島健一、高崎浩太郎、桂林秀太郎、窪田香織、岩崎克典、藤原道弘   ,  第89回日本生理学会大会  ,  2012年3月
  128. アストロサイト長期培養によるニューロンのサイレントシナプス発現
    • 桂林秀太郎   ,  生理学研究所研究会「シナプス伝達の概念志向型研究」  ,  2011年12月
  129. 扁桃体中心核ニューロンに収斂する異なる起原のシナプス入力の統合過程
    • 河野洋幸、渡部文子、藤原道弘、岩崎克典、加藤総夫   ,  第39回薬物活性シンポジウム  ,  2011年11月
  130. 抑肝散は脳血管性認知症モデル動物の睡眠障害に対して改善効果を示す
    • 長尾昌紀、高崎浩太郎、野上 愛、平井裕子、森山博史、百武裕香、桂林秀太郎、窪田香織、三島健一、藤原道弘、岩崎克典   ,  第39回薬物活性シンポジウム  ,  2011年11月
  131. 新生児低酸素性虚血性脳症モデルラットにおける脳損傷に対するドパミン神経系の関与
    • 坂元佑哉、秋武義治、入江圭一、宮﨑蓉子、栫 千恵、中村裕司、窪田香織、桂林秀太郎、高崎浩太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第39回薬物活性シンポジウム  ,  2011年11月
  132. 脳血管性認知症モデル動物の睡眠障害に対する抑肝散の効果
    • 長尾昌紀、高崎浩太郎、野上 愛、平井裕子、森山博史、百武裕香、桂林秀太郎、窪田香織、三島健一、藤原道弘、岩崎克典   ,  第64回日本薬理学会西南部会  ,  2011年11月
  133. 高脂肪食嗜好性に対する標準食への切り替えによる脳内カンナビノイドシステムの役割
    • 山口竜司、樋口 聖、香月 舞、大治万喜子、荒木舞子、入江圭一、松山 清、三島健司、窪田香織、桂林秀太郎、高崎浩太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第39回薬物活性シンポジウム  ,  2011年11月
  134. アストロサイトの老化によるプレサイレントシナプスの発現
    • 河野洋幸、桂林秀太郎、高崎浩太郎、窪田香織、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第34回日本神経科学大会  ,  2011年9月
  135. アルツハイマー病動物モデルを用いた抑肝散の認知症周辺症状ならびに中核症状に対する作用について
    • 岩崎克典、高崎浩太郎、野上 愛、阪田有理、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘   ,  生体機能と創薬シンポジウム2011東京  ,  2011年9月
  136. Neuroprotective effects of CDP-choline on impaired spatial memory in a rat model of cerebrovascular dementia
    • K, Takasaki K, Uchida K, Fujikawa J, Nogami A, Nakamura K, Kawasaki C, Yamaguti K, Morita M, Morishita K, Kubota K, Katsurabyashi K, Mishima K, Fujiwara M, Iwasaki K   ,  2nd Congress of AsCNP:Asian College of Neuropsychopharmacology  ,  2011年9月
  137. Effect of Toki, a component of Yokukansan, on memory disturbance in animal model of cerebrovascular dementia
    • Nogami A, Takasaki K, Kawasaki C, Yamagichi K, Fujikawa R, Manabe A, Kubota K, Mishima K. Nishimura R, Fujiwara M and Iwasaki K   ,  2nd Congress of AsCNP:Asian College of Neuropsychopharmacology  ,  2011年9月
  138. 抑肝散は脳血管性認知症の中核症状の治療薬となり得る
    • 藤川理沙子、野上 愛、高崎浩太郎、川崎千尋、中村和哉、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘、岩崎克典   ,  第28回和漢医薬学会学術大会  ,  2011年8月
  139. 脳血管性認知症モデル動物における抑肝散の有効性の検証と抗不安機序に関する研究
    • 山口加寿子、野上 愛、高崎浩太郎、川崎千尋、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、 西村良二、藤原道弘、岩崎克典   ,  第28回和漢医薬学会学術大会  ,  2011年8月
  140. 「認知症と漢方」ー認知症の動物モデルを用いた薬効評価ー
    • 岩崎克典   ,  第194回筑豊漢方研究会  ,  2011年5月
  141. 認知症に効く漢方薬を動物実験で探す
    • 岩崎克典   ,  第38回福岡大学薬学部卒後教育講座  ,  2011年5月
  142. アルツハイマー病動物モデルを用いた薬効評価ー新薬から漢方薬までー
    • 岩崎克典   ,  第13回七隈アルツハイマー病研究会  ,  2011年4月
  143. 2-arachidonylglycerolの腸管病原微生物に対する感染防御への有効性
    • 上田紗織、入江圭一、佐藤朝光、三島健一、鶴田翔大、五百木真里、田村幸恵、奥野隆啓、中島幸彦、岩崎克典、鹿志毛信広、藤原道弘、見明史雄   ,  日本薬学会131年会  ,  2011年3月
  144. Tg2576マウスにおけるアストロサイトの老化に伴う興奮性シナプスの脆弱
    • 井伊美由紀、桂林秀太郎、窪田香織、高崎浩太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第84回日本薬理学会年会  ,  2011年3月
  145. アストロサイトの老化に伴う興奮性シナプス伝達の脆弱
    • 河野洋幸、桂林秀太郎、窪田香織、高崎浩太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第84回日本薬理学会年会  ,  2011年3月
  146. アルツハイマー型認知症モデルラットの空間記憶障害と海馬のアポトーシスに対するtelmisartanの効果
    • 鬼村理香、内田佳菜子、原口珠美、白井友紀子、進藤太郎、窪田香織、桂林秀太郎、高崎浩太郎、三島健一、西村良二、岩崎克典、藤原道弘   ,  日本薬学会131年会  ,  2011年3月
  147. ガングリオシドGM3合成酵素欠損マウスの聴覚障害は蝸牛不動毛の変成が原因である
    • 吉川弥里、郷 慎司、小宗静男、藤原道弘、岩崎克典、井ノ口仁一   ,  第84回日本薬理学会年会  ,  2011年3月
  148. 大麻による異常行動発現に対するエタノールの影響
    • 最所美帆、白川敦規、入江圭一、窪田香織、桂林秀太郎、高崎浩太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  日本薬学会131年会  ,  2011年3月
  149. 大麻成分cannabidiolの脳梗塞に対する治療効果とその可能性
    • 早川和秀、三島健一、ロウ エング、岩崎克典、藤原道弘   ,  第84回日本薬理学会年会  ,  2011年3月
  150. 抑肝散の構成生薬としての当帰の空間記憶障害改善作用ならびにアポトーシス抑制作用
    • 藤川理沙子、川﨑千尋、岩崎克典、高崎浩太郎、野上 愛、山口加寿子、中村和哉、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘   ,  第84回日本薬理学会年会  ,  2011年3月
  151. 抑肝散の認知症中核症状改善効果と海馬のdynamin 1動態の関与
    • 阪田有理、岩崎克典、高崎浩太郎、野上 愛、田代清香、田中美由紀、内田直樹、進藤太郎、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第84回日本薬理学会年会  ,  2011年3月
  152. 脳梗塞時におけるADAMTS13の病態生理学的役割の解明と治療への応用
    • 中野貴文、早川和秀、藤岡政行、入江圭一、樋口 聖、秋武義治、川﨑圭祐、玉野雅之、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第84回日本薬理学会年会  ,  2011年3月
  153. 脳血管性認知症モデルラットの空間記憶障害と神経細胞死に対するシチコリンの効果
    • 森川花絵、内田佳菜子、藤川理沙子、川﨑千尋、山口加寿子、原口珠実、野上 愛、森田匡彦、森下幸治、窪田香織、桂林秀太郎、高崎浩太郎、三島健一、藤原道弘、岩崎克典   ,  日本薬学会131年会  ,  2011年3月
  154. 長期高脂肪食摂取による嗜好性に対するエネルギー制限食の影響
    • 山口竜司、樋口 聖、香月 舞、大治万喜子、荒木舞子、入江圭一、松山 清、三島健司、桂林秀太郎、高崎浩太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  日本薬学会131年会  ,  2011年3月
  155. 高脂肪食嗜好性に対するアストロサイト代謝阻害薬,Fluorocitrateの影響
    • 香月 舞、樋口 聖、山口竜司、荒木舞子、大治万喜子、古田莉世、入江圭一、松山 清、三島健司、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第84回日本薬理学会年会  ,  2011年3月
  156. アルツハイマー病の動物モデルと漢方薬の薬効評価
    • 岩崎克典   ,  東洋医学会九州支部熊本県部会主催講演会  ,  2011年2月
  157. マウス脳虚血-再灌流障害におけるADAMTS13の生理的役割と治療効果
    • 中野 貴文、早川 和秀、入江 圭一、樋口 聖、秋武 義治、窪田 香織、 桂林 秀 太郎、高崎 浩太郎、三島 健一、岩崎 克典、藤原 道弘   ,  第27回日本薬学会九州支部大会  ,  2010年12月
  158. 新生児低酸素性虚血性脳症モデルラットにおける虚血同側への異常な回転行動に対するドーパミン神経系の関与
    • 坂元佑哉,三島健一,秋武義治,入江圭一,宮崎蓉子,栫千恵,窪田香織,桂林秀太郎,高崎浩太郎,岩崎克典,藤原道弘   ,  第63回日本薬理学会西南部会  ,  2010年11月
  159. 老化型グリア細胞培養モデルの作製及びグリア細胞の老化に伴うシナプス修飾作用
    • 河野洋幸 、桂林秀太郎 、井伊美由紀 、窪田香織 、高崎浩太郎 、 三島健一 、岩崎克典 、藤原道弘   ,  第63回日本薬理学会西南部会  ,  2010年11月
  160. Cholinergic involvement in the ameliorating effect of Yokukansan on the impairment of spatial memory
    • Uchida N   ,  Hongkong Psychogeriatric Association, 12th Annual General Meeting and Annual Scientific Symposium  ,  2010年11月
  161. Involvement of dynamin1, a synaptic endocytosis modulator , in the ameliorative effect of Yokukansan on memory disturbances in an animal model of Alzheimer’s disease.
    • Y. SAKATA, K. IWASAKI, K. TAKASAKI, A. NOGAMI, N. UCHIDA, S. TASHIRO, M. TANAKA, T. SHINDO, K. KUBOTA, S. KATURABAYASHI, K. MISHIMA, R. NISHIMURA, M. FUJIWARA   ,  Neuroscience 2010  ,  2010年11月
  162. The role of hypothalamic endocannabinoid, 2-arachidonoylglycerol in developing a preference for high-fat diet.model of Alzheimer’s disease.
    • S. HIGUCHI, M. OHJI, M. ARAKI, R. FURUTA, M. KATSUKI, R. YAMAGUCHI, Y. AKITAKE, K. MATSUYAMA, K. IRIE, K. MISHIMA, K. MISHIMA, K. IWASAKI, M. FUJIWARA   ,  Neuroscience 2010  ,  2010年11月
  163. Dual effects of ADAMTS13 on cerebral ischemia-reperfusion injury : A role for regulating both blood flow and inflammation.
    • T. NAKANO, K. HAYAKAWA, M. FUJIOKA, K. IRIE, S. HIGUCHI, Y. SAKAMOTO, Y. AKITAKE, K. MISHIMA, K. IWASAKI, M. FUJIWARA   ,  Neuroscience 2010  ,  2010年11月
  164. Nighttime wandering in the model rats of cerebrovascular dementia.
    • M. NAGAO, K. TAKASAKI, K. IWASAKI, A. NOGAMI, Y. HIRAI, H. MORIYAMA, K. KUBOTA, S. KATSURABAYASHI, K. MISHIMA, M. FUJIWARA   ,  Neuroscience 2010  ,  2010年11月
  165. A behavioral method for evaluating irritable behavior using ultrasonic vocalizations in delta 9-tetrahydrocannabinol-treated rats.
    • A. SHIRAKAWA, K. IRIE, K. MATSUO, Y. AKITAKE, K. KUBOTA, S. KATSURABAYASHI, K. TAKASAKI, K. MISHIMA, K. IWASAKI, M. FUJIWARA   ,  Neuroscience 2010  ,  2010年11月
  166. Ameliorative effects of Hericium erinaceum on ischemic nerve damage in mice subjected to middle cerebral artery occlusion.
    • Takafumi Nakano, Aiko Kataoka, Keiichi Irie, Sei Higuchi, Riyo Furuta, Kenichi Mishima, Katsunori Iwasaki, Michihiro Fujiwara.   ,  The 20th Japan-Korea Joint Seminar on Pharmacology  ,  2010年11月
  167. 抑肝散の中核症状への効果について
    • 内田直樹、高崎浩太郎、阪田有理、野上 愛、大石博史、渡辺拓也、進藤太郎、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、江頭伸昭、岩崎克典、藤原道弘、西村良二   ,  第32回日本生物学的精神医学会  ,  2010年10月
  168. 抑肝酸の中核症状への効果とその薬理学的機序について
    • 内田直樹、野上 愛、高崎浩太郎、進藤太郎、阪田有理、桂林秀太郎、三島健一、江頭伸昭、岩崎克典、藤原道弘、西村良二   ,  第32回日本生物学的精神医学会  ,  2010年10月
  169. DOI誘発首振り行動におけるグルタミン酸神経と内因性カンナビノイドシステムの関与
    • 白川敦規、江頭伸昭、三島健一、入江圭一、秋武義治、内田佳菜子、阪田有理、窪田香織、桂林秀太郎、高崎浩太郎、岩崎克典、藤原道弘   ,  第40回日本神経精神薬理学会年会  ,  2010年9月
  170. 繰り返し能虚血ラットの空間記憶障害と海馬のアポトーシスに対するPPARγ活性化薬の作用
    • 内田佳菜子、岩崎克典、原口珠実、高崎浩太郎、白井友紀子、鬼村理香、進藤太郎、内田直樹、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、西村良二、藤原道弘   ,  第40回日本神経精神薬理学会年会  ,  2010年9月
  171. 抑肝散の認知症中核症状改善効果と海馬のDynamin1動態の関与
    • 阪田有理、岩崎克典、高崎浩太郎、野上 愛、田代清香、進藤太郎、窪田香織、三島健一、西村良二、藤原道弘   ,  第27回和漢医薬学会学術大会  ,  2010年8月
  172. Japanese herbal medicine, Yokukansan, inhibits social isolation-induced aggression
    • Uchida N, Egashira A, Nogami A, Takasaki K, Sakata Y, Iwasaki K, Fujiwara M, Nishimura R   ,  The annual meeting of the International Congress of Alzheimer's disease  ,  2010年7月
  173. Cholinergic involvement in the ameliorating effect of Yokukansan on the impairment of spatial memory
    • Uchida N   ,  第32回日本生物学的精神医学会  ,  2010年7月
  174. Effect of Yokukansan on the sleep disterbance of an animal model for cerebrovascular dementia
    • A.Nogami, T.Takasaki, M.Nagao, N.Uchida, Y.Sakata, S.Katsurabayashi, K.Kubota, K.Mishima, K.Iwasaki, R.Nishimura, M.Fujiwara   ,  XXVII CINP CONGRESS  ,  2010年6月
  175. Effect of Yokukansan, a traditional Japanese medicine, on cholinergic involvement and memory disturbance in Alzheimer's disease model of rat
    • N.Uchida, A.Nogami, K.Takasaki, Y.Sakata, K.Iwasaki, M.Fujiwara, R.Nishimura   ,  XXVII CINP CONGRESS  ,  2010年6月
  176. アルツハイマー病様グリア細胞によるシナプスの脆弱化
    • 桂林秀太郎   ,  第12回七隈アルツハイマー病研究会  ,  2010年4月
  177. 糖尿病を合併したアルツハイマー病動物モデルの空間記憶障害と中枢インスリンシグナルの変化
    • 高崎浩太郎   ,  第12回七隈アルツハイマー病研究会  ,  2010年4月
  178. 脳循環障害を伴うアルツハイマー病を反映したin vitro病態細胞モデルの構築
    • 窪田香織   ,  第12回七隈アルツハイマー病研究会  ,  2010年4月
  179. アルツハイマー病遺伝子改変動物Tg2576の一過性脳虚血による早期学習記憶障害発現機構の解析
    • 高崎浩太郎、岩崎克典、山縣宣仁、渡辺拓也、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘   ,  生命科学シンポジウム  ,  2010年3月
  180. カンナビノイド1受容体拮抗薬O-2050は高脂肪食嗜好性による活性化アストロサイトを抑制する
    • 樋口 聖、大地万喜子、荒木舞子、入江圭一、松山 清、三島健司、桂林秀太郎、高崎浩太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  日本薬学会第130年会  ,  2010年3月
  181. ヤマブシタケによるNGF合成促進作用を介した脳虚血改善作用
    • 古田莉世、片岡愛子、早川和秀、入江圭一、桂林秀太郎、高崎浩太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  日本薬学会第130年会  ,  2010年3月
  182. 低酸素性虚血により生じる緩徐進行性脳損傷の性差の発現には活性化アストロサイトが関与している
    • 坂元佑哉、石兼 真、原田和彦、三島健一、入江圭一、樋口 聖、白川敦規、宮崎蓉子、池田智明、桂林秀太郎、高崎浩太郎、岩崎克典、藤原道弘   ,  第83回日本薬理学会年会  ,  2010年3月
  183. 内因性カンナビノイドによる抗菌ペプチドの発現作用
    • 長戸麻美、榎木麻希子、入江圭一、秋武義治、三島健一、佐藤朝光、鹿志毛信広、見明史雄、岩崎克典、藤原道弘   ,  日本薬学会第130年会  ,  2010年3月
  184. 摂食行動における視床下部の2-arachidonlyglycerolの役割に関する検討
    • 荒木舞子、樋口 聖、大地万喜子、入江圭一、松山 清、三島健司、桂林秀太郎、高崎浩太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  日本薬学会第130年会  ,  2010年3月
  185. 新生児低酸素性虚血性脳症(HIE)モデルラットの緩徐進行性脳損傷に対するアストロサイトに発現したカンナビノイド受容体の関与
    • 宮崎蓉子、坂元佑哉、石兼 真、原田和彦、入江圭一、池田智明、松山 清、三島健司、桂林秀太郎、高崎浩太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  日本薬学会第130年会  ,  2010年3月
  186. 老化マウスにおけるうつ様行動の発現と血漿テストステロン量の減少
    • 江頭伸昭、合志英美、奥野良子、白川敦規、三島健一、岩崎克典、大石了三、藤原道弘   ,  第83回日本薬理学会年会  ,  2010年3月
  187. 脳血管性認知症モデルラットの睡眠障害
    • 高崎浩太郎、長尾昌紀、野上 愛、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第83回日本薬理学会年会  ,  2010年3月
  188. 脳血管性認知症モデル動物における睡眠障害に対する抑肝散の効果
    • 野上 愛、岩崎克典、長尾昌紀、高崎浩太郎、内田直樹、川崎千尋、山口加寿子、阪田友理、井伊美由紀、桂林秀太郎、窪田香織、三島健一、西村良二、藤原道弘   ,  第83回日本薬理学会年会  ,  2010年3月
  189. 高脂肪食嗜好性の獲得過程における2-arachidonyl-glycerolの役割
    • 大地万喜子、樋口 聖、荒木舞子、入江圭一、松山 清、三島健司、桂林秀太郎、高崎浩太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  日本薬学会第130年会  ,  2010年3月
  190. 高脂肪食嗜好性は内因性カンナビノイドによって調節される
    • 樋口 聖、三島健一、荒木舞子、大治万喜子、入江圭一、三島健司、桂林秀太郎、高崎浩太郎、岩崎克典、藤原道弘   ,  第83回日本薬理学会年会  ,  2010年3月
  191. シチコリンの空間記憶改善効果
    • 高崎浩太郎、岩崎克典、野上 愛、内田佳菜子、原口珠美、早川和秀、窪田香織、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘   ,  福岡大学高機能物質研究所成果報告会  ,  2010年2月
  192. ヒト肺上皮細胞株A546を用いた2-arachidonoyl glycerolによる抗菌ペプチド誘導作用の解析
    • 入江圭一、榎木麻希子、三島健一、樋口 聖、岩崎克典、園田結理、佐藤朝光、鹿志毛信広、見明史雄、藤原道弘   ,  福岡大学高機能物質研究所成果報告会  ,  2010年2月
  193. ヤマブシタケの脳保護作用
    • 三島健一、片岡愛子、早川和秀、入江圭一、樋口 聖、岩崎克典、藤原道弘   ,  福岡大学高機能物質研究所成果報告会  ,  2010年2月
  194. ヒト肺上皮細胞株A549における内因性カンナビノイドによる自然免疫賦活作用
    • 榎木麻希子、入江圭一、園田結理、三島健一、岩崎克典、佐藤朝光、鹿志毛信広、見明史雄、藤原道弘   ,  第26回日本薬学会九州支部大会  ,  2009年12月
  195. 下肢虚血モデルラットを用いた卵膜由来間葉系幹細胞の他家細胞移植による血管新生効果の検討
    • 石兼 真、池田智明、原田和彦、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第26回日本薬学会九州支部大会  ,  2009年12月
  196. 高脂肪食嗜好性に対する内因性カンナビのイドの役割に関する検討
    • 樋口 聖、荒木舞子、大地万喜子、入江圭一、三島健司、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第26回日本薬学会九州支部大会  ,  2009年12月
  197. ガングリオシドGM3合成酵素欠損マウスの自発運動量および情動行動の変化
    • 安部由起子、高崎浩太郎、吉川弥里、野上 愛、渡辺拓也、郷 慎司、永福正和、樺山一哉、桂林秀太郎、三島健一、井ノ口仁一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第39回日本神経精神薬理学会  ,  2009年11月
  198. ガンングリオシドGM3合成酵素欠損マウスの学習・記憶に関する検討
    • 安部由起子、高崎浩太郎、吉川弥里、野上 愛、郷 慎司、永福正和、樺山一哉、桂林秀太郎、三島健一、井ノ口仁一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第62回日本薬理学会西南部会  ,  2009年11月
  199. 糖尿病を合併したアルツハイマー病モデルラットの空間記憶障害の評価ならびに中枢インスリンシグナルの検討
    • 橋本勇作、高崎浩太郎、清水芳香、野上 愛、樋口 聖、藤田さやか、桂林秀太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第39回日本神経精神薬理学会  ,  2009年11月
  200. 脳循環障害を伴うアルツハイマー病を反映した病態細胞の作製
    • 森脇典弘、高崎浩太郎、山縣宣仁、月森由紀、井伊美由紀、野上 愛、桂林秀太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第62回日本薬理学会西南部会  ,  2009年11月
  201. A role of the endocannabinoids for thr preference for high-fat diet
    • Sei Higuchi, Maiko Araki, Makiki Ohji, Kenichi Irie, Kiyoshi Matsuyama, Kenji Mishima, Kenichi Mishima, Katsunori Iwasaki, Michihiro Fujiwara   ,  Kyushu Brain Days 2009  ,  2009年11月
  202. Yokukansan is a attracting candidate not only for treatment of BPSD, but also treatment of cognitive disturbance
    • Ai Nogami,Katsunori Iwasaki,Kotaro Takasaki,Naoyuki Uchida, Yuri Sakata,Kazuko Yamaguchi,Chihiro Kawasaki,Shutaro Katsurabayashi,Kenichi Mishima,Ryoji Nishimura,Michihiro Fujiwara   ,  Kyushu Brain Days 2009  ,  2009年11月
  203. Neuroprotecyive effects of Kangen-karyu against cerebral ischemia
    • AMakiko Enoki, Kazuhide Hayakawa, Keiichi Irie, Fengling Pu, Sei Higuchi, Aiko Kataoka, Takafumi Nakano, Mami Nagato, Kenichi Mishima, Katsunori Iwasaki, Mishiniro Fujiwara   ,  Kyushu Brain Days 2009  ,  2009年11月
  204. Dynamin 1 depletion and memory deficits in rats treated with beta-amyloid and cerebral ischemia
    • Takuya Watanabe, Katsunori Iwasaki, Ai Nogami, Miyuki Ii, Keiichi Fujimoto, Kohsuke Matsunoto, Yasufumi Kataoka, Michihiro Fujiwara   ,  アジア神経精神薬理学会  ,  2009年11月
  205. Effect of Yokukansan on the BPSD-like Behavior Induced by Repeated Cerebral Ischemia in rats Via Serotonergic Nervous System
    • Ai Nogami, Kotaro Takasaki, Katsunori iwasaki, Naoki Uchida, Kazuko Yamaguchi, Chihiro Kawasaki, Yuri Sakata, Miyuki Ii, Shutaro Katsurabayashi, Kenichi Mishima, Roji Nishimura, Michihiro Fujiwara   ,  アジア神経精神薬理学会  ,  2009年11月
  206. Effect of Mood Stabilizers on Marble-burying Behavior in Mice
    • Atsunori Shirakawa, Nobuaki Egashira, Kenichi Mishima, Keiichi Irie, Shutaro Katsurabayashi, Kotaro Takasaki, Katsunori Iwasaki, Michihiro Fujiwara   ,  アジア神経精神薬理学会  ,  2009年11月
  207. Depression of Synaptic Vesicular Release and Functional Impairmant Induced by Glial Overexpression of APP
    • Sachiko Nakano, Shutaro Kastsurabayashi, Hiroyuki Kawano, Kotaro Takasaki, Kenichi Mishima, Katsunori Iwasaki, Michihiro Fujiwara   ,  アジア神経精神薬理学会  ,  2009年11月
  208. 精神科外来におけるうつ病患者の唾液中ストレス関連物質の測定
    • 江頭伸昭、内田直樹、石橋歩美、千鳥正三、三島健一、岩崎克典、西村良二、大石了三、藤原道弘   ,  第19回日本医療薬学会年会  ,  2009年10月
  209. 脳血管性認知症モデルラットの睡眠障害
    • 野上 愛、高崎浩太郎、長尾昌紀、桂林秀太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  日本睡眠学会大会  ,  2009年10月
  210. The cannabinoid 1 receptors in astrocytes mediate preference for high-fat diets in mice
    • S.Higuchi,K.Hayakawa,S.Mishima,K.Irie,M.Enoki,Y.Sakamoto,A.Kataoka,M.Oji,M.Araki,K.Mishima,K.Iwasaki,M.Fujiwara   ,  米国神経科学会議2009  ,  2009年10月
  211. Dysfunction of Exitatory Synaptic Transmission Mediated by Overexpression of Glial Amyloid Precursor Protein
    • S.Nakano,S.Katsurabayashi,H.Kawano,T.Takasaki,K.Mishima, K.Iwasaki,M.Fujiwara   ,  米国神経科学会議2009  ,  2009年10月
  212. Repeated treatment of Kangen-karyu can provide neuroprotective effects against global and focal cerebral ischemia
    • M.Enoki,K.Hayakawa,K.Irie,F.Pu,K.Sano,S.Higuchi,A.Kataoka,T.Nakano,M.Nagato,K.Mishima,K.Iwasaki,M.Fujiwara   ,  米国神経科学会議2009  ,  2009年10月
  213. Repeated treatment with Yamabushitake ameriorates neurologic impairment through activated microglia expressing a high-mobility group box-1-inhibiting mechanism
    • A.Kataoka,K.Hayakawa,M.Hazekawa,K.Irie,S.Higuchi,M.Enoki,T.Nakano,R.Furuta,K.Mishima,K.Iwasaki,M.Fujiwara   ,  米国神経科学会議2009  ,  2009年10月
  214. YKS is an attracting candidate not only for treatment of BPSD but also treatmentof cognitive disturbance
    • A.Nogami,K.Iwasaki,K.Takasaki,N.Uchida,Y.Sakata,M.Ii,N.Egashira,S.Katsurabayashi,K.Mishima,R.Ohishi,R.Nishimura,M.Fujiwara   ,  米国神経科学会議2009  ,  2009年10月
  215. Ovarievctomy gets worse the brain damage and learning impairment by hypoxic-ischemia in neonatal rats
    • Y.Sakamoto,S.Ishikane,K.Harada,K.Mishima,K.Irie,T.Nakashima,S.Higuchi,A.Shirakawa,Y.Miyazaki,T.Ikeda,S.Katsurabayashi,T.Takasaki,K.Iwasaki,M.Fujiwara   ,  米国神経科学会議2009  ,  2009年10月
  216. アストロサイトAPPの過剰発現によるシナプス伝達修飾作用
    • 桂林 秀太郎、中野 佐知子、高崎 浩太郎、三島 健一、岩崎 克典、藤原 道弘   ,  第32回日本神経科学大会  ,  2009年9月
  217. アルツハイマー病の動物モデルと漢方薬の薬理作用
    • 岩崎克典   ,  第31回福岡大学東洋医学研究会  ,  2009年9月
  218. ヤマブシタケの繰り返し投与による脳保護効果の解明
    • 片岡愛子、櫨川 舞、入江圭一、榎木麻希子、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第26回和漢医薬学会学術大  ,  2009年8月
  219. 丹参製剤「冠元顆粒」の脳虚血に対する予防効果
    • 榎木麻希子、金子朋博、蒲 風玲、入江圭一、早川和秀、佐野和憲、片岡愛子、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第26回和漢医薬学会学術大会  ,  2009年8月
  220. 脳血管性認知症モデル動物の覚醒レベルの変調に対する抑肝散の効果と作用機序
    • 野上 愛、高崎浩太郎、岩崎克典、内田直樹、阪田有理、井伊美由紀、桂林秀太郎、三島健一、西村良二、藤原道弘   ,  第26回和漢医薬学会学術大会  ,  2009年8月
  221. 薬理研究デザイン塾ー漢方薬の作用の科学的根拠を見いだす動物実験
    • 岩崎克典   ,  第26回和漢医薬学会学術大会  ,  2009年8月
  222. THE FLUCTUATION OF THE VESICULAR RELEASE PROBABILITY IN DEVELOPING HIPPOCAMPAL AUTAPTIC SYNAPSES
    • Shutaro Katsurabayashi, Sachiko Nakano, Kotaro Takasaki, Kenichi Mishima, Katsunori Iwasaki & Michihiro Fujiwara   ,  第36回国際生理学会  ,  2009年7月
  223. アルツハイマー病遺伝子改変動物Tg2576の一過性脳虚血による早期学習記憶障害発現機構の解析
    • 高崎浩太郎、山縣宣仁、渡辺拓也、桂林秀太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第11回七隈アルツハイマー病研究会カンファレンス  ,  2009年4月
  224. マウスの高脂肪食嗜好性に対するアストロサイトに発現したカンナビノイド受容体の関与
    • 樋口聖、三島健一、三嶋翔平、早川和秀、入江圭一、桂林秀太郎、高崎浩太郎、岩崎克典、藤原道弘   ,  第82回日本薬理学会年会  ,  2009年3月
  225. ラットの超音波発声を用いた被刺激性行動のための新規評価系の確立
    • 山田裕介、三島健一、入江圭一、佐野和憲、桂林秀太郎、高崎浩太郎、岩崎克典、藤原道弘   ,  第82回日本薬理学会年会  ,  2009年3月
  226. 全脳虚血モデルに対する冠元顆粒の神経保護作用に関する研究
    • 蒲風玲、三島健一、本橋京子、金子朋博、田中由理香、高崎浩太郎、桂林秀太郎、岩崎克典、藤原道弘   ,  第129回日本薬学会年会  ,  2009年3月
  227. 繰り返し脳虚血ラットの空間記憶障害ならびに周辺症状様行動に対する抑肝散の効果
    • 野上愛, 高崎浩太郎, 岩崎克典, 大石博史, 内田直樹, 桂林秀太郎, 三島健一, 西村良二, 藤原道弘   ,  第82回日本薬理学会年会  ,  2009年3月
  228. 認知症モデルラットの空間記憶障害に対する抑肝散の効果とその作用機序
    • 野上愛, 高崎浩太郎, 岩崎克典, 内田直樹, 大石博史, 桂林秀太郎, 三島健一, 西村良二, 藤原道弘   ,  第129回日本薬学会年会  ,  2009年3月
  229. インスリン抵抗性を示す糖尿病ラットを用いたアルツハイマー病モデル動物の作製
    • 岩崎克典*,高崎浩太郎,清水芳香,吉川弥里,高島明彦,藤原道弘   ,  第8回福岡大学高機能物質研究所成果報告会  ,  2009年2月
  230. マウスの高脂肪食嗜好性形成過程におけるアストロサイトの関与
    • マウスの高脂肪食嗜好性形成過程におけるアストロサイトの関与   ,  第25回日本薬学会九州支部会  ,  2008年12月
  231. 繰り返し脳虚血ラットの空間記憶障害 並びに周辺症状(BPSD)関連行動に 及ぼす抑肝散の効果
    • 高崎浩太郎、岩崎克典、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘   ,  薬学研究フォーラムin東京  ,  2008年12月
  232. Aβ-oligomer脳室内投与と単回脳虚血併用ラットにおける自発運動量の日内変動異常ならびに空間記憶障害に対する抑肝散の効果
    • 大石博史、内田直樹、高崎浩太郎、野上愛、桂林秀太郎、三島健一、岩崎克典、西村良二、藤原道弘   ,  第61回日本薬理学会西南部会  ,  2008年11月
  233. Effect of Telmisartan on cerebral ischemia-induced cell death and memory impairment in rats
    • Tamami Haraguchi, Katsunori Iwasaki, Kotaro Takasaki, Tetsuya Naito, Kazuhide Hayakawa, Kyoko Hasegawa, Yuko Michiwaki, Takuya Watanabe, Shutaro Katsurabayashi, Kenichi Mishima, Michihiro Fujiwara   ,  米国神経科学会議2008  ,  2008年11月
  234. The effect of Yokukansan on the disturbances of spatial memory and BPSD-like behavior in repeated ischemia treated rats
    • A. Nogami, K. Iwasaki, K. Takasaki, H. Oishi, N. Uchida, Y. Abe, T. Watanabe, S. Katsurabayashi, K. Mishima, R. Nishimura and M. Fujiwara   ,  米国神経科学会議2008  ,  2008年11月
  235. 認知症治療薬としての漢方方剤の効果の実験的検証
    • 岩崎克典   ,  東洋医学会佐賀県支部大会  ,  2008年10月
  236. Aβ-oligomer脳室内投与と単回脳虚血併用ラットの自発運動量の日内変動と抑肝散の効果
    • 大石博史, 高崎浩太郎, 岩崎克典, 野上愛, 内田直樹, 桂林秀太郎, 内田佳菜子, 渡辺拓也, 三島健一, 西村良二, 藤原道弘   ,  第38回日本神経精神薬理学会  ,  2008年9月
  237. Marble-burying行動を指標とした強迫性障害モデルに対するグルタミン酸関連薬物の作用
    • 安部萌, 江頭伸昭, 松下満彦, 三島健一, 入江圭一, 桂林秀太郎, 高崎浩太郎, 岩崎克典, 大石了三, 西村良二, 藤原道弘   ,  第38回日本神経精神薬理学会  ,  2008年9月
  238. 一過性脳虚血による若齢Tg2576 マウスのAβ蓄積及び凝集体発現
    • 山縣宣仁、渡辺拓也、高崎浩太郎、岩崎克典、森脇典弘、井伊美由紀、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘   ,  第38回日本神経精神薬理学会  ,  2008年9月
  239. 繰り返し脳虚血ラットの 空間記憶障害と海馬の神経細胞死に対するTelmisartanの効果
    • 原口珠実、高崎浩太郎、岩崎克典、内藤哲哉、早川和秀、長谷川恭子、道脇裕子、渡辺拓也、桂林秀太郎、三島健一、藤原道弘   ,  第38回日本神経精神薬理学会  ,  2008年9月
  240. 繰り返し脳虚血ラットの空間記憶障害ならびに周辺症状(BPSD)様行動に対する抑肝散の効果とその作用機序
    • 野上愛,高崎浩太郎,岩崎克典,大石博史,内田直樹,桂林秀太郎、安達和宏,阪田有理,道脇裕子,渡辺拓也,三島健一、西村良二,藤原道弘   ,  第38回日本神経精神薬理学会  ,  2008年9月
  241. マウスの中大脳動脈閉塞による脳損傷に対するヤマブシタケの脳保護作用
    • 櫨川 舞, 三島 健一, 早川 和秀, 入江 圭一, 吉田 都, 藤岡 稔大, 桂林 秀太郎, 高崎 浩太郎, 岩崎 克典, 藤原 道弘   ,  第81回日本薬理学会年会  ,  2008年3月
  242. 新生児低酸素性虚血性脳症(HIE)モデルラットの学習記憶に対する性差の影響
    • 中島貴史、三島健一、入江圭一, 高崎浩太郎,桂林秀太郎,岩崎克典,藤原道弘   ,  第81回日本薬理学会年会  ,  2008年3月
  243. 繰り返し脳虚血ラットの空間記憶障害ならびに 周辺症状(BPSD)関連行動に及ぼす抑肝散の効果
    • 野上 愛,大石 博史, 高崎 浩太郎,桂林 秀太郎,三島 健一,岩崎 克典,藤原 道弘   ,  第81回日本薬理学会年会  ,  2008年3月
  244. 記憶障害動物モデルと漢方薬
    • 岩崎克典   ,  早稲田大学先端理工学部漢方講演会  ,  2008年3月
  245. 循環器系薬剤学の基礎
    • 岩崎克典   ,  福岡市薬剤師会Basic Study Step 1研究会  ,  2008年2月
  246. Minocycline inhibits activated microglia expressing high-mobility group box1 after cerebral ischemia
    • Kazuhide Hayakawa, Kenichi Mishima, Mai Hazekawa, Keiichi Irie, Shohei Mishima, Masayuki Fujioka,Shutaro Katsurabayashi, Kotaro Takasaki, Katsunori Iwasaki, Michihiro Fujiwara   ,  Stroke Conference 2008  ,  2008年2月
  247. インスリン抵抗性を示す糖尿病ラットを用いたアルツハイマー病モデル動物の作製
    • 岩崎克典*,高崎浩太郎,清水芳香,吉川弥里,高島明彦,藤原道弘   ,  第7回福岡大学高機能物質研究所成果報告会  ,  2008年1月
  248. 中大脳動脈閉塞によるHMGB1を発現した活性化ミクログリアの抑制を介したミノサイクリンの脳保護作用
    • 櫨川 舞, 三島 健一, 早川 和秀, 入江 圭一,高崎 浩太郎,岩崎 克典, 藤原 道弘   ,  第24回日本薬学会九州支部大会  ,  2007年12月
  249. 高脂肪食による脂肪嗜好性におけるアストロサイトの関与
    • 三嶋 翔平,三島健一,早川和秀,入江圭一,高崎浩太郎,岩崎克典,藤原道弘   ,  第24回日本薬学会九州支部大会  ,  2007年12月
  250. β-アミロイドの2種類のフラグメントの相互作用と神経毒性
    • 藤野睦美,岩崎克典,渡辺拓也,永山雅健,町田和之,原口珠実,高崎浩太郎,三島健一,中島 学,藤原道弘   ,  第60回日本薬理学会西南部会  ,  2007年11月
  251. ミノサイクリンのMCA閉塞後投与は血中及びグリア細胞に発現したHMGB1を抑制することで脳保護効果を示す
    • 早川和秀, 三島健一, 櫨川舞, 入江圭一, 高崎浩太郎, 岩崎克典, 藤原道弘   ,  第60回日本薬理学会西南部会  ,  2007年11月
  252. Involvement of brain insulin resistance and learning and memory disturbances in an animal model of Alzheimer’s disease
    • Y. SHIMIZU, K. IWASAKI, S. ISHIKANE, K. TAKASAKI, T. WATANABE, N. EGASHIRA, K. MISHIMA, M. FUJIWARA   ,  37th ANNUAL MEETING SOCIETY FOR NEUROSCIENCE  ,  2007年11月
  253. Delayed treatment with minocycline improved neurological impairment via activated microglia-inhibiting mechanism
    • K. HAYAKAWA, K. MISHIMA, M. HAZEKAWA, K. IRIE, K. TAKASAKI, K. IWASAKI, M. FUJIWARA   ,  37th ANNUAL MEETING SOCIETY FOR NEUROSCIENCE  ,  2007年11月
  254. Injected specific β-amyloid oligomers to hippocampus impair the memory retention
    • T. NAITO, K. IWASAKI, B. ÖZDEMIR, T. WATANABE, K. TAKASAKI, M. FUJINO, N. YAMAGATA, T. HARAGUCHI, K. MISHIMA, M. FUJIWARA   ,  37th ANNUAL MEETING SOCIETY FOR NEUROSCIENCE  ,  2007年11月
  255. Cortical neuronal and glial pathology in TgTauP301L transgenic mice
    • MATSUBARA, N. EGASHIRA, M. TAKAHASHI, M. FUJIWARA, GA. CARLSON, D. WESTAWAY, PS. GEORGE-HYSLOP, M. SHOJI   ,  37th ANNUAL MEETING SOCIETY FOR NEUROSCIENCE  ,  2007年11月
  256. マウス中大脳動脈閉塞後の炎症性サイトカイン(high-mobility group box1)及びグリア細胞の活性化に対する大麻成分cannabidiolの抑制効果について
    • 早川和秀, 三島健一, 櫨川舞, 三嶋翔平, 入江圭一, 高崎浩太郎, 岩崎克典, 藤原道弘   ,  第6回生命科学シンポジウム  ,  2007年10月
  257. ミノサイクリンの虚血後投与は中大脳動脈閉塞によるミクログリアでのHMGB1活性化
    • 櫨川舞、三島 健一、早川和秀、入江 圭一、高崎 浩太郎、岩崎 克典、藤原道弘   ,  第9回応用薬理シンポジウム  ,  2007年9月
  258. 冠元顆粒の脳保護作用ならび向精神作用に関する研究
    • 蒲風玲、三島健一、田中由理香、高崎浩太郎、岩崎克典、藤原道弘   ,  第9回応用薬理シンポジウム  ,  2007年9月
  259. 精神科医療における薬剤師の可能性
    • 梅田賢太、藤堂信子、三島健一、末丸克矢、岩崎克典、荒木博陽、藤原道弘   ,  第17回日本医療薬学会  ,  2007年9月
  260. 繰り返し脳虚血による空間記憶障害に対するポリフェノール類の脳保護作用
    • 田中由理香、三島健一、蒲風玲、高崎浩太郎、岩崎克典、藤原道弘   ,  第9回応用薬理シンポジウム  ,  2007年9月
  261. ガングリオシドGM3 合成酵素ノックアウトマウスは聴覚障害を示す
    • 吉川弥里、高崎浩太郎、賀数康弘、大橋 充、高岩一貴 、小宗静男、永福正和、斉藤政樹、藤原道弘、岩崎克典、井ノ口仁一   ,  第27回日本糖質学会年会  ,  2007年8月
  262. ラットの超音波発声に対するカンナビノイド受容体の関与
    • 緒方歩、佐野和憲、三島健一、原田和彦、石兼真、高崎浩太郎、岩崎克典、藤原道弘   ,  第37回日本神経精神薬理学会  ,  2007年7月
  263. 大麻成分Δ9-THC による空間記憶障害におけるオピオイド受容体の関与
    • 馬目尚美、江頭伸昭、佐野和憲、安部萌、高崎浩太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第37回日本神経精神薬理学会  ,  2007年7月
  264. 大麻成分Δ9-tetrahydrocannabinolによるcatalepsy様不動状態に対するDOIの抑制作用
    • 合志英美、江頭伸昭、佐野和憲、安部萌、高崎浩太郎、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第37回日本神経精神薬理学会  ,  2007年7月
  265. アルツハイマー病の認知症ならび周辺症状(BPSD)の動物モデルと薬効評価
    • 岩崎克典   ,  大分県薬剤師会通常総会特別講演  ,  2007年6月
  266. Behavional charactaristics of the animal models of Alzheimer's disease and application for drug evaluation
    • Katsunori Iwasaki, Michihiro Fujiwara   ,  福岡大学ハイテクリサーチセンターてんかん分子病態研究センター第1回セミナー  ,  2007年4月
  267. 冠元顆粒の中枢作用に関する検討
    • 蒲 風玲、三島健一、本橋京子、馬目尚美、田代亮祐、江頭伸昭、岩崎克典、藤原道弘   ,  日本薬学会第127年会  ,  2007年3月
  268. 大麻成分cannabidiolは好中球myeloperoxidaseを阻害することにより脳保護効果を示す
    • 早川和秀、三島健一、入江圭一、櫨川 舞、江頭伸昭、岩崎克典、藤原道弘   ,  第80回日本薬理学会年会  ,  2007年3月
  269. 大麻成分Δ9-THCによる認知障害に対するオランザピンの改善作用
    • 江頭伸昭、石神誠子、三島健一、岩崎克典、藤原道弘   ,  第80回日本薬理学会年会  ,  2007年3月
  270. 新生児ラットの母子分離による超音波発声に対するカンナビノイド類の影響
    • 緒方 歩、三島健一、田代亮祐、原田和彦、江頭伸昭、岩崎克典、藤原道弘   ,  第80回日本薬理学会年会  ,  2007年3月
  271. L−PDMPによるガングリオシド正合成促進と繰り返し脳虚血処置後の空間記憶障害改善作用
    • 第6回福岡大学高機能物質研究所研究成果報告会   ,  入江圭一,山岸究,三島健一,江頭伸昭,岩崎克典,井ノ口仁一,藤原道弘  ,  2007年1月
  272. アルツハイマー病加速因子としてのインスリン抵抗性
    • 岩崎克典,高崎浩太郎,清水芳香,吉川弥里,高島明彦,藤原道弘   ,  第6回福岡大学高機能物質研究所研究成果報告会  ,  2007年1月
  273. アルツハイマー病加速因子としてのインスリン抵抗性
    • 岩崎克典,高崎浩太郎,清水芳香,吉川弥里,高島明彦,藤原道弘   ,  福岡大学高機能物質研究所成果報告会  ,  2007年1月
  274. ガングリオシドノックアウトマウスの行動解析
    • 藤原道弘,江頭伸昭,三島健一,古川鋼一,岩崎克典   ,  第6回福岡大学高機能物質研究所研究成果報告会  ,  2007年1月
  275. ヤマブシタケの脳保護作用に関する研究
    • 櫨川舞,三島健一,早川和秀,内舛健,入江圭一,吉田都,藤岡稔大,江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  第23回日本薬学会九州支部大会  ,  2006年12月
  276. ラットの啼鳴反応におけるカンナビノイド受容体の関与
    • 緒方歩,三島健一,田代亮祐,原田和彦,江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  第23回日本薬学会九州支部大会  ,  2006年12月
  277. 大麻成分⊿9-tetrahydrocannabinolによるカタレプシー様不動状態における5-HT1A受容体の関与
    • 合志英美,江頭伸昭,松田智美,三島健一,岩崎克典,藤原道弘   ,  第23回日本薬学会九州支部大会  ,  2006年12月
  278. 抑肝散の向精神作用に関する行動薬理学的研究
    • 石橋歩美,江頭伸昭,合志英美,三島健一,岩崎克典,藤原道弘   ,  第23回日本薬学会九州支部大会  ,  2006年12月
  279. Marble-burying行動に関するFluvoxamineの抑制作用におけるシグマⅠ受容体の関与
    • 奥野良子,江頭伸昭,松下満彦,三島健一,岩崎克典,西村良二,藤原道弘   ,  第59回日本薬学会西南部会  ,  2006年11月
  280. 中大脳動脈閉塞モデルマウスに対する大麻成分の⊿9-tetrahydrocannabinol 及びcannabidiolの急性投与及び慢性投与による影響
    • 早川和秀,三島健一,入江圭一,江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  第59回日本薬学会西南部会  ,  2006年11月
  281. 繰り返し脳虚血による空間記憶障害に対する冠元顆粒の改善作用
    • 蒲風鈴,三島健一,本橋京子,吉川彌里,吉満吉高,岩崎克典,江頭伸昭,藤原道弘   ,  第59回日本薬学会西南部会  ,  2006年11月
  282. The correlation between turning behavior, but not ultrasonic vocalizations, and brain injury in neonatal rats with hypoxic-ischemic encephalopathy.
    • Ogata A, Mishima K, Harada K, Onitsuka R, Ikeda T, Egashira N, Iwasaki K, Fujiwara M.   ,  36th ANNUAL MEETING SOCIETY NEUROSCIENCE  ,  2006年11月
  283. Repeated treatment with cannabidiol but not deita9-tetrahydrocannabidiol has a potent neuroprotective effect without the development of tolerance.
    • Hayakawa K, Mishima K, Hazekawa M, Irie K, Egashira N, Iwasaki K, Fujiwara M.   ,  36th ANNUAL MEETING SOCIETY NEUROSCIENCE  ,  2006年11月
  284. Oligometric β-amyloid proteins injected in the brain deficit the learning and memory in rats.
    • Watanabe T, Iwasaki K, Ishikane S, Yoshimitsu Y, Fukuoka S, Yoshikawa M, Egashira N, Mishima K, Fujiwara M.   ,  36th ANNUAL MEETING SOCIETY NEUROSCIENCE  ,  2006年11月
  285. 記憶と認知症
    • 岩崎克典   ,  中津薬剤師会・病院薬剤師会 合同研修会  ,  2006年10月
  286. Apomorphineおよびdizocilpine誘発prepulse inhibition障害に及ぼす気分安定薬の改善効果
    • 梅田賢太,末丸克矢,藤堂信子,江頭伸昭,三島健一,岩崎克典,荒木博陽,藤原道弘   ,  生体機能と創薬シンポジウム2006  ,  2006年9月
  287. Marble-burying行動に対する抗精神病薬の効果
    • 生体機能と創薬シンポジウム2006,2006年9月9日(福岡)   ,  生体機能と創薬シンポジウム2006  ,  2006年9月
  288. マーブル・ベーリング行動に対するSSRIおよびSNRIの抑制作用におけるセロトニン1A受容体の関与
    • 松下満彦,江頭伸昭,奥野良子,千鳥正三,内田直樹,三島健一,岩崎克典,西村良二,藤原道弘   ,  第28回日本生物的精神医学会・第36回日本神経薬理学会・第49回日本神経化学大会 合同年会  ,  2006年9月
  289. ラットの学習、記憶に対するオリゴマー体β-アミロイドと凝集体β―アミロイドを用いたNilvadipineの作用検討
    • 石兼真,岩崎克典,吉満吉高,渡辺拓也,福岡誠司,江頭伸昭,三島健一,藤原道弘   ,  生体機能と創薬シンポジウム2006  ,  2006年9月
  290. 中大脳動脈閉塞モデルマウスに対する大麻成分の⊿9-tetrahydrocannabinol 及びcannabidiolの急性投与及び慢性投与による影響
    • 早川和秀,櫨川舞,三島健一,劉安信,江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  生体機能と創薬シンポジウム2006  ,  2006年9月
  291. 強制水泳試験における大麻成分THCの不動時間延長作用に関する研究
    • 千鳥正三,江頭伸昭,松田智美,合志英美,松下満彦,内田直樹,三島健一,岩崎克典,藤原道弘,西村良二   ,  第28回日本生物的精神医学会・第36回日本神経薬理学会・第49回日本神経化学大会 合同年会  ,  2006年9月
  292. 抑肝散の中枢作用に関する検
    • 石橋歩美,江頭伸昭,三島健一,岩崎克典,藤原道弘   ,  生体機能と創薬シンポジウム2006  ,  2006年9月
  293. 繰り返し脳虚血による脳細胞アポトーシスを伴う空間記憶障害に対する当帰芍薬散の改善作用
    • 劉安信,三島健一,蒲風鈴,入江圭一,江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  生体機能と創薬シンポジウム2006  ,  2006年9月
  294. Circling behavior and brain injury in neonatal rats with hypoxic-ischemic encephalopathy
    • 緒方歩,三島健一,原田和彦,鬼塚龍,池田智明,江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  第28回日本生物的精神医学会・第36回日本神経薬理学会・第49回日本神経化学大会 合同年会  ,  2006年9月
  295. Oligomeric β-amyloid strongly impaired the spatial memory via cholinergic dysfunction
    • 石兼真,岩崎克典,吉満吉高,渡辺拓也,福岡誠司,吉川弥里,江頭伸昭,三島健一,藤原道弘   ,  第28回日本生物的精神医学会・第36回日本神経薬理学会・第49回日本神経化学大会 合同年会  ,  2006年9月
  296. ラット大脳皮質初代培養細胞におけるアミロイド蛋白による神経細胞障害に対する当帰芍薬散の保護作用
    • 江頭伸昭,岩崎克典,劉安信,三島健一,藤原道弘   ,  和漢医薬学会  ,  2006年8月
  297. β-アミロイドオリゴマー体ならびに凝集体の脳室内投与による学習障害の特性とアポトーシスについて
    • 吉満吉高,岩崎克典,石兼 真,渡辺拓也,福岡誠司、江頭伸昭、三島健一、藤原道弘   ,  第8回七隈アルツハイマー病研究会カンファレンス  ,  2006年3月
  298. バソプレッシンV1a受容体欠損マウスにおける社会的行動障害の発現
    • 江頭伸昭,田上昭人,松田智美,淵上裕子,辻本豪三,三島健一,岩崎克典,藤原道弘   ,  第79回日本薬理学会年会  ,  2006年3月
  299. マウス局所脳虚血障害における1型Na+/Ca2+交換体(NCX1)の役割
    • 並松寛子,喜多紗斗美,守本宣孝,早川和秀,三島健一,岩崎克典,藤原道弘,嶋澤雅光,原英彰,松田敏夫,馬場明道,小室一成,桂木猛,岩本隆宏   ,  第79回日本薬理学会年会  ,  2006年3月
  300. 中大脳動脈閉塞モデルマウスの梗塞巣に対する大麻成分Δ9-tetrahydrocannabinol及びcannabidiolの連続投与の影響
    • 早川和秀,三島健一,江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  第79回日本薬理学会年会  ,  2006年3月
  301. 新生児低酸素性虚血性脳症モデルラットの脳損傷を予測するための回転行動
    • 原田和彦,三島健一,青尾直也,鬼塚龍,江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  第79回日本薬理学会年会  ,  2006年3月
  302. 若年期における大麻成分慢性投与による情報処理障害の発現-若年マウスを用いたPrepulse inhibitionの検討-
    • 永井宏,江頭伸昭,佐野和憲,緒方歩,水木愛,三島健一,岩崎克典,藤原道弘,西村良二   ,  第427回福岡精神科集談会  ,  2006年3月
  303. アルツハイマー病の動物モデルを用いた認知症の発症機序に関する行動薬理学的研究
    • 岩崎克典   ,  第5回福岡大学高機能物質研究所成果報告会  ,  2006年1月
  304. ヒトタウトランスジェニックマウスのうつ行動の発現におけるセロトニン神経系の関与
    • 渡辺拓也,江頭伸昭,岩崎克典,高島明彦,松田智美,三島健一,藤原道弘   ,  渡辺拓也,江頭伸昭,岩崎克典,高島明彦,松田智美,三島健一,藤原道弘  ,  2005年12月
  305. 緑茶成分theanineの中枢作用に関する検討
    • 筬島恵,江頭伸昭,早川和秀,松田智美,奥野良子,渡辺拓也,三島健一,岩崎克典,藤原道弘   ,  第22回日本薬学会九州支部大会  ,  2005年12月
  306. Serotonergic involvement in the depression-related behavior in mutant R406W human tau transgenic mice.
    • Iwasaki K, Egashira N, Watanabe T, Kawabe H, Takashima A, Mishima K, Fujiwara M.   ,  The 3rd Takeda Science Foundation Symposium on PharaSciences  ,  2005年12月
  307. バソプレシンV1a受容体(V1aR)欠損マウスにおけるストレス性海馬LTP形成障害の促進
    • 梅崎靖弘,林良憲,松田智美,江頭伸昭,田上昭人,辻本豪三,三島健一,岩崎克典,藤原道弘,中西博   ,  第58回日本薬理学会西南部会  ,  2005年11月
  308. マウスの強制水泳試験における大麻成分Δ9-tetrahydrocannabinol(THC)の不動時間延長作用
    • 松田智美,江頭伸昭,千鳥正三,三島健一,岩崎克典,正山征洋,西村良二,藤原道弘   ,  第58回日本薬理学会西南部会  ,  2005年11月
  309. Cannabidiol prevents cerebral infarction via a serotonergic 5-HT1A receptor-dependent mechanism
    • Hayakawa K, Mishima K, Abe K, Egashira N, Iwasaki K, Fujiwara M   ,  35th ANNUAL MEETING SOCIETY FOR NEUROSCIENCE  ,  2005年11月
  310. Cholinergic changes in the hippocampus and memory disturbance during the aging of Alzheimer’s Tg mice.
    • Watanabe T, Iwasaki K, Fukuoka S, Egashira N, Mishima K, Fujiwara M   ,  35th ANNUAL MEETING SOCIETY FOR NEUROSCIENCE  ,  2005年11月
  311. 脳虚血による記憶障害の発生機序とその評価
    • 岩崎克典   ,  第67回九州山口薬学大会特別講演  ,  2005年9月
  312. Involvement of dopaminergic system in Δ9-tetrahydrocannabinol-induced psychosis-related behavior in mice
    • 永井宏,江頭伸昭,佐野和憲,緒方歩,水木愛,三島健一,岩崎克典,西村良二,藤原道弘   ,  第48回日本神経化学会大会  ,  2005年9月
  313. バソプレシン受容体欠損マウスの統合失調症モデルとしての可能性
    • 江頭伸昭,田上昭人,辻本豪三,三島健一,岩崎克典,藤原道弘   ,  第27回日本生物学的精神医学会第35回日本神経精神薬理学会合同年会  ,  2005年7月
  314. マウスのprepulse inhibition障害に及ぼす気分安定薬の影響
    • 梅田堅太,末丸克矢,藤堂信子,岩崎克典,荒木博陽,藤原道弘   ,  第35回日本神経精神薬理学会第27回日本生物学的精神医学会合同年会  ,  2005年7月
  315. 強迫性障害モデルMarble-burying行動に対する抗精神病薬の作用
    • 松下満彦,江頭伸昭,原田聡子,永井宏,千鳥正三,三島健一,岩崎克典,西村良二,藤原道弘   ,  第27回日本生物学的精神医学会第35回日本神経精神薬理学会合同年会  ,  2005年7月
  316. 思春期における大麻成分慢性投与による情報処理障害の発現
    • 江頭伸昭,佐野和憲,松田智美,緒方歩,永井宏,三島健一,岩崎克典,正山征洋,西村良二,藤原道弘   ,  第27回日本生物学的精神医学会第35回日本神経精神薬理学会合同年会  ,  2005年7月
  317. 中大脳動脈閉塞モデルマウスに対する大麻成分カンナビジオールの神経細胞保護作用
    • 早川和秀,三島健一,江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  第78回日本薬理学会年会  ,  2005年3月
  318. 変異型APP遺伝子トランスジェニックマウスの学習障害における脳内アセチルコリン神経系の関与
    • 渡辺拓也,児玉光照,岩崎克典,江頭伸昭,三島健一,藤原道弘   ,  第7回七隈アルツハイマー病研究会カンファレンス  ,  2005年3月
  319. 実験的学習記憶障害モデルを用いたニルバジピンの有効性に関する行動薬理学的研究
    • 岩崎克典,高垣祐紀,吉満吉高,江頭伸昭,秋吉祐樹,新井隆史,三島健一,藤原道弘   ,  第78回日本薬理学会年会  ,  2005年3月
  320. 強迫性障害の動物モデルであるmarble-burying行動に対するペロスピロンの抑制作用
    • 松下満彦,江頭伸昭,原田聡子,永井宏,千鳥正三,三島健一,岩崎克典,藤原道弘,西村良二   ,  第422回福岡精神科集談会  ,  2005年3月
  321. 緩徐進行性慢性虚血性脳損傷モデルラットの学習・記憶障害に対するカプセル化GDNF産生細胞の脳内移植の効果
    • 青尾直也,三島健一,原田和彦,江頭伸昭,岩崎克典,新郷哲朗,安原隆雄,伊達勲,桂木真司,池田智明,池ノ上克,藤原道弘   ,  第78回日本薬理学会年会  ,  2005年3月
  322. 緩徐進行性慢性虚血性脳損傷モデルラットの学習・記憶障害に対するカプセル化GDNF産生細胞の脳内移植の効果( ミニシンピジウム)
    • 青尾直也,三島健一,原田和彦,江頭伸昭,岩崎克典,新郷哲朗,安原隆雄,伊達勲,桂木真司,池田智明,池ノ上克,藤原道弘   ,  第78回日本薬理学会年会  ,  2005年3月
  323. 高コレステロール食長期摂取による中枢神経系への影響
    • 松本禎明,大庭優子,江頭伸昭,三島健一,岩崎克典,藤原道弘,中村由貴,石橋源次   ,  第78回日本薬理学会年会  ,  2005年3月
  324. The influences of long term feeding of high cholesterol diet on central nervous system in mice
    • Yoshiaki Matsumoto, Yuko Ohba, Nobuaki Egashira, Kenichi Mishima, Katsunori Iwasaki, Michihiro Fujiwara, Yuki Nakamura, Genji Ishibashi   ,  第78回日本薬理学会年会  ,  2005年3月
  325. Dexamethasone prevents long-lasting impairment following the combination of lipopolysaccharide treatment and hypoxia-ischemia in neonatal rats
    • Ikeda T, Mishima K, Aoo N, Egashira N, Iwasaki K, Fujiwara M, Ikenoue T   ,  Society for Maternal-Fetal Medicine 25th Annual Meeting  ,  2005年2月
  326. 生活習慣病要因を有するアルツハイマー病動物モデルに関する行動薬理学的研究
    • 岩崎克典,江頭伸昭,高垣祐紀,吉満吉高,秋吉祐樹,新井隆史,三島健一,Izzetin Hattip, Benjamin Wolozin,藤原道弘   ,  第4回福岡大学高機能物質研究所研究成果報告会  ,  2005年1月
  327. 遺伝子改変動物を用いたアルツハイマー病研究
    • 藤原道弘,江頭伸昭,岩崎克典,三島健一,渡辺拓也,河邊秀幸,高橋三津雄,瓦林毅,村上哲郎,東海林幹夫,高島明彦   ,  第4回福岡大学高機能物質研究所研究成果報告会  ,  2005年1月
  328. β−Amyloid脳室内投与によるアルツハイマー病モデル動物を用いたNilvadipineの薬効評価
    • 高垣祐紀,江頭伸昭,岩崎克典,吉満吉高, 三島健一,藤原道弘   ,  第55回日本薬理学会西南部会  ,  2004年11月
  329. 強迫性障害モデルmarble burying行動に対する抗精神病薬ペロスピロンの改善作用
    • 原田聡子,江頭伸昭,松下満彦,三島健一,岩崎克典,西村良二,藤原道弘   ,  第55回日本薬理学会西南部会  ,  2004年11月
  330. Neurological abnormalities and abnormal behaviors in double knock-out mice of the GM2/GD2 synthase and the GD3 synthase genes
    • Tajima O, Sugiura Y, Furukawa K, Egashira N, Mishima K, Iwasaki K, Inokuchi J, Tokuda N, Okuda T, Furukawa K   ,  Tajima O, Sugiura Y, Furukawa K, Egashira N, Mishima K, Iwasaki K, Inokuchi J, Tokuda N, Okuda T, Furukawa K  ,  2004年10月
  331. Nilvadipine improved the memory disturbances in two types of non-transgenic animal models of Alzheimer's disease
    • Iwasaki K, Egashira N, Akiyoshi Y, Takagaki Y, Arai T, Watanabe T, Mishima K, Fujiwara M   ,  34th Annual Meeting Society for Neuroscience  ,  2004年10月
  332. Morphine依存性に対する金牛草の影響効果
    • 水木愛,江頭伸昭,三島健一,岩崎克典,藤原道弘,李建晨,池田剛,野原稔弘   ,  日本生薬学会第51回年会  ,  2004年9月
  333. 大麻成分Δ9-tetrahydrocannabinolの感覚機能障害について
    • 永井宏,江頭伸昭,佐野和憲,水木愛,三島健一,岩崎克典,藤原道弘,西村良二   ,  第420回福岡精神科集談会  ,  2004年9月
  334. 脳虚血による記憶障害の発生機序とその評価ー基礎の立場からー
    • 岩崎克典   ,  第67回九州山口薬学大会  ,  2004年9月
  335. 大麻成分Δ9-tetrahydrocannabinolによって誘発されるcatalepsy様不動状態におけるNMDA受容体の関与
    • 戌亥敬一郎,江頭伸昭,三島健一,内田智子,長谷部伸嘉,岩崎克典,藤原道弘   ,  第34回日本神経精神薬理学会第26回日本生物学的精神医学会合同年会  ,  2004年7月
  336. 大麻成分Δ9-tetrahydrocannabinolによる感覚機能障害の発現
    • 永井宏,江頭伸昭,佐野和憲,水木愛,三島健一,岩崎克典,西村良二,藤原道弘   ,  第34回日本神経精神薬理学会第26回日本生物学的精神医学会合同年会  ,  2004年7月
  337. 徐進行性慢性虚血細胞死モデルラットの学習・記憶障害に対する副腎摘出の影響
    • 青尾直也,三島健一,太田純恵,江頭伸昭,岩崎克典,池田智明,池ノ上克,藤原道弘   ,  第34回日本神経精神薬理学会第26回日本生物学的精神医学会合同年会  ,  2004年7月
  338. 緩徐進行性慢性虚血細胞死モデルラットの学習・記憶障害に対する副腎摘出の影響(ワークショップ)
    • 青尾直也,三島健一,太田純恵,江頭伸昭,岩崎克典,池田智明,池ノ上克,藤原道弘   ,  第34回日本神経精神薬理学会第26回日本生物学的精神医学会合同年会  ,  2004年7月
  339. 神経変性疾患の基礎とアルツハイマー病の臨床
    • 岩崎 克典   ,  第24回福岡大学薬学部卒後教育講座  ,  2004年5月
  340. ソバおよび苦丁茶ポリフェノールの神経細胞保護作用と空間記憶障害の改善作用
    • 蒲風玲,三島健一,入江圭一,江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  第77回日本薬理学会年  ,  2004年3月
  341. バソプレッシンV1b受容体ノックアウトマウスの行動特性
    • 東原史典,田上昭人,江頭伸昭,福江善彦,三島健一,辻本豪三,岩崎克典,藤原道弘   ,  第77回日本薬理学会年会  ,  2004年3月
  342. 緩徐進行性虚血細胞死モデルラットの学習・記憶障害に対するエダラボンの効果
    • 青尾直也,三島健一,太田純恵,江頭伸昭,岩崎克典,池田智明,池ノ上克,藤原道弘   ,  第77回日本薬理学会年会  ,  2004年3月
  343. Combination treatment of neonatal rats with hypoxia-ischemia and endotoxin induces long-lasting memory and learning impairment associated with extended cerebral damage
    • Ikeda T, Mishima K, Aoo N, Egashira N, Iwasaki K, Fujiwara M, Ikenoue T   ,  Society for Gynecologic Investigation 51st Annual Meeting  ,  2004年3月
  344. β-アミロイドと脳虚血を併用したアルツハイマー病モデルラットの空間記憶障害とin vivo脳内アセチルコリン遊離の変化
    • 岩崎克典,新井隆史,江頭伸昭,Izzetin Hattip,秋吉祐樹,三島健一,藤原道弘   ,  第3回福岡大学高機能物質研究所研究成果報告会  ,  2004年1月
  345. βーアミロイドと脳虚血を併用したアルツハイマー病モデルラットの空間記憶障害とin vivo脳内アセチルコリン遊離の変化
    • 岩崎克典   ,  福岡大学高機能物質研究所成果報告会  ,  2004年1月
  346. 卵巣摘出とβ−アミロイド脳室内投与によるアルツハイマー病モデルを用いた当帰芍薬散の薬効評価
    • 藤原道弘,江頭伸昭,三島健一,秋吉祐樹,新井隆史,高垣祐紀,岩崎克典   ,  第3回福岡大学高機能物質研究所研究成果報告会  ,  2004年1月
  347. β-アミロイドと全脳虚血を併用したアルツハイマー病モデルラットの空間記憶障害とin vivo脳内アセチルコリン遊離の変化
    • 新井隆史,江頭伸昭,岩崎克典,Izzetin Hattip,秋吉祐樹,三島健一,藤原道弘   ,  第56回日本薬理学会西南部会  ,  2003年11月
  348. 卵巣摘出とβ—アミロイド脳室内投与によるアルツハイマー病モデルを用いた当帰芍薬散の薬効評価
    • 秋吉祐樹,江頭伸昭,岩崎克典,新井隆史,高垣祐紀,三島健一,藤原道弘   ,  第56回日本薬理学会西南部会  ,  2003年11月
  349. 新生児低酸素性・虚血性脳症モデルラットの学習・記憶障害に対するDHAの効果
    • 太田純恵,青尾直也,三島健一,池田智明,池ノ上克,江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  第56回日本薬理学会西南部会  ,  2003年11月
  350. 金牛草(Polygala telephioides Willd)の薬理学的検討
    • 水木愛,李建晨,江頭伸昭,三島健一,岩崎克典,野原稔弘,藤原道弘   ,  第56回日本薬理学会西南部会  ,  2003年11月
  351. Effects of Toki-shakuyaku-san on the impairment of spatial memory and hippocampal apoptosis in non-transgenic animal model for Alzheimer's disease
    • Egashira N, Iwasaki K, Hatip-Al-Khatib I, Arai T, Akiyoshi Y, Mishima K, Fujiwara M   ,  33rd Annual Meeting Society for Neuroscience  ,  2003年11月
  352. 新生児低酸素性・虚血性脳症モデルラットの学習・記憶障害に対する隔離飼育の影響
    • 青尾直也,三島健一,太田純恵,江頭伸昭,岩崎克典,池田智明,池ノ上克,藤原道弘   ,  第33回日本神経精神薬理学会年会  ,  2003年10月
  353. 記憶を行動で語る(講演)
    • 岩崎克典   ,  第6回若手研究者のための薬理学セミナー  ,  2003年10月
  354. アルツハイマー病とは
    • 岩崎 克典   ,  平成15年度城南市民カレッジ  ,  2003年9月
  355. 繰り返し脳虚血モデルに対する当帰芍薬散の改善作用
    • 蒲風玲,江頭伸昭,三島健一,岩崎克典,藤原道弘   ,  第20回和漢医薬学会大会  ,  2003年8月
  356. DHAのメチル水銀中毒に及ぼす影響
    • 宮本謙一郎,村尾光治,若宮純司,江頭伸昭,岩崎克典.   ,  第12回神経行動薬理若手研究者の集い  ,  2003年3月
  357. インフルエンザウイルス感染関連蛋白によるレビー小体形成モデル
    • 石橋大輔,小野和彦,高橋三津雄,青尾直也,三島健一,藤原道弘,山田達夫,藤井章博   ,  第5回七隈アルツハイマー病研究会カンファレンス  ,  2003年3月
  358. サフラン成分クロシンによる神経細胞のREDOX制御:サフランは創薬の資となりうるか
    • 落合敬史,大野茂和,添田奏司,占野廣司,三島健一,岩崎克典,藤原道弘,田中宏幸,正山征洋   ,  第5回七隈アルツハイマー病研究会カンファレンス  ,  2003年3月
  359. フラン成分クロシンのREDOX制御による神経細胞死抑制効果
    • 落合敬史,大野茂和,添田奏司,三島健一,岩崎克典,藤原道弘,田中宏幸,正山征洋,占野廣司   ,  第123回日本薬学会  ,  2003年3月
  360. 大麻成分Δ9-tetrahydrocannabinolによる空間記憶障害におけるグルタミン酸神経系の関与
    • 江頭伸昭,三島健一,内田智子,長谷部伸嘉,岩崎克典,藤原道弘   ,  第76回日本薬理学会年会  ,  2003年3月
  361. 新生児低酸素性・虚血性脳症モデルラットの学習・記憶障害に対するDexamethasoneの改善作用の検討
    • 青尾直也,江頭伸昭,三島健一,池田智明,池ノ上克,岩崎克典,藤原道弘   ,  第12回神経行動薬理若手研究者の集い  ,  2003年3月
  362. 異型タウ蛋白トランスジェニックマウスの学習・記憶障害とアルツハイマー病モデルとしての有用性について
    • 江頭伸昭,三島健一,岩崎克典,河邊秀幸,藤原道弘   ,  第5回七隈アルツハイマー病研究会カンファレンス  ,  2003年3月
  363. 繰り返し脳虚血モデルにおけるソバポリフェノールの改善作用
    • 青尾直也,三島健一,太田純恵,江頭伸昭,岩崎克典,池田智明,池ノ上克,藤原道弘   ,  第76回日本薬理学会年会  ,  2003年3月
  364. Adverse effect of perinatal corticosteroid treatment on memory and learning process associated with hippocampal damage in neonatal rats
    • Ikeda T, Ishrat JN, Ikenoue T, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M   ,  Society for Gynecologic Investigation 50th Annual Meeting  ,  2003年3月
  365. Effect of the free radical scavenger, edravone, on histological and learning behavioral diffcit in hypoxic-ischemic brain damage model of noanatal rat
    • Ikeda T, Ishrat JN, Ikenoue T, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M   ,  Society for Maternal-Fetal Medicine 23rd Annual Meeting  ,  2003年2月
  366. タウトランスジェニックマウスの行動解析(1)
    • 藤原道弘,江頭伸昭,三島健一,河邊秀幸,高橋三津雄,瓦林毅,村上哲郎,東海林幹夫,岩崎克典   ,  第2回福岡大学高機能物質研究所研究成果報告会  ,  2003年1月
  367. タウトランスジェニックマウスの行動解析(2)
    • 第2回福岡大学高機能物質研究所研究成果報告会   ,  岩崎克典,江頭伸昭,三島健一,河邊秀幸,高島明彦,藤原道弘  ,  2003年1月
  368. タウトランスジェニックマウス(R406W)の行動解析
    • 岩崎克典   ,  福岡大学高機能物質研究所成果報告会  ,  2003年1月
  369. スフィンゴミエリナーゼ阻害剤の合成と細胞ストレス遮断剤としての評価
    • 辻嘉章,落合敬史,添田奏司,三島健一,岩崎克典,藤原道弘,横松力,村野哲雄,秋山武司,渋谷皓,占野廣司   ,  第19回日本薬学会九州支部大会  ,  2002年12月
  370. スフィンゴミエリナーゼ阻害剤の創製と細胞ストレスシグナル遮断剤としての応用
    • 辻嘉章,添田奏司,落合敬史,三島健一,岩崎克典,藤原道弘,横松力,村野哲雄,秋山武司,渋谷皓,占野廣司   ,  第30回薬物活性シンポジウム  ,  2002年11月
  371. 中大脳動脈閉塞マウスにおける梗塞巣に対するビタミンE同族体の影響
    • 田中貴光,三島健一,江頭伸昭,岩崎克典,日高亮司,松永和久,高田二郎,加留部喜晴,藤原道弘   ,  第19回日本薬学会九州支部大会  ,  2002年11月
  372. 実験的アレルギー性脳脊髄炎ラットに対する大麻成分Δ9-tetrahydrocannabinolの影響
    • 内田智子,三島健一,江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  第55回日本薬理学会西南部会  ,  2002年11月
  373. Ibudilust improved the memory disturbances and hippocampal apoptosis in non-transgenic animal model of Alzheimer's disease
    • Iwasaki K, Egashira N, Mishima K, Takahira M, Takata J, Takahashi M, Fujiwara M   ,  32nd Annual Meeting Society for Neuroscience  ,  2002年11月
  374. アルツハイマー病は薬で治せるか
    • 岩崎克典   ,  ゼミナールFUKUOKA21  ,  2002年10月
  375. Non-transgenic animal models for evaluation of new drugs for Alzheimer's disease
    • Egashira N, Iwasaki K, Mishima K, Fujiwara M   ,  The 16th Japan-Korea Joint Seminar on Pharmacology  ,  2002年10月
  376. 新生児低酸素性・虚血性脳症モデルラットの学習・記憶障害に対するLipopolysaccharideの影響
    • 青尾直也,三島健一,太田純恵,江頭伸昭,岩崎克典,池田智明,池ノ上克,藤原道弘   ,  第32回日本神経精神薬理学会年会  ,  2002年7月
  377. DOIによるhead-twitch responseに対する内因性カンナビノイドanandamideの抑制作用
    • 長谷部伸嘉,江頭伸昭,三島健一,内田智子,岩崎克典,藤原道弘   ,  第75回日本薬理学会年会  ,  2002年3月
  378. α1D-アドレナリン受容体欠損マウスの作業記憶および注意力障害の特性
    • 三島健一,田上昭人,津田聖一,長谷部伸嘉,江頭伸昭,辻本豪三,岩崎克典,藤原道弘   ,  第75回日本薬理学会年会  ,  2002年3月
  379. α1D-アドレナリン受容体欠損マウスの作業記憶および注意力障害の特性(Workshop)
    • 三島健一,田上昭人,津田聖一,長谷部伸嘉,江頭伸昭,辻本豪三,岩崎克典,藤原道弘   ,  第75回日本薬理学会年会  ,  2002年3月
  380. ソバポリフェノールの繰り返し脳虚血に対する保護作用
    • 蒲 風玲,三島健一,入江圭一,江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  第75回日本薬理学会年会  ,  2002年3月
  381. 塩酸ドネペジルの学習・記憶改善作用-脳血管障害ならびにアルツハイマー病モデルを用いた前臨床研究-
    • 高比良誠也,岩崎克典,三島健一,江頭伸昭,藤原道弘   ,  第4回七隈アルツハイマー病研究会カンファレンス  ,  2002年3月
  382. 新生児低酸素・虚血性脳症モデルラットの学習・記憶障害に対するDexamethasoneの効果
    • 青尾直也,三島健一,池田智明,吉川哲也,岩崎克典,藤原道弘,夏義欣,池ノ上克   ,  第75回日本薬理学会年会  ,  2002年3月
  383. 麻成分Δ9-tetrahydrocannabinolによる攻撃行動発現へのcannabinoid受容体と一酸化窒素の関与
    • 三島健一,長谷部伸嘉,江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  日本薬学会第122年会  ,  2002年3月
  384. Development of non-transgenic animal models for evaluation of new drugs for Alzheimer's disease
    • Iwasaki K, Egashira N, Mishima K, Fujiwara M   ,  The Third International Symposium on the Study of Brain Function  ,  2002年3月
  385. Effect of nilvadipine on the cerebral ischemia-induced impairment of spatial memory and hippocampal apoptosis in rats
    • The Third International Symposium on the Study of Brain Function   ,  Egashira N, Iwasaki K, Mishima K, Fujiwara M  ,  2002年3月
  386. Effect of glial cell line-derived neurotrophic factor on behavioral and histologic deficit in era's palsy model of neonatal rat
    • Ikeda T, Ochiai H, Mishima K, Iwasaki K, Ikenoue T   ,  Society for Gynecologic Investigation 49th Annual Meeting  ,  2002年3月
  387. βーamyloidを用いたアルツハイマー病の動物モデル作成に関するin vitroならびにinvivo研究
    • 岩崎克典   ,  福岡大学高機能物質研究所成果報告会  ,  2002年1月
  388. アルツハイマー病治療薬探索のためのモデル細胞・モデル動物の作成と薬物の効果に関する研究
    • 岩崎克典,高比良誠也,江頭伸昭,三島健一,藤原道弘   ,  第2回福岡大学高機能物質研究所研究成果報告会  ,  2002年1月
  389. タウトランスジェニックマウスの行動解析
    • 藤原道弘,三島健一,津田聖一,長谷部伸嘉,江頭伸昭,岩崎克典,高島明彦   ,  第2回福岡大学高機能物質研究所研究成果報告会  ,  2002年1月
  390. 中枢神経系におけるα1Dアドレナリン受容体の役割;記憶と痛み
    • 高野行夫,本多健治,神谷大雄,三島健一,津田聖一,江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  第2回福岡大学高機能物質研究所研究成果報告会  ,  2002年1月
  391. β-アミロイドと低酸素負荷の併用によるアルツハイマー病細胞モデルを用いた薬物評価
    • 高比良誠也,岩崎克典,入江圭一,三島健一,藤原道弘   ,  第18回日本薬学会九州支部大会  ,  2001年12月
  392. Effect of nilvadipine on the cerebral ischemia induced disruption of spatial cognition and hippocampal apoptosis in rats
    • Iwasaki K, Mishima K, Egashira N, Ishibashi D, Fujiwara M   ,  40th American College of Neuropsychopharmacology  ,  2001年12月
  393. 繰り返し脳虚血による空間認知障害と海馬NOに対するL-NAMEの影響
    • 金子朋博,三島健一,岩崎克典,藤原道弘   ,  第54回日本薬理学会西南部会  ,  2001年11月
  394. Development of new animal models for drug evaluation of Alzheimer's disease
    • Iwasaki K, Mishima K, Egashira N, Kitazono S, Takahira M, Irie K, Ishibashi D, Tsuda M, Fujiwara M   ,  31th Annual Meeting Society for Neuroscience  ,  2001年11月
  395. ラット新生児低酸素性・虚血性脳症モデルの進行的な学習・記憶障害における視床背内側核の関与
    • 三島健一,池田智明,青尾直也,池ノ上克,岩崎克典,藤原道弘   ,  第31回日本神経精神薬理学会年会  ,  2001年10月
  396. DAP12欠損マウスにおける前脳・視床中心性のオリゴデンドロサイト発達障害とゲート異常
    • 海部知則,乾国範,氏家あづさ,高井俊行,鍛治光司,中原仁,竹内京子,阿相晃,三島健一,岩崎克典,藤原道弘   ,  第44回日本神経化学会  ,  2001年3月
  397. ラットを用いたアルツハイマー病治療薬の薬効評価モデル作成の試み
    • 岩崎克典,三島健一,北薗幸子,藤原道弘   ,  第4回七隈アルツハイマー研究会  ,  2001年3月
  398. 一過性中大脳動脈閉塞モデルマウスにおける学習記憶障害の特性
    • 津田聖一,三島健一,岩崎克典,藤原道弘   ,  第74回日本薬理学会年会  ,  2001年3月
  399. 大麻成分Δ9-tetrahydrocannabinol (THC) による空間認知障害における内因性カンナビノイド受容体リガンドの関与
    • 長谷部伸嘉,三島健一,岩崎克典,藤原道弘   ,  第74回日本薬理学会年会  ,  2001年3月
  400. 新生児低酸素、虚血性脳症モデルラットの学習記憶障害に対する脳温の影響
    • 吉川哲也,三島健一,岩崎克典,池田智明,池ノ上克,藤原道弘   ,  第74回日本薬理学会年会  ,  2001年3月
  401. 繰り返し脳虚血による空間認知障害ならびに海馬のアポトーシスに対するニルバジピンの影響
    • 石橋大輔,三島健一,入江圭一,岩崎克典,藤原道弘   ,  第74回日本薬理学会年会  ,  2001年3月
  402. Apoptosis in the repeated cerebral ischemia-behavioral & histochemical study
    • Iwasaki K, Mishima K, Fujiwara M   ,  9th International Catecholamine Symposium/4th International Alzheimer's and Parkinson's disease Symposium  ,  2001年3月
  403. β-アミロイド連続注入によるアルツハイマー病動物モデルの作成
    • 北薗幸子,入江圭一,三島健一,岩崎克典,藤原道弘   ,  第17回日本薬学会九州支部大会  ,  2000年12月
  404. マウス短時間中大脳動脈閉塞モデルにおける遅発性学習記憶障害
    • 津田聖一,三島健一,岩崎克典,藤岡政行,榊寿右,藤原道弘   ,  第53回日本薬理学会西南部会  ,  2000年10月
  405. ラット新生児低酸素性、虚血性脳症モデルにおける学習記憶障害の特性
    • 三島健一,吉川哲也,岩崎克典,池田智明,池ノ上克,藤原道弘   ,  第30回日本神経精神薬理学会年会  ,  2000年10月
  406. β-アミロイドによる海馬神経細胞のアポトーシス発現に及ぼす脳虚血の影響- in vitroならびにin vivoでの研究-
    • 岩崎克典,北園幸子,三島健一,藤原道弘.   ,  第73回日本薬理学会年会  ,  2000年3月
  407. 加齢によるラットの空間認知障害と背側海馬からのアセチルコリン遊離の関連
    • 豊増清美,三島健一,岩崎克典,藤原道弘.   ,  第73回日本薬理学会年会  ,  2000年3月
  408. 実験的アレルギー性脳脊髄炎モデルの学習障害の特性と薬効評価への応用
    • 谷口浩司,岩崎克典,吉川哲也,三島健一,江田昭英,藤原道弘   ,  日本薬学会120年会  ,  2000年3月
  409. 繰り返し脳虚血による空間認知障害とAMPA受容体サブファミリーならびにアポトーシス関連遺伝子発現の経
    • 石橋大輔,入江圭一,岩崎克典,三島健一,藤原道弘   ,  第52回日本薬理学会西南部会  ,  1999年11月
  410. Enhancement of beta-amyloid induced apoptosis in cultured hippocampal neurons by hypoxia
    • Iwasaki K, Ishibashi M, Irie K, Mishima K, Fujiwara M   ,  29th Annual Meeting of Neuroscience  ,  1999年10月
  411. A synthetic ceramide analog ameliorates memory deficits and stimulates brain gangliosides biosynthesis in ischemic rats
    • Yamagishi K, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M   ,  29th Annual Meeting Society for Neuroscience  ,  1999年10月
  412. 加齢による作業記憶障害におけるAMPA受容体サブユニットの変化
    • 三島健一,藤井恵,入江圭一,岩崎克典,藤原道弘   ,  第29回日本神経精神薬理学会  ,  1999年9月
  413. ヒメマツタケ(Agaricus blazei Murr., CJ-01)の虚血性障害改善作用
    • 藤原道弘,三島健一,豊増清美,入江圭一,大神祐輔,岩崎克典   ,  第16回和漢医薬学会  ,  1999年8月
  414. ole of dopaminergic system in core part of nucleus accumbens in hyperlocomotion and rearing induced by MK-801 in rats
    • Hatip-Al-Khatib I, Mishima K, Iwasaki K, Fujiwara M   ,  21st International Summer School of Brain Research  ,  1999年8月
  415. βアミロイドによるアポトーシスと低酸素負荷による増強作用
    • 岩崎克典   ,  第2回アルツハイマー研究会  ,  1999年3月
  416. 繰り返し脳虚血による空間認知障害とアポトーシス- non-NMDA 受容体を介する機序について–
    • 岩崎克典,鄭恩希,石橋元規,藤原道弘   ,  第72回日本薬理学会年会  ,  1999年3月
  417. Hippocampal cell death in the repeated cerebral ischemia-behavioral and histochemical study-
    • Chung E-H, Iwasaki K, Ishibashi M, Mishima K, Fujiwara M   ,  The 1st Japan-Korea Joint Symposium  ,  1999年2月
  418. AMPA/KA受容体を介するアポトーシスの発現
    • 石橋元規,岩崎克典,鄭恩希,三島健一,藤原道弘   ,  第51回日本薬理学会西南部会  ,  1998年11月
  419. Hippocampal cell death in the repeated ischemia-Behavioral and histochemical study–
    • Chung E-H, Iwasaki K, Ishibashi M, Fujiwara M   ,  28h Annual Meeting of Neuroscience  ,  1998年11月
  420. 図形弁別課題におけるラットの作業記憶
    • 藤井恵,三島健一,岩崎克典,藤原道弘   ,  第28回日本精神神経薬理学会  ,  1998年10月
  421. 新規環境誘発異常行動とL型Ca2+チャネル活動興奮によるラット線条体DA放出異常
    • 大神祐輔,渡辺泰雄,藤原道弘   ,  第28回日本精神神経薬理学会  ,  1998年10月
  422. 繰り返し脳虚血ラットの空間認知障害とアポトーシス
    • 岩崎克典,鄭恩希,藤原道弘   ,  第26回薬物活性シンポジウム  ,  1998年10月
  423. 脳虚血モデルラットの空間認知障害におけるCa2+チャネルの関与
    • 小林洋俊,岩崎克典,藤原道弘   ,  日本薬学会118年会  ,  1998年10月
  424. Repeated ischemia-induced impairment of spatial cognition and cellular apoptosis in the hippocampal CA1 area in the rat
    • Michihiro Fujiwara, Katsunori Iwasaki   ,  98 China-Japan Joint Meeting of Pharmacology  ,  1998年10月
  425. A new muscarinic partial agonist, SB202026A, improved the deficit of spatial cognition induced by scopolamine, pirenzepine and repeated ischemia in rats
    • Iwasaki K, Mishima K, Chung E-H, Ishibashi M, Fujiwara M   ,  13th International Congress of Pharmacology  ,  1998年7月
  426. Repeated ischemia induced impairment of spatial cognition and cellular apoptosis in the hippocampus CA1 area in the rat
    • Iwasaki K, Chung E-H, Ohgami Y, Fujiwara M   ,  4th Meeting of Asian Pacific Society of Neurochemistry  ,  1998年6月
  427. 繰り返し脳虚血とアポトーシス,-行動ならびに免疫組織学的検討-
    • 鄭恩希,岩崎克典,大神祐輔,藤原道弘   ,  第71回日本薬理学会年  ,  1998年3月
  428. 8方向放射状迷路課題と水迷路課題における空間認知記憶の違いについて
    • 廣澤伸枝,三島健一,岩崎克典,藤原道弘   ,  第50回日本薬理学会西南部会  ,  1997年11月
  429. L-threo-PDMPはガングリオシド生合成および機能的シナプス形成を促進し,脳虚血ラットにおける記憶保持能を改善する
    • 井ノ口仁一,水谷昭弘,神保雅之,臼杵靖剛,山岸究,望月秀雄,村本和世,小林和夫,黒田洋一郎,岩崎克典,大神祐輔,藤原道弘   ,  第40回日本神経化学会  ,  1997年10月
  430. Brain-derived neurotrophic factor stimulates neurite outgrowth in a calretinin-enriched neuronal culture system
    • Iwasaki K, Isaacs KR, Fujiwara M, Jacobowitz DM   ,  27th Neuroscience Meeting  ,  1997年10月
  431. A new approach for improvement o memory deficits in ischemic rats by a synthetic ceramide analog
    • Inokuchi J, Mizutani A, Jimbo M, Usuki S, Yamagishi K, Motizuki H, Muramoto K, Kobayashi K, Kuroda Y, Iwasaki K, Ohgami Y, Fujiwara M   ,  27th Neuroscience Meeting  ,  1997年10月
  432. Beta-amyloid activates protein serine/threonine kinase cascade with the involvement of protein kinase C alpha
    • Luo Y, Hawyer DB, Sunderland T, Iwasaki K, Wolozin B   ,  26th Annual Meeting of Neuroscience  ,  1996年11月
  433. PS2 participates in cellular apoptosis
    • Wolozin B, Iwasaki K, Vito P, Ganjei K, Lacena E, D'Adamio L   ,  26th Annual Meeting of Neuroscience  ,  1996年11月
  434. スコポラミンによる空間認知記憶障害ラットの腹側海馬におけるアセチルコリン遊離
    • 三島健一,大神祐輔,月川洋,岩崎克典,藤原道弘   ,  第69回日本薬理学会年会  ,  1996年3月
  435. 繰り返し脳虚血モデルの脳内ACh動態とglucoseの変化-in vivo biosensor法を用いたreal timeでの検討
    • 鄭恩希,岩崎克典,大神祐輔,藤原道弘   ,  第48回日本薬理学会西南部会  ,  1995年11月
  436. 8方向放射状迷路課題での5-HT1Aアゴニストによる空間認知障害の特性
    • 三島健一,江頭伸昭,矢野晶子,岩崎克典,藤原道弘   ,  第25回日本神経精神薬理学会年会  ,  1995年10月
  437. カンナビノイド受容体アゴニストanandamideによる空間認知障害の発現
    • 江頭伸昭,矢野晶子,岩崎克典,藤原道弘   ,  第68回日本薬理学会年会  ,  1995年3月
  438. ドコサヘキサエン酸(DHA)の脳保護作用に関する薬理学的研究
    • 藤原道弘,岩崎克典,岡田三津子,河内明夫,中西博,山本健二,矢澤一良   ,  第68回日本薬理学会年会  ,  1995年3月
  439. ドーパミンレセプターのインビボ結合に及ぼす方側性黒質破壊による影響
    • 高井伸彦,藤原道弘,小林薫,井上修   ,  日本薬学会第115年会  ,  1995年3月
  440. 5-HT1Aアゴニストによるラットの空間認知障害の特性−脳内微量注入を用いた検討−
    • 矢野晶子,江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  第47回日本薬理学会西南部会  ,  1994年11月
  441. Arginine8-vasopressin C-terminal fragment による空間認知障害改善作用
    • 稲田健一,岩崎克典,大神祐輔,藤原道弘   ,  第47回日本薬理学会西南部会  ,  1994年11月
  442. 前脳基底核ならびに中隔野の電気刺激による前頭葉皮質ならびに海馬からのACh遊離に及ぼす一過性脳虚血の影響
    • 新宅克也,岩崎克典,藤原道弘   ,  第47回日本薬理学会西南部会  ,  1994年11月
  443. 実験的脳虚血に伴う海馬神経細胞におけるグリア細胞の関与
    • 中西博,河内明夫,岡田三津子,岩崎克典,藤原道弘,山本健二   ,  第47回日本薬理学会西南部会  ,  1994年11月
  444. 老齢ラット脳スライスにおける[Ca2+]i上昇作用に及ぼすドコサヘキサエンサン慢性投与の影響
    • 河内明夫,岡田三津子,中西博,岩崎克典,山本健二,藤原道弘   ,  第47回日本薬理学会西南部会  ,  1994年11月
  445. 繰り返し脳虚血によるラットの空間認知障害の特性
    • 大神祐輔,岩崎克典,藤原道弘   ,  第24回日本神経精神薬理学会  ,  1994年10月
  446. Psychotropic effects of RG-tannin, a constituent of rhubarb
    • Mishima K, Kurauchi K, Iwasaki K, Fujiwara M   ,  International academy for biomedical and drug recearch  ,  1994年10月
  447. Toki-Shakuyaku-San and Oren-Gedoku-To may be useful for cognitive enhancer
    • Iwasaki K, Iwasaki K, Kurauchi K, Ohgami Y, Fujiwara M   ,  International academy for biomedical and drug recearch  ,  1994年10月
  448. Progressive changes of hippocampal and cortical ACh release after transient ischemia in rats
    • Iwasaki K, Shintaku K, Fujiwara M   ,  12th Int. Congress of Pharmacology  ,  1994年8月
  449. AVP活性フラグメントの空間認知障害改善作用
    • 岩崎克典,稲田健一,大神祐輔,福澤美佐,藤原道弘   ,  第67回日本薬理学会総会  ,  1994年3月
  450. ラット海馬バゾプレシン受容体の機能的役割:副腎ステロイドの影響
    • 石原田伸也,齋藤亮,稲田健一,岩崎克典,本多健治,高野行夫,藤原道弘,神谷大雄   ,  第67回日本薬理学会総会  ,  1994年3月
  451. 強制水泳におけるカルシウム拮抗薬の作用評価
    • 松本禎明,片岡泰文,山下樹三裕,岩崎克典,藤原道弘,谷山紘太郎   ,  第67回日本薬理学会総会  ,  1994年3月
  452. 5-HT1Aアゴニストによるラットの空間認知障害の特性
    • 矢野晶子,江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  第10回日本薬学会九州支部大会  ,  1993年11月
  453. ラット海馬バゾプレシン受容体の機能的役割:副腎皮質ホルモンとの関連
    • 石原田伸也,稲田健一,岩崎克典,本多健治,斎藤亮,高野行夫,藤原道弘,神谷大雄   ,  第46回日本薬理学会西南部会  ,  1993年11月
  454. ラット脳内Ca2+動態に及ぼすΔ9-tetrahydrocannabinol(Δ9-THC)の効果
    • 岡田三津子,浦江明憲,岩崎克典,片岡泰文,谷山鉱太郎,藤原道弘   ,  第46回日本薬理学会西南部会  ,  1993年11月
  455. 実験的水頭症ラットの空間認知障害における組織学的及び生化学的検討
    • 福澤美佐,岩崎克典,藤原道弘   ,  第46回日本薬理学会西南部会  ,  1993年11月
  456. 脳虚血後の海馬および前頭葉皮質からのAChならびにNA遊離の経日的変化に及ぼすTHA,amantadine,およびLーthreoーDOPSの作用
    • 高井伸彦,大神祐輔,岩崎克典,藤原道弘   ,  第46回日本薬理学会西南部会  ,  1993年11月
  457. Cronic administration of docosahexaenoic acid reduces the spatial learning deficit following transient forebrain ischemia in rats
    • Okada M, Iwasaki K, Fujiwara M   ,  23th Annual Meeting of Neuroscience  ,  1993年11月
  458. Dang-Gui-Shao-Yoa-San and Huang-Lian-Jie-Du-Tang may be useful for cognitive enhancer
    • Fujiwara M, Iwasaki K   ,  International symposium on Chinese medicine  ,  1993年10月
  459. Ceruletideによる脳虚血ラットの空間認知障害改善作用におけるコレシストキニン受容体の関与
    • 大神祐輔,岩崎克典,阿部浩司,藤原道弘   ,  第23回日本神経精神薬理学会年会  ,  1993年9月
  460. 空間認知に対する8-OH-DPATの作用
    • 江頭伸昭,岩崎克典,矢野晶子,藤原道弘   ,  第23回日本神経精神薬理学会年会  ,  1993年9月
  461. 抑肝散加陳皮半夏の空間認知障害ならびに意識障害改善作用
    • 江頭伸昭,岩崎克典,松本禎明,植木昭和,藤原道弘   ,  第10回和漢医薬学会大会  ,  1993年8月
  462. ラットの学習行動と脳内5-HT神経系
    • 江頭伸昭,岩崎克典,矢野晶子,藤原道弘   ,  第5回薬物弁別研究会  ,  1993年7月
  463. Ceruletideの空間認知障害改善作用と脳内モノアミン/アセチルコリン動態
    • 岩崎克典,阿部浩司,福澤美佐,藤原道弘   ,  第66回日本薬理学会総会  ,  1993年3月
  464. ベンゾジアゼピンレセプターのインビボ結合に及ぼすテトラハイドロカンナビノール (THC) の影響について
    • 小林薫,井上修,岩崎克典,江頭伸昭,藤原道弘   ,  日本薬学会113年会  ,  1993年3月
  465. 脳内微小透析法を用いた脳虚血後の海馬および前頭葉皮質からのAChならびにNA遊離の経日的変化と薬物の作用
    • 岩崎克典,大神祐輔,高井伸彦,藤原道弘   ,  日本薬学会113年会  ,  1993年3月
  466. 一過性脳虚血による脳内アミノ酸,アセチルコリン,モノアミン遊離の経日的変化
    • 高井伸彦,大神祐輔,岩崎克典,藤原道弘   ,  第9回日本薬学会九州支部大会  ,  1992年11月
  467. 一過性脳虚血によるラットの空間認知障害と脳内アセチルコリン・モノアミン神経系の関与
    • 岩崎克典,大神祐輔,佐伯雅和,藤原道弘   ,  第22回日本神経精神薬理学会  ,  1992年10月
  468. Spatial memory disturbance induced by normal pressure hydrocephalus of the rat
    • Iwasaki K, Fukuzawa M, Fujiwara M   ,  The second Int. Conference on Xenon/CT CBF  ,  1992年10月
  469. AVP4-9 analogueによる空間認知改善作用と脳内ノルアドレナリン神経系の役割
    • 岩崎克典,阿部浩司,藤原道弘   ,  第20回薬物活性シンポジウム  ,  1992年9月
  470. 釣藤散ならびに抑肝散加陳皮半夏の空間認知障害改善作用
    • 江頭伸昭,岩崎克典,植木昭和,藤原道弘   ,  第9回和漢医薬学会大会  ,  1992年8月
  471. Effect of citalopram on the disruption of spatial cognition induced by cerebral ischemia in rats
    • Iwasaki K, Fujiwara M   ,  18th Int. Congress of Neuropsychopharmacology  ,  1992年7月
  472. Effect of N-metyl-D-aspartate antagonists on the rise in [Ca2+]i following depolarization in aged rat brain synaptosomes
    • Okada M, Urae A, Iwasaki K, Mine K, Fujiwara M   ,  The 11th KOREA-JAPAN joint meeting on Pharmacology  ,  1992年6月
  473. 五味子抽出成分Schizandrin (TJN-103) の空間認知障害改善作用
    • 江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  第65回日本薬理学会総会  ,  1992年3月
  474. 実験的認知記憶障害モデルを用いたcitalopramの作用特性
    • 大神祐輔,岩崎克典,江頭伸昭,松本禎明,藤原道弘   ,  日本薬学会第112年会  ,  1992年3月
  475. 脳血管性痴呆モデルの学習障害に対する漢方方剤の効果
    • 藤原道弘,岩崎克典,大神祐輔   ,  日本漢方治療シンポジウム  ,  1992年1月
  476. 実験的学習記憶障害に及ぼすceruletideの作用
    • 阿部浩司,岩崎克典,藤原道弘   ,  第44回日本薬理学会西南部会  ,  1991年11月
  477. 老齢ラットのシナプトゾーム内のCa2+動態とこれに及ぼすNMDA拮抗薬の効果
    • 岡田三津子,浦江明憲,岩崎克典,藤原道弘   ,  第44回日本薬理学会西南部会  ,  1991年11月
  478. 脳虚血による海馬ならびに前頭葉皮質からのAChおよびNA遊離の変化-in vivo brain dialysisーを用いた検討
    • 佐伯雅和,岩崎克典,藤原道弘   ,  第8回日本薬学会九州支部大会  ,  1991年11月
  479. 一過性脳虚血によるin vivo脳内モノアミン・アミノ酸遊離の変動と各種NMDAアンタゴニストの作用
    • 岩崎克典,大神祐輔,藤原道弘   ,  第21回日本神経精神薬理学会  ,  1991年10月
  480. Toki-Shakuyaku-San and Oren-Gedoku-To improve the cognitive dysfunction induced by cerebral ischemia and central cholinergic dysfunction in rats
    • Fujiwara M, Iwasaki K   ,  International Congress of phytotherapy  ,  1991年10月
  481. TJ-23(Toki-Syakuyaku-San) improves spatial memory disturbances in rat experimental hydrocephalus
    • Ueki S, Fujiwara M, Iwasaki K   ,  International Symposium on Chinese Medicine  ,  1991年7月
  482. THCによる空間認知障害における脳内セロトニン神経の役割
    • 江頭伸昭,岩崎克典,藤原道弘   ,  第84回日本薬理学会関東部会  ,  1991年6月
  483. Disturbance of spatial cognition and acetylcholine level in rat following middle cerebral artery occlusion
    • Kanemitsu H, Tamura A, Nagasima H, Tahira Y, Kirino T, Sano K, Iwasaki K, Fujiwara M   ,  International Symposium on C.B.F & M  ,  1991年6月
  484. 局所脳虚血後の空間認知障害
    • 金光秀晃,永島博,田平芳寛,桐野高明,田村晃,佐野圭司,岩崎克典,藤原道弘   ,  第16回日本脳卒中学会総会  ,  1991年3月
  485. ラット の空間認知障害に対するCitalopramの改善作用
    • 松本禎明,岩崎克典,藤原道弘   ,  第7回日本薬学会九州支部大会  ,  1990年12月
  486. ラット 脳シナプトゾーム内Ca2+動態に及ぼす△9--THCの効果
    • 岡田三津子,浦江明憲,岩崎克典,藤原道弘   ,  第7回日本薬学会九州支部大会  ,  1990年12月
  487. Effect of citaropram on scopolamine-induced deficit of spatial cognition in rats (Symposium)
    • Iwasaki K, Matsumoto Y, Fujiwara M   ,  17th Int. Congress of Neuropsychopharmacology Simposium  ,  1990年11月
  488. 局所脳虚血による空間認知障害の特性
    • 栗山誠,尾形辰彦,岩崎克典,藤原道弘   ,  第43回日本薬理学会西南部会  ,  1990年10月
  489. 老齢ラット におけるhighK+刺激によるシナプトゾーム内Ca2+濃度上昇に対するNMDA antagonistの効果
    • 岡田三津子,浦江明憲,岩崎克典,藤原道弘   ,  第33回日本神経化学会  ,  1990年10月
  490. 脳虚血による受動的回避学習の障害に及ぼすL-threo-DOPSおよびTHAの作用と海馬におけるモノアミン,アセチルコリン動態
    • 岩崎克典,古澤正司,大神祐輔,藤原道弘   ,  第20回日本神経精神薬理学会  ,  1990年10月
  491. 脳虚血ラット の空間認知障害に及ぼすNMDAーantagonistの作用
    • 大神祐輔,岩崎克典,藤原道弘   ,  第43回日本薬理学会西南部会  ,  1990年10月
  492. 実験的空間認知障害に対する黄連解毒湯ならびに釣藤散の作用
    • 岩崎克典,大神祐輔,植木昭和,藤原道弘   ,  第7回和漢医薬学会  ,  1990年8月
  493. Effect of TJ-23 on scopolamine-induced deficit of learning amd memory in rats
    • Fujiwara M, Iwasaki K, Ogata T   ,  Basic, Clinical, and Therapeutic Aspects of Alzheimer's and Parkinson's desease  ,  1990年7月
  494. Model for studing the deficit of spatial cognition following ischemia
    • Iwasaki K, Fujiwara M   ,  11th Int.Congress of Pharmacology  ,  1990年6月
  495. 脳虚血ラットの学習・記憶障害に対するKW-6055の改善作用
    • 岩崎克典,松本禎明,古澤正司,大神祐輔,藤原道弘   ,  第63回日本薬理学会総会  ,  1990年3月
  496. 実験学習・記憶障害に及ぼす当帰芍薬散の作用と脳内カテコールアミン,アセチルコリン量の変化
    • 尾形辰彦,岩崎克典,藤原道弘   ,  第42回日本薬理学会西南部会  ,  1989年11月
  497. 実験的水頭症ラットにおける空間認知障害の特性
    • 江川孝,岩崎克典,藤原道弘   ,  第42回日本薬理学会西南部会  ,  1989年11月
  498. 脳虚血ラットの受動回避反応の障害における脳内アミン,アセチルコリン量の変化
    • 古澤正司,岩崎克典,藤原道弘   ,  第42回日本薬理学会西南部会  ,  1989年11月
  499. Toki-Shakuyaku-San (TJ-23) improves scopolamine-induced spatial disruption
    • Int. Symposium on Medicines of Plant Origin in Modern Therapy   ,  Fijiwara M, Iwasaki K, Ueki S  ,  1989年11月
  500. Bifemelaneの空間認知障害改善作用
    • 藤原道弘,岩崎克典,松本禎明,北村佳久   ,  第19回日本神経精神薬理学会  ,  1989年10月
  501. ラットの空間認知障害に対する当帰芍薬散の作用
    • 藤原道弘,岩崎克典,尾形辰彦   ,  第19回日本神経精神薬理学会  ,  1989年10月
  502. 脳虚血ラットの空間認知障害と脳内モノアミン・アミノ酸動態
    • 岩崎克典,北村佳久,大神祐輔,藤原道弘   ,  第19回日本神経精神薬理学会  ,  1989年10月
  503. Hypoxia条件下におけるラット脳シナプトゾーム内カルシウム動態とこれに及ぼすcyckic AMPの影響
    • 岡田三津子,浦江明憲,岩崎克典,藤原道弘   ,  第32回日本神経化学会  ,  1989年9月
  504. ラットの空間認知障害におよぼす当帰芍薬散の作用と脳内モノアミン動態
    • 岩崎克典,尾形辰彦,藤原道弘   ,  第7回天然薬物の開発と応用シンポジウム  ,  1989年7月
  505. ラットの空間認知障害に対するKW6055の作用
    • 岩崎克典,松本禎明,藤原道弘   ,  第62回日本薬理学会年会  ,  1989年3月
  506. 実験的水頭症ラットの記憶障害に関する行動薬理学的研究
    • 藤原道弘,岩崎克典,八重徹司,江川孝   ,  第62回日本薬理学会年会  ,  1989年3月
  507. 嗅球摘出ラットの情動過多と空間認知障害
    • 三島健一,岩崎克典,藤原道弘   ,  第41回日本薬理学会西南部会  ,  1988年11月
  508. 脳虚血ラットにおける空間認知障害
    • 北村佳久,岩崎克典,藤原道弘   ,  第41回日本薬理学会西南部会  ,  1988年11月
  509. 高カリウム刺激によるラット脳シナプトゾーム内のCa2+濃度上昇に対するN-methyl-D-aspartate antagonistの効果
    • 岡田三津子,美根和典,岩崎克典,藤原道弘   ,  第31回日本神経化学会  ,  1988年10月
  510. THCによるカタレプシー様不動状態に及ぼす抗痴呆薬の作用と脳内モノアミン動態
    • 岩崎克典,北村佳久,戌亥敬一郎,藤原道弘   ,  第18回日本神経精神薬理学会  ,  1988年9月
  511. 新規痴呆薬NIK-247の行動薬理学的ならびに神経化学的研究
    • 松本禎明,岩崎克典,三島健一,北村佳久,藤原道弘   ,  第18回日本神経精神薬理学会  ,  1988年9月
  512. 中枢辺縁系ドパミン神経におよぼすRG-タンニンの作用
    • 藏内浩二,藤原道弘,岩崎克典,野中源一郎,西岡五夫,植木昭和   ,  第5回和漢医薬学会  ,  1988年7月
  513. A nootropic drug, minaprin, improved the scoplamine-induced spatial cognitive disruption
    • Fujiwara M, Iwasaki K   ,  16th Int. Congress of Neuropsychopharmacology  ,  1988年6月
  514. THCによるカタレプシー様不動状態における側坐核カテコールアミン神経の関与
    • 岩崎克典,戌亥敬一郎,北村佳久,藤原道弘   ,  第61回日本薬理学会総会  ,  1988年3月
  515. ラット脳シナプトゾームからのカテコールアミン遊離機構における神経終末内Ca2+の関与
    • 岡田三津子,美根和典,岩崎克典,藤原道弘   ,  第61回日本薬理学会総会  ,  1988年3月
  516. 三環系抗うつ薬連続投与による5-HT2受容体減少機構について
    • 久保田緑,山野真由美,上野光一,大森栄,五十嵐隆,北川晴雄,蔵内浩二,岩崎克典,藤原道弘   ,  第61回日本薬理学会総会  ,  1988年3月
  517. 大黄成分RG-tanninの抗精神病作用
    • 藤原道弘,蔵内浩二,岩崎克典,野中源一郎,西岡五夫,植木昭和   ,  第61回日本薬理学会総会  ,  1988年3月
  518. 空間認知障害における神経伝達物質の役割と抗痴呆薬
    • 藤原道弘,岩崎克典,松本禎明   ,  第61回日本薬理学会総会  ,  1988年3月
  519. THCにより誘発されるカタレプシー様状態の神経化学的研究ーin vivo dialysis を用いた検討
    • 岩崎克典,北村佳久,藤原道弘   ,  第4回日本薬学会九州支部大会  ,  1987年11月
  520. Scopolamineによる空間認知障害と脳内カテコールアミン・アセチルコリン動態
    • 岩崎克典,松本禎明,藤原道弘   ,  第40回日本薬理学会西南部会  ,  1987年10月
  521. THCならびに電撃けいれんによるcataleptic stateに及ぼす抗痴呆薬の作用
    • 戌亥敬一郎,岩崎克典,北村佳久,正山征洋,藤原道弘   ,  第40回日本薬理学会西南部会  ,  1987年10月
  522. ラット脳シナプトゾームにおけるK+刺激による細胞内Ca2+の濃度変化
    • 岡田三津子,美根和典,岩崎克典,藤原道弘   ,  第30回日本神経化学会  ,  1987年9月
  523. 実験的水頭症ラットにおける空間記憶障害ーSpatial memory disruption in hydrocephalic rats-
    • 岩崎康夫,信楽信行,高倉公明,岩崎克典,藤原道弘   ,  小児脳外科学会  ,  1987年9月
  524. 老齢ラットの空間認知障害における脳内モノアミンの役割
    • 松本禎明,岩崎克典,藤原道弘   ,  第17回日本神経精神薬理学会  ,  1987年9月
  525. Neurochemical studies on tetrahydrocannabinol induced catalepsy
    • Iwasaki K, Fujiwara M   ,  10th Int.Congress of Pharmacology  ,  1987年7月
  526. 脳血管障害とニューロットランスミッター:その一側面に対する考察
    • 高倉公明,岩崎康夫,信楽信行,岩崎克典,藤原道弘   ,  ニューロトランスミッターと疾患研究会  ,  1987年6月
  527. Δ9-tetrahydrocannabinol (THC)によるcatalepsy発現機構の神経化学的研究
    • 岩崎克典,植木昭和,藤原道弘   ,  第60回日本薬理学会総会  ,  1987年3月
  528. Δ9-tetrahydrocannabinol(THC)によるラットの空間認知障害
    • 藤原道弘,松本禎明,岩崎克典,片岡泰文,植木昭和   ,  第60回日本薬理学会総会  ,  1987年3月
  529. 新規抗痴呆薬minaprineの空間認知障害改善作用
    • 藤原道弘,松本禎明,岩崎克典,片岡泰文,植木昭和   ,  第60回日本薬理学会総会  ,  1987年3月
  530. 高カリウム刺激によるcytosol内のCa2+濃度上昇に及ぼすα2-adrenoceptorの影響
    • 岡田三津子,美根和典,岩崎克典,藤原道弘   ,  第60回日本薬理学会総会  ,  1987年3月
  531. 高カリウム刺激による神経終末内のCa2+濃度の三相性変化に対するカルシウムアンタゴニストの効果
    • 岡田三津子,美根和典,岩崎克典,藤原道弘   ,  第60回日本薬理学会総会  ,  1987年3月
  532. ラットの異常行動発現と脳内アミン動態ーin vivo 遊離測定法を用いた検討
    • 岩崎克典,植木昭和,藤原道弘   ,  第3回日本薬学会九州支部大会  ,  1986年12月
  533. 6-OHDA処置ラットのTHC-induced irritable aggressionにおける脳内モノアミンの役割
    • 笠原伸生,岩崎克典,植木昭和,藤原道弘   ,  第59回日本薬理学会西南部会  ,  1986年11月
  534. Scopolamineによる空間認知障害に及ぼす脳内アミン関連薬物の影響
    • 藤原道弘,松本禎明,岩崎克典,片岡泰文,植木昭和   ,  第59回日本薬理学会西南部会  ,  1986年11月
  535. ラット脳シナプトゾームからのカテコールアミン遊離機構ーveratridine, EGTAの作用ならびに細胞内Ca2+動態ー
    • 岡田三津子,美根和典,岩崎克典,片岡泰文,藤原道弘   ,  第59回日本薬理学会西南部会  ,  1986年11月
  536. 大黄RG-tanninの向精神作用
    • 藤原道弘,岩崎克典,蔵内浩二,西岡五夫,野中源一郎,植木昭和,片岡泰文   ,  第16回日本神経精神薬理学会  ,  1986年9月
  537. 新しい抗精神病薬isofluoxythepine (IFT) の行動薬理学的研究
    • 藤原道弘,岩崎克典,山本経之,片岡泰文,植木昭和   ,  第16回日本神経精神薬理学会  ,  1986年9月
  538. 新しい抗精神病薬isofluoxythepineの脳内モノアミン動態に及ぼす影響
    • 岩崎克典,藤原道弘,植木昭和   ,  第16回日本神経精神薬理学会  ,  1986年9月
  539. 脳内GABA量に及ぼす抗うつ薬連続投与ならびに抗不安薬投与の効果
    • 岩崎克典,木村貴代,植木昭和,藤原道弘   ,  第16回日本神経精神薬理学会  ,  1986年9月
  540. RG-tanninの中枢神経作用
    • 藤原道弘,岩崎克典,蔵内浩二,西岡五夫,野中源一郎,植木昭和   ,  第3回和漢医薬学会  ,  1986年8月
  541. Neuropharmacological studies on delta-9-tetrahydrocannabinol(THC)-induced catalepsy in rats
    • Fujiwara M, Iwasaki K, Suemaru K, Ueki S   ,  5th Korea-Japan Joint Seminar on Pharmacology  ,  1986年8月
  542. High K+ 刺激によるカテコールアミン遊離における神経終末内Ca貯蔵部位の関与
    • 岡田三津子,岩崎克典,片岡泰文,植木昭和,藤原道弘   ,  第59回日本薬理学会総会  ,  1986年4月
  543. うつ病の動物モデルとしてのmuricideに関する生化学的研究ーモデル動物と正常動物における脳内カテコールアミン動態と抗うつ薬,電撃ショックの差異ー
    • 岩崎克典,谷吉弘,木村貴代,柴田重信,植木昭和,藤原道弘   ,  第59回日本薬理学会総会  ,  1986年4月
  544. ラットの実験的に誘発した4種類のmuricideモデルにおける脳内カテコールアミン含量の変動
    • イザルディン アルカティープ,岩崎克典,谷吉弘,高尾勝幸,柴田重信,藤原道弘,植木昭和   ,  第59回日本薬理学会総会  ,  1986年4月
  545. 嗅球摘出ラットのmuricideに対する抗うつ薬の抑制作用機構における諸種脳内カテコールアミンレセプターの役割
    • イザルディン アルカティープ,藤原道弘,柴田重信,植木昭和   ,  第59回日本薬理学会総会  ,  1986年3月
  546. THC catalepsyにおける脳内Catecholamineの動態
    • 藤原道弘,末丸克矢,片岡泰文,正山征洋,岩崎克典,植木昭和   ,  第38回日本薬理学会近畿西南合同部会  ,  1985年11月
  547. THC catalepsyにおける脳内catecholamineの動態
    • 藤原道弘、末丸克矢、片岡泰文、正山征洋、岩崎克典、植木昭和   ,  第38回日本薬理学会西南部会  ,  1985年11月
  548. 嗅球摘出ラットの脳内カテコールアミン遊離に対する抗うつ薬の影響
    • 谷 吉弘,岩崎克典,藤原道弘,植木昭和   ,  第38回日本薬理学会近畿西南合同部会  ,  1985年11月
  549. Brain catecholamine in muricidal rats and the effects of antidepressants and electroconvulsive shock
    • Ueki S, Iwasaki K, Fujiwara M, Shibata S   ,  IUPHAR 9th International Congress of Pharmacology  ,  1984年7月
  550. 嗅球摘出ラットのmuricedeとin vivo脳内カテコールアミン遊離との関連ならびに電撃ショックの影響
    • 谷 吉弘、岩崎克典、柴田重信、藤原道弘、植木昭和   ,  日本薬理学会近畿部会  ,  1984年6月
  551. Trace Amines and The Neuroscience
    • Miyata T, Iwasaki K, Okano Y   ,  A Satelite Meeting of the Ninth Meeting of the International Society of Neuroshemistry  ,  1983年6月
  552. 脂環状アミンの薬理学的研究XXXIII
    • Kase Y, Okano Y, Iwasaki K, Takahana K, Hitoshi T, Miyata T   ,  第55回日本薬理学会年会  ,  1982年3月
  553. 脂環状アミンの薬理学的研究(第33報)麻酔下における脳内脂環状アミンの変動
    • 加瀬佳年、岡野善郎、岩崎克典、等 泰三、宮田 健   ,  第55回日本薬理学会総会  ,  1982年3月
  554. Mass fragmentgraphic (MF) determination of pyrrilidine and piperidine in the rat and rabbit brain and other tissues
    • Okano Y, Miyata T, Iwasaki K, Takahama K, Hitoshi T, Kase Y   ,  IUPHAR 8th International Congress of Pharmacology  ,  1981年7月
  555. 脂環状アミンの薬理学的研究(Mass Fragmentographyによるpyrrolidineの微量定量)
    • 加瀬佳年、岡野善郎、宮田 健、岩崎克典、高浜和夫   ,  日本薬学会第101年会  ,  1981年4月
  556. 脂環状アミンの薬理学的研究(第29報)
    • 加瀬佳年、岡野善郎、宮田 健、岩崎克典、高浜和夫   ,  第54回日本薬理学会年会  ,  1981年3月

ページの先頭に戻る